いわき市 砂利

いわき市 砂利

外構に砂利を使用して雑草や防犯対策を

・外構に砂利を使用する
砂利は、コンクリート・タイル・ブロック・レンガなどのエクステリアとは違って、比較的工事費用を安く抑えることができます。
また、意外と味気ないといったイメージを持たれがちですが、昔に比べると様々な色や形、大きさの砂利などが出回るようになっているのです。
その為、現在ではちょっとした工夫でおしゃれなエクステリアにすることができるようになりましたし、防犯など様々な使われ方をするようになってきています。
砂利は建材用砂利と化粧砂利の2つに大きく分けることができて、主に建材用砂利はレンガなどを敷き詰める時の下地として、地盤を固めるときに使用されるのです。
一方の化粧砂利は、形や見た目なども整っていて、使用する砂利の種類や大きさにより洋風・和風どちらの雰囲気にすることも可能になります。
その為、ガーデニングやアプローチ、庭の通り道・植木鉢に敷き詰めて使用されていますし、近年では家の回りに人が歩くと音が出る大きめの砂利を敷き詰めて防犯としても使用されているのです。
ですから、どの場所に砂利を使用したいのかを明確にして、それに合わせた砂利を使用すると良いでしょう。
それから、近年では瓦やレンガなどの廃材を用いた砂利も登場しているので、景観が目的ではなくて除草を目的とて使用するのなら、エコで環境にやさしいので廃材を用いた砂利がおすすめです。

・様々な種類や形がある化粧砂利
ひと口に化粧砂利といってもその種類や形は様々で、どのような雰囲気の庭やアプローチをにしたいかによって、敷く砂利の色だけではなくて大きさや形も違ってきます。
例えば、西洋風の庭にしたいのならばブラウンやベージュ系、和風の庭にしたいのならグレー系が良いと言えるでしょう。
いずれにしても、イメージをしっかりと持って砂利選びを行うことが大切なので、代表的な砂利と特徴を知っておくことも大事です。
古くから日本で使用されている三重県菰野地区で産出される天然の化粧砂利の伊勢砂利は、水はけや保水性に優れているため主に敷砂利として利用されています。
人工的に中国産の白御影石を丸くした化粧砂利の新白川砂利は、洋風・和風のどちらにも適していますが、特に枯山水をイメージした庭に適しているのです。
白い大理石の砕石を人工的に丸くした化粧砂利の白玉砂利は、和風・洋風どちらにも適しています。
那智黒(那智石)は碁石にも使用されている石で、和風・洋風どちらの庭にも適していますが、八分以上の大きさになると雨に濡れて光沢が増すため和風の庭におすすめです。
また三分以上の大きさなら、防犯用の砂利としても使用することができるのです。
その他にも、大理石の砕石(マーブルクラッシュ)やこはく色・乳白色した石英岩の砕石(クォーツクラッシュ)といったカラフルな砂利が登場しています。
それから近年では、先にも触れましたが瓦屋レンガを再利用した環境保護に貢献した物も登場しているのです。
また単に見て楽しむ砂利以外にも、歩くと音が出て不審者の侵入を防止する防犯用の砂利なども注目されています。

・知っておきたいメリットとデメリット
他のエクステリア材よりも比較的費用が安いことで注目されている砂利ですが、費用以外にも様々なメリットがあるのです。
例えば、砂利を敷いておくことで石の効果により雑草が生えにくくなりますし、砂利の下に防草シートを敷いておくことで、さらなる雑草対策が期待できます。
また、家の周囲に大きな音が出る砂利石を敷くことにより防犯対策にもつながるといったメリットもあるのです。
しかし、その一方で庭に落葉樹などがあると掃除が面倒になってしまうといったデメリットがあります。
また砂利を土の上に直接敷いてしまうと、人や車が同じ場所を通ることで砂利が土の中に沈下して、雨などにより泥が付着しやすくなったりしてしまうのです。
ただ、これに関しては土の上に直接敷いたことで起きることなので、防草シートを敷くなどしっかりとした下地づくりにより防ぐことができます。

・下地づくりが重要
このように雑草防止のために有効な砂利ですが、土の上に敷いただけでは沈んできてしまうので、雑草を防ぎ砂利が沈まないようにするためにも防草シートの有効活用がおすすめです。
その際の注意点としては、シートを敷く前に雑草を根本から除去したり、土の中に硬いものがある時には取り除いたりなど、整地をしっかりとしておくことが大切になります。
特にツル性の植物は、除草シートの上に生えてくる可能性があるため、シートを敷く前に除草剤を散布しておくと良いです。
また薄い防草シートでは数年でボロボロになってしまうので、できることなら少し分厚めの物を購入して敷くことをおすすめします。
それから、雑草を防止するのなら太陽の光が届かない5~8cm程度の厚さに敷き詰めることが重要で、敷き詰める厚さにもよりますが1㎡当たり20kg入りで約3~4袋程度が必要です。
ただ、一度敷いた砂利をやり直すのは大変面倒なので、イメージ通りにするためには業者にお願いすることをおすすめします。

いわき市 砂利なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME