いわき市 風に強いカーポート

いわき市 風に強いカーポート

風に強いカーポートを望むのなら

・台風による甚大な被害
日本列島は近年雪や台風による甚大な被害に見舞われることが多くなってきています。
また、年間を通じて突発的に吹く強風に襲われることも少なくないです。
こうした台風による強い風でカーポートの支柱が歪むことは少ないですが、屋根が割れる、破片が飛散するなどの被害が出ることがあります。
さらに、飛散した破片が近隣住民の車、家の壁を損傷させるといった被害もあるのです。
いくら台風が原因としても、その責任をカーポートの所有者がとらなければなりません。
様々な被害を事前に回避するためにも、風に強いカーポートについて理解しておく必要があるのです。

・カーポートの2次被害
台風や突発的に吹く強風によってカーポートが被害に遭った場合、2次被害についても考えなくてはなりません。
住宅の外壁や車などは、破片となったカーポートの屋根板で簡単に傷つくのです。
特に強風でそれなりの速度でぶつかると、場合によっては大きな損傷を与えてしまうことがあります。
高額な修理費がかかるケースも少なくないですし、高い確率で近隣トラブルになってしまうのです。
さらに怖いのは、破片となったカーポートの屋根板が人に当たってしまった時で、トラブルという言葉では済まされないほど重い責任が発生します。
保険などで対応できる可能性もありますが高額な補償が必要になりますし、場合によっては補償では解決できない気持ちの問題が立ちふさがるのです。
その結果、その地域に住みにくくなる被害を与える可能性も考えられます。

・風に強いカーポート
本来カーポートは風雨にさらされる前提で製作されているので、ちょっとやそっとの風では何の問題もありません。
しかし、台風や突発的に吹く強風にあおられた場合、カーポートの屋根が風で飛ばされることはあり得るのです。
昨今の異常気象を考えると、耐風性を重視した風に強いカーポートであると安心できます。
では、どのようなカーポートなら風に強いカーポートと呼べるのかというと、業界では耐風圧強度が42m/秒以上の商品と考えています。
耐風圧強度という言葉は聞き慣れないでしょうが、これはカーポートが耐えられる最大の平均風速のことで、気象情報で聞く最大瞬間風速とは違うのです。
つまり、耐風圧強度38m/秒のカーポートは平均風速38m/秒までは耐えられるという意味で、数値が大きくなるほど強風に耐えられることを示しています。
ちなみに、35m/秒以上40m/秒未満の平均風速時には、気象庁では猛烈な風という言葉が使われていて、屋外の行動は極めて危険とされているのです。

・カーポートの向きと風向き
カーポートを設置する場合、敷地や道路の位置のみで決めがちですが、カーポートの向きと風向きの関係も忘れてはいけません。
そうしないと台風や突風が吹いた時に、屋根が飛んで近所に迷惑をかける事にもなりかねないのです。
そうした被害をなくすためにも、耐風圧強度と共にカーポートの設置位置は重要なポイントになってきます。
一般的に強風に対して弱いタイプのカーポートと考えられるのは、柱が片側のみ、後方のみになっているものです。
しかし、そんな片側一方、後方のみの柱でも、柱を強風が吹く方向に持ってくることにより強度を少しは上げることが可能になります。
駐車の利便性を考慮するよりも、強風に耐えられるような柱の位置にすることが大切なポイントになってくるのです。
また、風向きが一定しないケースも多いでしょうが、そのような場合は両側に柱を持ってくることがおすすめで、それにより強風からカーポートを守ることが可能になってきます。
このように、強い風からカーポートを守るには、風向きに注意して可能なら風が吹く方向に柱を持ってくることです。
さらに、両方に柱を付けることにより一層の安心が得られる設置ができます。

・NGな強風対策
風に強いカーポートを望むのなら、耐風圧強度とカーポートの設置位置について理解することが大切です。
それと共にNGな対策を理解しておくことも大事で、間違った対策をすることで被害を大きくしては意味がありません。
カーポートの屋根材飛散防止のために、ネットを屋根にかけて補強する方がいますが、柱や梁が倒れる原因となる可能性があり非常に危険です。
また、強風によりネットが外れて飛ぶことで2次被害になる可能性も考えられるので、ネットを屋根にかけて補強することはやめましょう。
同様に、カーポートの屋根にテープを貼りつけ補強することも、柱と梁の倒壊の危険があるのでおすすめできません。
カーポートの屋根を支える用途で木を設置する方がいますが、しっかりと根元を固定できないと、強い風で外れ木自体が飛ぶ2次災害になる危険があるのです。
着脱式サポート柱の工事をすれば、しっかりと固定できるので安心して利用できます。
このように、間違った対策をすることで、風に強いカーポートではなく危険なカーポートになってしまうこともあるので注意が必要です。

いわき市 風に強いカーポートなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME