いわき市 カーポート

いわき市 カーポート

カーポート外構工事のメリットとデメリット

・車を置くスペースの違い
住宅の敷地に車を置くスペースの総称が駐車場ですが、主流となる駐車スペースのガレージとカーポートにはどのような違いがあるのでしょう。
屋根がある駐車場のことをガレージと言って、車庫と言われる場合には、柱梁・壁・天井で構成された建物になるのです。
一戸建て住宅の場合は、通常1~2台程度の少数の車を置くスペースで、門や扉が設置されているケースが多いと言えます。
ガレージの顔ともいえる門扉部分には、用途などに合わせて様々なバリエーションが用意されているのです。
折戸タイプは、ガレージの出入口と住宅の出入口が兼用の場合に選ぶ方が多いタイプで、一番オーソドックスな扉でしょう。
一般的に扉は3枚~4枚程度で構成されていて、それぞれ折り畳むことにより収納ができるのです。
シャッタータイプは上部のボックスに巻き上げて収納できる門扉で、リモコンにより巻き上げを遠隔操作できるものもあり、価格は高めになりますが車庫入れの際は楽になります。
門扉を横に折り畳むことで収納できるのがアコーディオンタイプで、間口の制約に合わせて柔軟な設置が可能です。
一方、引き戸タイプはアコーディオンタイプと異なり、折り畳むことはできず横にスライドして収納します。
収納スペースが十分に確保できるのであれば、車庫入れが楽なのでおすすめです。
横方向に収納スペースを確保できないケースなら、扉を上に跳ね上げて収納する跳ね上げタイプが良いでしょう。
ただ高さが3m程度に達するので、上部にはある程度の空間が必要になるのです。
このようなガレージと違って屋根と柱のみで構成されたものがカーポートで、屋根のみの簡易的なものがカーポートということになります。
壁は無くて屋根付きの駐車場ですが、主に車を雨や雪・日光からしっかりと守ってくれるのです。
カーポートの設置費用ですが駐車台数・広さ・天井支持のタイプ・屋根材などより変わりますが、一般的な相場としては40万円~100万円程度と言われています。
できる限り安く済ませたいのなら、複数の業者から見積もりをとって比較することをおすすめしますが、費用だけで決めるのではなくてしっかりとした業者選びも大事です。

・メリットとデメリット
一度設置してしまうと撤去することはなかなか難しいですし、費用を無駄にしてしまうことにもなるので、カーポートを設置する場合には事前にしっかり考えないといけません。
その為には、ひとつの判断基準としてメリットとデメリットを理解しておくことがおすすめです。
カーポートを設置するメリットとしては、愛車を雨や雪・鳥の糞などから守ることができる、車からの乗り降りや荷物の積み込み時に雨に濡れにくいという点があります。
また、夏場の日差しから車を守ってくれる、冬場にフロントガラスに霜がおりない、紫外線から守って劣化を軽減してくれるなどもメリットとしてあるのです。
一方デメリットとしては、車から乗り降りするときに柱が邪魔になる、強風などで屋根が飛んでしまう危険性がある、積雪などによる倒壊のリスクがあるという点が挙げられます。
また、住宅の景観などに影響が出る、コストがかかるなどもデメリットと言えるのです。
ただ最近では、積雪対策用や強風対策用のオプションがあったり、柱の位置などにバリエーションがあったりする商品も多数登場していてデメリットを解消してくれます。
その為、愛車を汚れなどから守りたいや、雨の時に車からの乗り降りが楽といったメリットに魅力を感じるかどうかで必要性を判断すると良いです。

・カーポートの種類
基本的にカーポートは柱と天井だけで構成されている製品ですが、天井をどのように支持するか、どのような屋根材を使用するのかでいくつかの種類に分けることができます。
片側にしか柱がないのが片側支持タイプで、広く駐車スペースを確保することができるので車が停めやすいです。
両側に柱があって安定感があるのが両側支持タイプで、比較的大きな荷重に天井が耐えられるために、風が強かったり雪が良く降る地域にはおすすめと言えます。
強度が高くて粘り強い素材がポリカーボネートで、紫外線をカットする熱線吸収機能を持つものなら、強い日差しから車を守ることが可能です。
また防火性能もあって、色のバリエーションも豊富に揃っています。
豪雪地帯等で強度をしっかりと確保したい場合には、スチール板などの頑丈な金属板がおすすめで、錆びにくく軽い素材のアルミを使用したものもあるのです。
塩化ビニール等で作られた波状の板が波板で、ポリカーボネートや金属板と比較して安価で購入できますが、耐久性は劣りますしそれ程日光も防げません。
厳しい気候条件ならそれなりの強度が必要になるため、地域の気候条件で支持方法や屋根材も変わるのです。
また、将来的なビジョンも考慮し家族プランに適したものを選ぶこと、自宅や周りの町並みなどと調和するデザインにすることなども考えなくてはなりません。
せっかくカーポートを設置するのなら、後悔しないためにも信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

いわき市 カーポートなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME