いわき市 物置

いわき市 物置

2016-02-22

物置を選ぶ際に気をつけたいこととは?

自転車やガーデニング道具など室内の収納スペースに収納できないものがあったり、いつの間にか増えてしまった物があって室内の収納スペースで足りなくなったりすることがあります。
そのような場合に役立つのが庭などに設置できる物置です。
ただ、どのようなものが良いのか選ぶ際には、サイズ・設置場所・収納する物・機能性など、様々なことを考える必要もあります。
どのようなことに気をつけたら良いのかを事前に知っておくと役立ちます。

まずタイプにより耐荷重が異なるので、居住地域の降雪量を考慮してタイプを考える必要があります。
60cm以下の積雪地域なら一般型で大丈夫ですし、60cm以上の積雪が予想される地域なら積雪型にすると良いです。
また、室内側に発泡ポリエチレンなどの断熱材を貼り付けた寒冷地に発生しやすい結露対策を施したタイプもあります。
それから内壁と外壁の間に断熱材を挟み込んだ断熱構造タイプもあって、衣類など湿気を嫌うものを収納するのに適したタイプです。

使いやすさも大事で特に間口の広さに関しては最重要ポイントといえます。
物の出し入れを考えると開口部は大きい方が便利なので3枚扉など開口部が大きい物を選ぶと良いです。
それから使いやすい便利な機能にもいろいろとあって、荷物の出し入れの時に両手がふさがっていても肘で開閉できる物があります。
意外と手間になる鍵かけをしなくて済む仮ロックも便利です。
キズやサビの原因になる砂利などのゴミ掃除がしやすい扉下レールのないタイプもあって、チョットしたところの違いで使いやすさにも大きな違いがあることを理解して選ぶと良いです。

物置のサイズを選ぶ基準ですが、設置できるスペースに余裕があるのなら少し大き目を選ぶと良いです。
それはライフスタイルの変化によって収納する物や収納量に変化がでてくるからで、一般的に増えることが多いので大きめがおすすめです。
ちなみに設置スペースは本体サイズの前後左右に10~20cmの余裕が必要なので、逆算して本体の大きさを考えると良いです。
またサイズを考える場合に間口ばかりを考えるのではなくて、高さがあれば収納効率はアップするので高さも考える必要があります。
ただ高さに関してもブロック分の10~20cmが必要になるので、その分を足して考えると良いです。

それから設置場所で考えなくてはならないことは、玄関横や車庫の奥など目立つ場所に設置するならデザイン重視でカラーに関しても配慮する必要があるということです。
最近はブラック・木目調・ピンク系の色目など多彩なものがあるので検討すると良いです。
それから勝手口の横なら一般的に庭で使用する園芸用品や防災用品などを収納するのですが、防災用品に関してはいざという時にすぐ使用できるようアクセスの良い場所にすることです。
また広い開口で開閉できるタイプならさらに安心です。
このようなことをひとつの参考として物置を選ぶ際の検討事項や目安にすると良いです。

いわき市 物置なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME