いわき市のルーバーフェンス

いわき市のルーバーフェンス

2012-10-30

日本の家屋事情の一つとして、敷地の狭さは避けられないものです。
もちろん、中には広大な敷地を有する人もいますが、一般的にはお隣さんがすぐ横や前後にいる環境で生活していることでしょう。
そこで活躍する外構材が、ルーバーフェンスです。
風通りを確保しながら、視界を遮ることができるフェンスであるため、道路前の家やご近所の視界が気になる敷地において、安心して生活できる環境を整えてくれる優れ物です。
素材は木製やアルミ製のものが人気で、中にはルーバーを動かし、風通りの隙間を遮断するタイプもあるようです。
設置方法としては、地面よりブロック塀などを建て、その上にフェンスを取りつけます。
昔のフェンスが付いていても、取り外して新しくフェンスのみ付けることも、場合によっては可能です。
敷地を守ってくれるものとなるため、その設置にも細心の注意を払う業者にお願いすると良いでしょう。
いわき市には塗り壁や塗装が得意な左官職人がいますが、外構やエクステリアの施工についても素晴らしい技術を持っています。
フェンスの設置において、モルタルなど固める素材を使って行う作業は左官の得意分野ですので、一度相談してみることをオススメします。
京町にある町屋の窓格子のように、風や採光を取り込む機能性とプライバシー保護を兼ね備えたルーバーフェンスは、あなたの家をより過ごしやすい環境へと導いてくれることでしょう。
いわき市のルーバーフェンスなら、平山左官工業にご相談ください。

ひと昔前の家と言えば、玄関の前には門扉があったものでした。
敷地を囲むように植栽やブロック塀を配し、それら塀の切れ目に門扉を備える形で家が存在していたものです。
しかし、最近では、オープン外構やセミクローズ外構といった、昔のような塀などで完全に囲んでしまうクローズ外構は少なくなってきました。
その理由としては、あまりにも囲ってしまうと、泥棒が入った際に塀などが死角となって隠れるスポットを作ってしまうため、逆に開放的な外構にすることで、防犯性を高める役割となるのです。
とはいえ、玄関周りは家の人が帰ってきて油断をしやすいポイントではあるため、玄関のカギを開けたら、知らない人が急に入って来た、という恐ろしいことがないように、玄関の外に門扉を構えることは、家族を守るために必要なことかもしれません。
門扉は素材で価格がかなり変わりますが、最近人気のものは軽くて価格も高くないアルミ製でしょう。
その取っ手も、昔は回転させて開け閉めするハンドルタイプでしたが、今は取っ手を押すたり引いたりするタッチタイプが使い勝手が良いため主流となっています。
基本的には、門扉の設置は門の足場をしっかりと固定することが大切なので、腕の良い、仕上げの美しい業者に依頼することをオススメします。
いわき市で活躍する左官職人は、外構施工も得意であるので、相談する価値は大いにあると言えます。
足場の固定においても、モルタル塗りなどにおいて、美しく仕上げてくれることでしょう。
いわき市の門扉なら、平山左官工業にご相談ください。

テラス囲いと聞いて、何を指すものか分からない人も多いかも知れません。
テラスとは、建物の前に広がる平らなスペースであると一般的に言われています。
家で言うと、テラスは基本的には造らないとない場所となるため、外構計画できちんと考えなくてはならないでしょう。
最近は多くの家庭で、天候に関係なく使える屋外スペースが欲しいと考えているようです。
特に、洗濯物を干す場所として、屋根のない場所だと出かける時に雨が降らないかと心配になるため、主婦の心を乱す大きな要因となっているのです。
そこで活躍するものが、テラス囲いです。
基本的にはリビングにある大きな掃き出し窓を活用して造ります。
その窓の外に床のある場所であるテラスを造り、そこにガラス張りの壁や透明系な素材の屋根を取り付け、屋外でありながら屋内でもある部屋ができるのです。
ここを活用すれば、どんな天候であっても、洗濯物を干すことができ、気軽にお出かけもできるので、非常に有効であるのです。
ただし、サンルームやガーデンルームのような気密性はないため、すきま風などを感じることがあるかもしれませんが、商品としてはしっかりしたものであるため、激しい天気でも問題なくお使いいただけます。
左官でありながら外構施工も得意とするいわき市の職人の手にかかれば、テラス囲いの床から全体にかけて素晴らしい出来となることでしょう。
家本体にくっつける形で作り上げるため、腕の良い業者選択が重要となるのです。
いわき市のテラス囲いなら、平山左官工業にご相談ください。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME