いわき市 給湯器が故障

いわき市 給湯器が故障

2018-01-10

給湯器が故障した時に修理と交換のどちらを選択するのが正解?

多くのメーカーでは設計上の標準使用期間を10年に設定していますが、使い方などによっては最大15年程度は使用できるケースもあります。
ですから、給湯器の寿命は約10~15年程度がひとつの目安になります。
しかし、メンテナンスや点検・修理を実施しないで長期間使用するというのは難しいことで、年一回程度の定期点検を実施して不具合があれば早めに対処することが大事です。
では、何らかの不具合により壊れてしまった場合には、修理と交換のどちらを選択するのが正解なのでしょうか?

給湯器に限ったことではありませんが、電化製品が何らかの不具合や故障した時には、修理と交換のどちらかを選ばなければなりません。
このどちらかを選ぶことは故障における最大の選択で、なかなか判断がつかないのですが、修理と買い替えで迷った時のガイドラインを豆知識として知っておくと参考になります。
修理を選択する方が良いケースは、比較的に新しい場合でメーカー保証やメンテナンス保証などがあって修理保障を受けられる場合です。
ですから、一度メーカー保証やメンテナンス保証などを確認して見ることが大事で、期間内なら修理費用の負担無く修理することも可能です。
一方交換が必要なケースは古い機器が故障した場合で、先の寿命や保証期間などを考えると、10年以上使用している時には修理部品がないことも考えられるので交換を選択する方が良いです。
また、古いと劣化により熱効率が低下するなども考えられて、燃料費・電気代・ガス代などを節約するためにも交換した方が正解と考えられます。

それから修理か交換かを検討する前に確認しておきたいことがあって、それは本当に故障しているかです。
お湯が出ないとなればすぐに故障と決め付けてしまいがちですが、リモコンに表示されるエラーコードを一度確認してみましょう。
表示されるエラーコードによっては、確認とリセット操作だけで簡単に復旧できる場合がありますし、その他の簡単操作で解決するケースもあるのです。
安易に故障と決め付ける前に取扱説明書を確認して、エラーコードに応じた対策方法をまずは実行してみることも大事です。

もし交換することになったら、給湯器にはガス・電気・灯油など様々な種類があるので、どれが自分に最適なのかを考えて選択する必要があります。
それが失敗しない選び方になるので、それぞれどのような特徴があるのかを知っておくと良いです。
ガスタイプは都市ガスやプロパンガスを燃料にして、瞬間的にお湯を沸かすので湯切れしないという特徴があります。
また、機器が小さいので設置スペースが狭い場所でも大丈夫というメリットもあります。
電気タイプは水を溜めるタンクの中に電気ヒーターを組み込んで、電気の力によりお湯を沸かすので、快適に利用するためにはタンク容量が重要になります。
灯油タイプには瞬間式とタンク式があって、灯油を燃料にお湯を沸かすので灯油タンクの設置が必要になります。
その為か灯油を暖房にする寒冷地で利用されることが多いです。

いわき市 給湯器が故障なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME