いわき市 雑草対策は春に行おう

いわき市 雑草対策は春に行おう

夏に茂るので雑草対策は春に行おう

・雑草はどうして生える?
雑草は植物の種類のことではなくて、その住人にとって迷惑と感じるもの、邪魔なものと感じる草のことです。
こうした雑草と呼ばれる草は、通常植えてもいないのに自然に繁殖してしまいます。
では、なぜ植えてもいないのに生えてくるのでしょう?
その理由にはいろいろとあって、抜いた雑草から種が土にこぼれ落ちたり、タンポポのように種が風で遠くまで運ばれたりして人知れず色々な場所で芽を出すのです。
また、種が鳥の落としたフンの中に混じっていて、そこから芽を出すこともあります。
それから、こうした植物は生命力が強く土の上に出している部分を切っても、根が残っていればすぐに成長することができるのです。
その為、一生懸命に草むしりなど雑草対策をしても、時間の経過と共に生えてくるということが繰り返されてしまいます。
しかし、いくら素敵な住宅でも雑草がうっそうと生い茂っていると見栄えが良くなく悪い印象を与えかねないのです。
また、育てている植物の栄養を奪う、害虫が発生して作物を食い荒らす、日当たりが悪くなり病気が発生するなどといったデメリットもあります。
このようなデメリットを少しでも軽減してキレイな庭を維持するためには、どうしても雑草対策が必要になるのです。
ただ忙しいと頻繁に草抜きや草刈りをするのは大変なので、完璧を目指すよりも雑草が生えにくい環境を作ることを目標とすると良いでしょう。

・雑草の一年サイクル
毎年雑草の問題に悩まされる方も多いでしょうが、雑草の生えるサイクルを理解し、適切なタイミングで対策を行うことも大切です。
春は芽吹きの季節で雑草も最も多いシーズンで、一年草から多年草までいろいろな雑草が生えてしまいます。
春に生えてくる雑草は、夏になると成長スピードも早くなり、ちょっと放置している間に大きくなってしまうのです。
冬になると多くは枯れてしまうため秋の雑草に対して油断してしまいがちですが、冬に枯れる植物は来シーズンに備えて種を落としてます。
そのまま放置していると来年の春に生えてきてしまうのです。
このように雑草は一年周期で生え変わるので、春に雑草が芽吹くのを抑える雑草対策が必要になります。
また、春のうちに雑草対策を実施して夏前に数を減らしておくことで、その後のシーズンで雑草に悩まない庭づくりにつながるのです。
雑草発生前にきちんと対処できたかどうかで、その年の雑草の生え方は大きく変わるので、手間を軽減することを可能にするためにも、雑草対策は春に行おうということを意識しておきましょう。

・春の雑草対策ポイント
夏から秋にかけて雑草はスクスクと成長するので、先にも触れましたが春に雑草対策をしてしまえば後が楽になるのです。
春の雑草は背が低く比較的取りやすいで、広い範囲でなければ手や鎌を使って草むしりしましょう。
引き抜く際は、葉ではなく根の部分を持ってしっかり抜くのがポイントで、根が張っているようなら雨が降った後のやわらかい状態で抜くと良いです。
広い範囲を処理するのなら、粒タイプの粒剤や液体タイプの液剤の除草剤が便利で、持続性のある除草剤をしようするとその後生えにくくなるというメリットがあります。
ただ雑草は大きく分けて春と秋に発芽するため、雑草対策は春に行おうというだけではなくて、秋にももしっかり防除を行うのが理想的です。
もし雑草が育ちすぎて自分では何ともならない場合や、次に生えてこないようどのような対策が必要か悩む場合は、業者に相談や依頼してみるのもひとつ方法になります。

・その他の季節の雑草対策
雑草対策は春に行おうというのは大きなポイントですが、参考のためその他の季節の雑草対策を知っておくのも必要です。
夏の雑草は大きく育ってしまい手で引き抜くのは一苦労なので、地中に張った根をまずはスコップ・シャベル・鎌などを使用して分断するし抜きやすくします。
そして、再び生えてこないようにするため、しっかりと根っこから抜くことです。
除草剤を用いる場合は、枯れ始めが早くて根まで枯らすことができるタイプが夏の雑草にはおすすめとなります。
秋の雑草は背の高い草が多い傾向で、成長すればするほど処理が大変になるため繁茂する前に処理することが大事です。
また枯れたように見えても地面の下で根を張っているので、秋の時期に見つけたら対処しておくのがポイントになります。
秋に除草剤を使用するのなら根までしっかり枯らすタイプがおすすめで、長く効くタイプを使用すれば来年の春まで雑草の発生を抑えることができるのです。
冬は生えている雑草は少ないので気を抜きがちですが、冬の木の下や建物周りに多いコケ類の処理をすることも大切になります。
また春に雑草が生えてこないように除草シートを活用すると、雑草の発生を抑制することができるのです。
いずれにしても雑草対策は春に行おうというのを念頭において、適切なタイミングでピッタリの雑草対策を実施しキレイな庭を維持しましょう。

いわき市 雑草対策は春に行おうなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME