いわき市 土壁をリフォームする時期や方法

いわき市 土壁をリフォームする時期や方法

土壁をリフォームする時期や方法に迷ったら

土・砂・藁などの素材を練ったものを、何層にも塗り重ねて仕上げた下地の壁の表面に、土が主な成分となる素材を塗って仕上げた塗り壁を土壁と言います。
ただ年数を重ねることで劣化してしまうので、リフォームを検討する必要もあるのです。
しかし、いざリフォームをしようと考えても、本当に現状がリフォームをする時期なのかと迷ってしまう方も少なくありません。
そこで、リフォームの時期を判断するためのポイントを知っておくと、迷った時の参考として役立ちます。

まず劣化が激しくて亀裂が入ったり、剥落したりしているためにボロボロと崩れることで土埃の原因となるような状態は、リフォームを検討する必要があります。
土埃は地上から1m程度に浮遊することがあって、健康を損ねることにも繋がりかねないので、部屋の土埃が目立つようになってきた場合は、リフォーム時期と考えるべきです。
また長年かけて手垢などが付着した結果として、壁の黒ずみが目立ってくることもあります。
その黒ずみが洗浄してもなかなか落ちづらく汚れが気になる場合は、リフォームを考える時期といえます。

土壁にカビが生えている状態は早めにリフォームをする必要がある時期で、カビが生えるのは調湿性が低下している可能性を表すサインと考えられます。
また喘息やアレルギーの原因にもなるので、壁にカビが目立つようになってきた場合は、劣化の症状というだけではなくて、健康を損ねる原因にもなるので早めのリフォームがおすすめです。
リフォームする場合には、全てを取り除いた上でカビをクリーニングする必要があって、リフォームやカビ除去の専門業者に依頼して実施することをおすすめします。
それから調湿性が低下すると壁にひびが入ってきますし、強い衝撃が壁に加わったことでひびが現れることもあって、壁の劣化の症状のひとつとしてあるのです。
放置していると先に触れたように土埃が落ちることになりますし、場合によっては壁ごと崩壊する危険性もあります。
ひびが現れた時も補修かリフォームを検討する時期となるのです。

このようにリフォームが必要になった時には、土壁を漆喰や珪藻土などで塗り替える方法があります。
漆喰に塗り替えた場合には、カビが生えにくくなりますし艶感のある仕上がりにすることができますし、珪藻土に塗り替えた場合は、調湿・脱臭性能に優れた柔らかさのある仕上がりになるのです。
ただ、施工面積にもよりますが施工費用が高くなってしまう心配もあります。
そこでリフォームの費用を抑えることができる壁の上から塗装する方法や、クロスへ張替えるなどを考えるのもひとつの選択肢です。
また、デザイン性に富んでいて汚れ・傷にも強いですし、部屋の雰囲気を一新することもできるのでおすすめなのですが、失われてしまう機能があるなどのデメリットもあります。
ですから、単純に費用面だけを考えるのではなくて、将来の目的なども考えて適切なリフォーム方法を検討することが必要です。

 

いわき市 土壁をリフォームする時期や方法なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME