いわき市 カーポートの新設

いわき市 カーポートの新設

2018-04-04

カーポートの新設や増設をするのなら

現在は、どの家庭でも自家用車を所有する時代なので、住宅の新築や外構リフォームで駐車スペースを作るケースも少なくありません。
その際に考えておかなくてはならないのが、将来的なことも含めた車の台数・車高・幅や長さ・ドアの開閉スペースなどで、それらに適する広さを確保することが大事です。
また、それに加えて自転車やバイクを置いておけるスペースも忘れずに確保するようにすると良いです。
さらに、小さな子供がいる場合には、ベビーカーなどの出し入れがしやすいスペース、高齢者の方がいる場合には、車椅子などの使用も考慮して、乗り降りしやすいような配慮も必要となります。
全てを満たすことができない場合には、優先順位を考える必要もあるでしょう。

駐車スペースと一口に言っても、壁や屋根でしっかり囲われているガレージ、オープンスペースに屋根を設置したカーポート、庭などと一体化されるオープンなオープンスペースといった3つに大きく分けられます。
屋根がある建築物になると建築確認申請が必要になりますし、建ペイ率や容積率に余裕がないと設置することができません。
ですから、新築の場合はもちろんのことリフォームで建てる場合には、確認する必要もあります。

一般的に屋根と柱を取り付けたオープンな駐車スペースのことをカーポートといって、自動車を雨や紫外線から保護する目的をもっています。
また、ガレージと比較すると設置しやすいのですし、比較的工事費用も安く済みオープンなので敷地全体が明るく広々感じるといったメリットもあります。
主なタイプとしては、片側支持と両側支持の2タイプがあって、片側支持は左右どちらか片側に柱を設置するタイプで柱は2本~3本です。
柱を片側に設置するので駐車の際に邪魔になりませんし、狭い敷地でも出し入れがしやすいといった特徴があります。
また複数台を駐車するために合掌や連棟などに繋げたスタイルにすることも可能で、例えば縦列に並べて複数台の駐車をするケースもあるのです。
それかに、片流れを向かい合わせに組み合わせたM合掌や、背中合わせしたY合掌といった形状もあります。
もうひとつの両側支持タイプは、両側に設けた柱で屋根を支えるタイプで、両側から支えているので片流れタイプよりも強度は増します。
また両サイドにパネルを設置することで、雨の吹き込みを抑えることも可能ですし、片側支持と同様に横に繋げる横連棟や縦に繋げる縦連棟とすることもできるのです。

外構リフォームとして新しくカーポートを設置する場合や、車が増えたので増設したい場合には、道路との高低差を確認する必要があります。
高低差が大きいと掘削と土止めのために工事が必要になって、考えている費用以上の工事費になってしまうことがあるのです。
また、実際に車の出し入れが面倒だったり、洗車などがしにくくなったりと使い勝手が悪くなることも考えられます。
ですから、車幅・高さ・長さなどの車の条件、敷地の条件、照明・水道などの設備条件など、様々な条件に付いても確認する必要があります。

 

いわき市 カーポートの新設なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME