いわき市 ウッドデッキ設置

いわき市 ウッドデッキ設置

2017-12-13

マンションでもウッドデッキ設置が可能なケースもある

自宅の庭にウッドデッキを作るか迷っている方もいるでしょうが、その理由のひとつは生活がどのように変化するのかがイメージできないことがあります。
また、設置したとしてもあまり有効に活用することがないと考える方も少なくありません。
しかし庭に設置することで活用の幅は大きく広がるもので、例えばテーブルや椅子をセットするだけでも様々な活用ができますし雰囲気も良くなります。
また、リビングやダイニングに隣接して作れば屋内の延長として考えることも可能で、セカンドリビングとして使用することもできます。
木の表面がなめらかな材を使えば裸足で出ることもできますし、食事や読書を楽しむこともできるのです。
それから天気の良い日にはシートを敷いて日光浴を楽しむこともできますし、子供やペットの遊び場としても活躍することも可能です。
目の届く所で遊ばせることができるため安心感がありますし、遠方まで行かなくともアウトドア気分を満喫することもできて、実は様々な活用ができるものなのです。
ただ、現在居住している場所がマンションだからと、最初から設置を諦めてしまっている方もいます。
しかし、マンションであっても条件さえ満たせば設置することは可能で、一戸建ての庭で活用するのと同じ使い方もできるのです。

マンションの庭やベランダにウッドデッキを設置することを考えるのなら、まず現在住んでいるマンションの規約を確認する必要があります。
その理由は、専用庭やルーフバルコニー・ベランダなどは、基本的にマンションの共有部分で個人の所有するスペースではないからです。
その為、マンションの規則によっては手を加えることができないケースも多いのです。
もし、規則として問題がなく専用庭があったり、ルーフバルコニーや少し広めのベランダがあったりすれば、マンションでも設置することは可能です。

マンションであっても庭やベランダに設置すると、屋外という感覚が薄くなって居住スペースに広がったように感じられて、雰囲気を大きく変えることができます。
また、裸足で歩けば木のぬくもりが心地良いですし、単に洗濯物を干すだけだったスペースが光と風を楽しむすてきな空間に変化します。
それから大人の目が届く場所で小さな子供を外遊びさせることができるので安心ですし、ペットがいる家庭ならペットにとっての遊び場としても最適です。
このように設置することでマンションの住み方が大きく変わります。

マンションにウッドデッキを設置するのなら、風雨に当たるベランダやルーフバルコニーなので、水に強い木材を選ぶ必要があります。
例えば、ウリン・イペ・イタウバなどがおすすめです。
またマンションに作る際の注意点として、排水口を避けて設置する、避難経路や避難ハッチを塞がない、エレベーターで運べる長さの材を選ぶなどがあります。
それから、もし大規模な修繕が予定されている場合には、設置時期が重ならないようにすることも大事です。
一戸建てと違って確認することや注意することがいくつかありますが、マンションでも設置が可能なケースもあるので検討してみるのも良いです。

いわき市 ウッドデッキ設置なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME