いわき市 土留(擁壁)の外構工事

いわき市 土留(擁壁)の外構工事

土留(擁壁)の外構工事は将来性を考慮して

・土留(擁壁)とは?
土留(擁壁)の外構工事を検討する際に、土留めと擁壁にはどのような違いがあるのか疑問に思う方もいることでしょう。
土木工事では土留めと擁壁という言葉は聞くけど、この2つの意味の違いはあるのでしょうか?
土留めというのは、法面・崖・盛土などの崩壊を防止するために、様々な手段で土を留めることです。
一方の擁壁というのは、法面・崖・盛り土などの土を留めるための壁状の構造物のことを指します。
つまり、概念そのものを指すか、特定の構造物を指すかの違いで、土を留める目的としてはどちらも同じ意味です。
なので、土留め擁壁と呼ばれることもあります。

・メリットとデメリット
土留(擁壁)の外構工事を検討する際に、土留(擁壁)をしていない場合とした場合の違いを理解しておくことも大事です。
敷地に高低差があって土留(擁壁)をしていない場合は、斜めの法面に芝を張っているケースが多くみられます。
そのまま放置していると、雑草が生え放題になり草刈が大変ですし、雑草処理をしても近隣の土地に刈った草が飛ばないように処理するのも一苦労です。
また敷地境界線までが土地なのに、斜めの法面は使えない土地になって、土地が狭くなりもったいないことになります。
土留(擁壁)をしていない場合、こうしたデメリットが生まれてくるのです。
このデメリットをスッキリ解消するのが土留(擁壁)の外構工事で、土留(擁壁)をしたことにより自分の土地が広くなり様々な有効活用ができます。
例えば、広がったスペースに物置を設置するとか、バーベキュースペースを作って楽しむなどが可能になるのです。
また草刈からも解放されますし、大雨で法面が崩れ心配もなくなって、近隣に気を遣う必要もなくなります。

・いろいろな種類がある
一口に土留(擁壁)の外構工事と言っても、大きく分けてコンクリート打ち放し・CP型枠ブロック積み・間知ブロック積み・簡易的な土留めブロックの4種類があるのです。
コンクリート打ち放しは、鉄筋を組み型枠を作って生コンを流し込んで作るもので、強度的に優れていて形状も自在に対応可能になります。
他と比べてコストはかかりますが、大きな高低差があって土圧がかかる場合や、隣地のほうが高い場合にはこれがベストです。
CP型枠ブロック積みは、積み上げたブロック自体が型枠の役割をして、ブロック穴に生コンクリートを流し込むため、普通のブロック塀のようですが強度が違います。
あまり擁壁の高低差がなくて、単純な形状の場合に適している工法です。
間知ブロック積みは、一つ一つブロックを並べていって、ブロック間の穴に生コンを流し込んでいきます。
仕上がりは垂直ではなくて少し斜めになりますが、土留めをする場所が狭い場合に適しているのです。
簡易的な土留めブロックは、強度的に優れているわけではないので、高低差が小さく土圧がかからない場所に使用します。
具体的なものとしては、AB石垣土留めブロック・キャッスルストーン土留めブロック・L型土留めブロックなどがあるのです。

・敷地境界沿いに造る場合のポイント
土留(擁壁)の外構工事をする際に、敷地境界ラインのギリギリにしたいという要望も少なくありません。
その為には、敷地境界沿いに土留め擁壁を造る場合のポイントを理解しておく必要があります。
1つ目のポイントは、境界ラインよりも5~10㎝離した位置に造ることとです。
その理由は、境界測量には許容誤差があるからで、その誤差により後々隣とトラブルになる可能性を回避するためです。
2つ目のポイントは、検討段階でお隣に土留(擁壁)の外構工事を考えていることを事前に話してみることです。
その理由は、人が作業できるスペース分隣の土地を掘ることになりますし、隣の土地からの作業が発生したり、資材を置かせてもらったりするからです。
このように、土留(擁壁)の外構工事をすることは隣の敷地に関わってくることが多くあります。
なので、事前に話をしておくことがスムーズに施工するうえで必要になってきます。

・将来性を考慮して
土留(擁壁)の外構工事は大規模な工事で費用も安くないので、安易な計画で失敗したと思っても簡単にやり直すことはできません。
なので、単に値段だけで選ぶのではなくて、しっかりと将来性を考慮して計画を決定することが大事です。
また土留(擁壁)は、施工方法を間違えると崩壊してしまう可能性があるので、業者を選択する際には確かな技術や知識があるのかをしっかりと見極めることが大切になります。
莫大な費用をつぎ込んでも崩れ去ってしまっては意味がありませんし、やり直すためには新設時の倍以上の金額が必要になるのです。
土留(擁壁)の外構工事を行う際は、建物と同様に数十年先まで考えて、後悔しないように金額のみで決めず将来を見据えて適した工法を検討しましょう。
その為にも土留(擁壁)の外構工事は、信頼できる業者をしっかりと選択して依頼することが大事なポイントになるのです。

いわき市 土留(擁壁)の外構工事なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME