いわき市 天然木のデッキ

いわき市 天然木のデッキ

2016-05-16

ウッドデッキは天然木のデッキか樹脂製のデッキか?

住宅の庭をどのようにするかは、暮らしの心地よさを左右するポイントのひとつで、ウッドデッキを設置するプランも人気です。
これはグランドレベルから高さを設けて木材でつくられた甲板のことで、束・大引き・根太・デッキ床板で構成されています。
本来は天然木を使用したものを指すのですが、木粉と樹脂を混合した人工的なエクステリア建材も登場していて、どちらを選ぶか悩むケースもあります。
そこで、それぞれの特徴やメンテナンス方法などを事前に知っておくと選択の参考として役立ちます。

天然木デッキの特徴ですが、樹種で異なりますが何と言って風合いや質感が大きな特徴であると共に魅力と言えます。
デッキに主に用いられる樹種は、ウェスタンレッドシダー・イペ・ウリン・セランガンバツ・クマルなどがあります。
ウェスタンレッドシダーは、軽量で加工しやすいですし耐久性や耐水性に優れているのが特徴です。
イペは木目が美しく耐久性と耐腐朽性に優れているので、公共施設などで多く用いられている素材で、ウリンは耐水性に優れていて狂いの少ない木材です。
どうしても雨風にさらされるので、デッキは強度と耐久性が必要で腐りにくい木材というのが適していて、素材によっては防腐剤などの薬剤を注入し耐用年数を向上させています。

耐用年数に大きく関係するメンテナンスですが、素材・設置される地域の気候や土壌・設置する方位などの条件に合わせたお手入れや塗り替えなどを行うことが基本的に重要です。
日常的な手入れとしては、土や砂ぼこり・汚れをデッキブラシで掃除したり、コケが生えてきた場合にはしっかり落したりすることが大切です。
また鉢植えやプランターなどは、長期間同じ場所に置くと、汚れや腐食の心配があるので定期的に移動することも必要です。

樹脂製デッキの特徴ですが、素材としての均一性が高くて、ジョイント金具などを用いることで比較的簡単に施工できる工夫がされている点です。
また、耐久性やメンテナンス性が高いのでお手入れがしやすいという特徴もあります。
それから、リアルな木目の模様や天然木の質感を持つ素材が増えていて、カラーバリエーションやサイズが豊富に揃っている点も特徴と言えます。
その為、プランや好みに合わせて幅広い選択が可能です。

樹脂製デッキのメンテナンスですが、日常的な汚れに関しては水で洗い流すことができますし、汚れの程度によってはデッキブラシや高圧洗浄機を使用することもできます。
また、頑固な汚れに関しては中性洗剤を用いて洗うと良いです。
表面に傷がついた場合には、市販のサンドペーパーで目立たなくすることができる商品もあります。
それから天然木と違って干割れやササクレなどの心配もないので、メンテナンスしやすい素材が良いという場合に適していますし、日々のメンテナンスが難しい家庭にも向いていると言えます。
このように、それぞれで特徴やメンテナンス方法の違いがあるので、ウッドデッキを選ぶ時には使い方・メンテナンス・予算などを考えて検討すると良いです。

いわき市 天然木のデッキなら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME