いわき市 給湯器の寿命

いわき市 給湯器の寿命

2018-04-13

給湯器の寿命を知って修理か交換のどちらが得かを考える

一般的に日本基準の製品は、メーカーによる耐用年数の差はそれほど大きくなのですが、家庭に設置されている給湯器の寿命には差がでてしまいます。
何が寿命を左右するのかを知っておくと、寿命を少しでも伸ばすことにつながります。
まず考えられるのは本体の設置位置との関係で、排出された排気が滞留しないように本体前のスペースを確保する必要があるのです。
もし全面に十分なスペースがないと排気を吸気口から吸い込んでしまうために、不完全燃焼や機器内部を傷めてしまい寿命に影響してしまうのです。
また、本体と隣との壁や塀などの障害物より60cm以上離れていて、メンテナンスが十分に行えるスペースを確保しておくことも重要となります。
それから機器本体の吸排気をスムーズにすることも寿命を延ばす効果があることなので、適切な排気カバーや配管カバーの設置をすることが大事です。
防水処理をされているとはいえ機器にとって水は大敵で、雨がふきつける場所に設置すると寿命に影響がありますし、ホコリが溜まる場所や湿気が高い場所なども同様に寿命を短くする要因になります。
またドレン排水も処置が不適切だと本体がエラーを起こし寿命を短くすることになるので注意が必要です。

給湯器の使い方と寿命の関係も知っておく必要があって、入浴剤を入れたお湯を追い焚きすると、入浴剤の成分が配管に沈殿してしまいます。
配管は金属なので成分に反応して劣化してしまいますし、追い焚きの熱交換器内で局部沸騰を起こし寿命を短くしてしまうことがあるのです。
少ない腐食や沈殿であっても繰り返すことで大きなダメージを与えることになり、寿命を縮めることになることを知っておく必要があります。
循環アダプターには配管のミや髪の毛が入り込まないようにフィルターが設置されていて、そのフィルターを定期的に掃除しないと詰まってしまうのです。
そうすると追い焚きをする際にお湯と水の循環不良を起こして、繰り返すことにより無駄な負担を本体にかけてしまって寿命を縮めてしまいます。

地域によっては水道水以外の井戸水などに機器をつなげている場合もあります。
井戸水には水道水には少ない成分が多く含まれていて、特に炭酸カルシウムを含む水が給湯器に流れ込むと、カルシウムが付着蓄積して著しく寿命を短くしてしまいます。
酷い場合には1~2年で交換ということもあるので、ろ過装置を取り付けて水質改善してから流すことが好ましいです。
ただ、いろいろな問題点を解消するなどして無駄な負担をかけずに使用していても、経年変化などで平均寿命は約8~10年程度となっているのです。
それは、給湯器部品の供給期限が製造終了から10年といったメーカーの方針があって、部品が無いと交換以外に手段がなくなってしまうことが平均寿命を10年程度になっている理由です。
その点も考慮して、もし何らかの寿命のサインがある場合には、修理費用の概算を参考にして修理か交換のどちらが得かを考えて検討する必要があります。

 

いわき市 給湯器の寿命なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME