いわき市 駐車場拡張工事

ライフスタイルの変化による駐車場拡張工事

・ライフスタイルの変化
近頃では通勤や通学などで車を利用する人も増えていて、一家に車1台というケースが少なくなっています。
その為、家族構成の変化や所有する車の台数の変化に伴い、自宅の駐車場を広くリフォームしたいと考える方も増えているのです。
自宅の駐車スペースを広げたいと考えるのなら、駐車場拡張工事の検討がおすすめです。
ただ、リフォームの方法により費用が高めになってしまうこともあるので、失敗しないためにも駐車場拡張工事の方法や、必要なスペースなどについて知っておきましょう。

・事前に確認すること
駐車場拡張工事を行った後で、車両のサイズや台数により駐車できなくなっては本末転倒です。
車両のサイズや将来的なことも考慮して、本当に必要な駐車スペースを確保できるかを事前に確認しましょう。
ちなみに、車両サイズいっぱいの寸法では窮屈になるので、一台当たり車両寸法+1,000㎜程度は最低確保できることが望ましいです。
また、実際に駐車する車や用途などを具体的にして、拡張する広さやレイアウトを検討することが大切になります。
車の出入りや動線などに配慮して、余裕を持ってスペースを確保することが大切です。
敷地と建物の位置によっては、住宅の給排水やガスの配管が拡張しようと考えるスペースに埋設されているケースがあります。
配管の切り替えや雨水桝の調整が必要になると費用も増えるので、水道やガスの配管の埋設状況に注意することも必要です。
駐車場拡張工事を考える際に、近隣駐車場を借りるケースとコスト面で比較する必要があります。
場合によっては月極駐車場の方がメリット大になることもあるので、将来の計画や家族構成などに配慮して計画を立てることです。

・駐車場拡張工事のタイプ
駐車場拡張工事にも様々なタイプがあって、それぞれにメリット・デメリットが存在しています。
また、拡張できる広さ・駐車場の構造・車の保護度合いにより、駐車場拡張工事のタイプが異なってくるのです。
なので、どのような方法があるのかを事前に知っておくと検討する際に役立ちます。
駐車場スペースを舗装のみでつくるシンプルな駐車場がオープンスタイルで、車を覆う構造物を造らないため費用が安く済むといったメリットがあるのです。
一方、雨・雪・紫外線・鳥のフンなどを遮るものがないので、車が汚れてしまうといったデメリットがあります。
また、車を覆う構造物がないため防犯性に不安があるというのもデメリットです。
屋根と柱で構成されたタイプの駐車場がカーポートで、オープンスタイルよりも車を守れるといったメリットがあります。
また、限られたスペースで駐車場拡張が可能な点や、玄関アプローチに設置することで、雨に濡れることなく自宅に入ることもメリットになります。
オープンスタイルよりも費用がかかることや、防犯性に不安が残ることがデメリットとしてあげられるのです。
屋根と3方向以上の壁があって車を囲めるタイプがガレージで、出入り口にシャッターを設置することで密閉空間がつくれます。
しっかりと車を守れること、盗難などを防止できる安全性の高さがメリットです。
ただガレージは建物なので、基礎工事や土間打ち工事などが必要で、設置に費用や期間がかかるといったデメリットがあります。

・知っておきたい舗装方法
駐車場のタイプ以外に、舗装方法も検討すべき点としてあります。
駐車場の舗装方法としては、砂利・アスファルト・コンクリートの3つが代表的な方法です。
砂利は施工当日から駐車できますし、最も費用を抑えられるといったメリットがあります。
ただ、タイヤの跡が残りやすくて砂利が流出する可能性があるので、整備を常に欠かせないというデメリットがあるのです。
アスファルトは仕上がりがきれいですし、施工当日から駐車できるといったメリットがあります。
ただ、劣化で表面がボロボロと剥がれることや、状況により凹凸が発生するため、定期的なメンテナンスが必要になる点がデメリットです。
コンクリートは表面が美しく平らに仕上がり、汚れも水で洗い流せるのでメンテナンスの手間が比較的かかりません。
しかし、コンクリートが固まるまでに数日間かかることや、最も費用がかかることがデメリットとしてあるのです。

・業者を選定するポイント
施工業者により得手・不得手があるので、駐車場拡張工事を実施するうえで施工業者の選定はとても重要なことです。
その為には、ある程度の知識を身に付けた上で、ニーズに応じた施工ができる優良な施工業者を見極める必要があります。
まずは候補となる業者を複数選択して、打ち合わせ、現場調査、見積書提出を経てニーズに最適な施工業者を判断することです。
また、その際に下請業者を使っていないか、工程ごとの単価が見積書に記載されているか、現場諸経費は適正かなどを確認するようにしましょう。
最初から一社に絞って検討するのではなく、複数の業者をしっかりと比較して納得した上で正式依頼するべきです。

いわき市 駐車場拡張工事なら「平山左官工業」

モバイルバージョンを終了