いわき市 草むしりから解放

いわき市 草むしりから解放

草むしりから解放されるおしゃれな雑草対策

庭に生える雑草に悩まされていたり、草むしりが苦痛になったりしている方も少なくないもので、草むしりは本当に体にこたえます。
雑草が生えてくるのは、そこに土と水と光があるからで、その条件をシャットアウトすれば草が生えてくることはありません。
そこで雑草対策としておすすめしたいのが防草シートで、これにより草むしりに悩まされなくなったという方も少なくありません。

では、そもそも防草シートとは何なのかというと、その名が示す通り雑草が生えてくるのを防ぐシートで、他にも様々な名称で呼ばれることもあります。
一見すると色の濃いレジャーシートみたいな感じなので、なぜ雑草が生えてくるのを防ぐことが可能なのか不思議に感じる方もいることでしょう。
しかし防草シートが雑草を抑える仕組みは単純なことで、先にも触れたように植物の成長に必要な光・空気・水の3つの要素が、ひとつでも欠けたら植物は成長しないという原理を利用しているのです。
実は、防草シートは3つの要素のひとつである光を遮断して雑草を抑える仕組みで、光を遮断された雑草は光合成が出来ないため栄養分を生成できなくて最終的には枯れてしてしまうのです。
ちなみにどの程度の光を遮断する必要があるのかというと、光合成を阻止するためには99.5%以上の遮光が必要になると考えられています。
この数値は最も光の強い夏場で、しかも快晴の時でも植物が光合成できない数値で、これだけ光を遮断しなくては雑草を抑えることができないのです。
防草シートの中には、光だけではなくて水と光を遮断するシートや、極稀に除草剤が施されたシートもあります。
利用する場合には、材質・性能などを確認して、使用する場所の状況に合った防草シートを選ぶことをおすすめします。

このように雑草対策として防草シートすることはおすすめですが、ちょっとした豆知識としておしゃれな使用方法を知っておくのも参考として役立ちます。
その具体的な方法というのはとても簡単なもので、防草シートを覆い隠す際にすてきな何かを使用するだけです。
そのひとつが砂利で、防草シートの上に約5cm程度の厚みでおしゃれな化粧砂利を敷くのです。
重たいので持ち運びは大変ですが、比較的安く簡単に施工することができるのでおすすめです。

2つ目はウッドチップを敷く方法で、砂利と同様に防草シートの上に5cm程度の厚みでウッドチップ敷くだけです。
軽くて持ち運びが楽で、比較的安く簡単に敷けるのですが、年数が経つとウッドチップが分解するので追加が必要になりますし、風で飛び散る可能性も考えられるので注意が必要です。
ちなみに、ドッグランとして利用する予定の場所なら、約10cm程度の厚みにして置く必要があります。
3つ目は人工芝を敷く方法で、防草シートの上に人工芝を敷いて専用のピンで固定するだけなので、費用は高くなりますが施工は簡単です。
雑草の防止だけでなく、水やりや芝刈りの負担もなく本物そっくりの芝生が楽しめますし、病害虫などの管理も必要ないので楽です。
防草シートで雑草対策をするのなら、このような方法を検討してみると良いです。

いわき市 草むしりから解放なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME