いわき市 フェンスのリフォーム時期

いわき市 フェンスのリフォーム時期

2018-05-07

フェンスをリフォームすることで得られるメリット

住宅の敷地と道路などとの境界につくられるフェンスは、単に飾りの意味で建てられているわけではなくて様々な機能や意味合いがあります。
ですから、老朽化した場合にはリフォームして新しくする必要がありますし、リフォームにより新しく設置することで様々なメリットが得られるのです。
メリットのひとつは、リフォームすることで重厚感を持たせられて風格が出るため、家全体の印象を変えることができます。
また子供やペットの飛び出しを防止することができるので事故防止につながります。
子供やペットは何かに夢中になると状況を確認することなく路上に飛び出してしまうこともあって、それが交通事故の原因のひとつになるのです。
しかしフェンスが設置されていると、急に外へ飛び出すことなく一呼吸置くため、事故の危険性が軽減されます。
境界に何の仕切りもなく家と道路が面している状況は、仕切りがある家と比較して不審者に狙われる確率が高くなるのです。
ですから、何らかの仕切りを設置する必要がありますし、それによりいたずらをされたり敷地内に止めておいた自転車やバイクなどが盗まれたりするといった被害防止ができます。
また近所の人や道行く人の視線が気になるので、設置すればプライバシーの確保ができるのです。

ただ安易にリフォームをしてしまうと失敗してしまうので、成功させるために注意すべきポイントを事前に知っておくと役立ちます。
まず注意したいことは、防犯性を高めたりプライバシーの確保をしたりすることを優先させて、つい高い構造物にしてしまいがちという点です。
実は、高すぎると来客はもちろんのこと、道路を通行する人やご近所の方に威圧感を与えてしまいます。
またプライバシーを確保しているつもりであって、それが死角をつくることになり防犯面でマイナスになってしまうこともあるのです。
ですから、高さや素材などをしっかりと検討する必要があります。

様々なメーカーからデザイン性の高い商品が発売されているので、家族の好みで自由に選択することができます。
しかし、住宅と調和したデザインを選択しないと浮いて見えてしまいますし、周辺の景観とも合わせないと周囲に奇抜な印象を与えてしまうのです。
ですから、住宅や周辺と調和のとれたデザインを選ぶ必要もあります。
それからアプローチをつくった場合には、アプローチの形によって来客者などに空間的な狭さを感じさせてしまうこともあるのです。
距離感に注意してアプローチの形を工夫する必要もあります。

フェンスのリフォーム時期の目安ですが、日頃のお手入れや傷み具合、錆びつき具合などで前後しますが、一般的に新築後10~15年程度と考えられています。
錆び程度なら塗り替えだけで済むケースもありますが、老朽化している場合は支柱の取り替え工事などが必要な場合もあるので、早い段階でリフォーム会社に相談すると良いです。
そうすれば耐久性が高まって安全性も向上すると共に見栄えも良くなるので検討しましょう。

 

いわき市 フェンスのリフォーム時期なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME