いわき市 お風呂リフォームの検討

いわき市 お風呂リフォームの検討

2018-04-16

和風にお風呂リフォームするために知っておきたいことは

お風呂リフォームを検討する際に、和風の浴室にリフォームすることを希望する方もいます。
和風浴槽としては信楽焼などの陶器浴槽、大判のタイルのような陶板で浴槽を形成する陶板浴槽、檜やヒバなどの木製浴槽などがありますし、露天風呂のように石風呂もあります。
また一般的な家庭の浴槽は半埋め込み型が多いですが、それを据え置き型とすることで浴槽が映える浴室になって、高級旅館の部屋つきのお風呂のような雰囲気で楽しむことができます。
しかし、いずれのデザインや方法を選ぶにしても、和風浴槽にリフォームするためには比較的高価なものになってしまうのです。
ただ一般的な在来浴室を手軽に和風の浴室に作ることも可能で、その場合には浴槽はシンプルなデザインのものを選択して、和の雰囲気の大判タイルをエプロン部分・床・壁などに使うと良いです。
また、檜風呂のユニットバスなら比較的安価で檜風呂を手に入れることも可能で、マンションなどの集合住宅でも導入しやすいです。
一般的な檜では防水に不安がありますが、檜風呂のユニットバスなら防水加工されているので水にも強くて、通常のユニットバスと遜色ない機能性を兼ね備えています。
現場で組み上げるので比較的短期間で檜風呂にリフォームすることが可能といったメリットもあります。

それから、視線の高さに設けられた窓から庭が眺められるように工夫したり、照明器具の選び方に気を配ったりすることでも、大人の雰囲気漂う極上リゾートの和風の浴室にすることもできます。
ただ、一般的な和室用の照明器具の場合には防水加工がされていないので、浴室に設置することはできないので、防湿型の照明器具を取り付ける必要があるのです。
このように浴室用の和風照明を探すのがベストですが、シンプルなデザインの浴室用照明器具で、光源の色味にこだわることにより和風の雰囲気を演出する方法もあります。
例えば、白熱球か黄色味がかった電球色の蛍光灯やLEDを選ぶと、浴室内が無機質な雰囲気ではなくて温かみのある空間に変えることもできるのです。
ちなみに昼白色の蛍光灯がついていた器具であっても、問題なく電球色のものに付け替えることはできます。
ただし浴室の照明器具は、居室に使用されている引っ掛けシーリングに取り付けるタイプではなくて、電気工事が必要な直結タイプですから、交換はDIYではなくてリフォーム会社などに依頼する必要があるのです。

和風のお風呂リフォームとして檜浴槽にした場合には、リフォーム後のお手入れ方法に気をつける必要があります。
一般的な樹脂浴槽なら洗剤をつけたスポンジで掃除をする程度で大丈夫ですが、檜は同じような掃除やメンテナンスでは劣化を早めてしまいます。
ですから日常的なメンテナンスは、お風呂上がりには浴室内や浴槽をよく拭いて水気を取り除いておくことが大切です。
また柔らかいスポンジで傷をつけないようにやさしくこすりシャワーで洗い流して、浴槽は自然乾燥させて直射日光が当たらないようにします。
それから檜浴槽は渇きすぎると割れてしまうので、長期間使用しない時にはバケツに水を入れて浴槽の中に入れて蓋をしておく対策が必要です。

 

いわき市 お風呂リフォームの検討なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME