いわき市 オープン外構

いわき市 オープン外構

のびのびした解放感が魅力のオープン外構

・オープン外構はどのようなもの?
オープン外構の定義がきちんと決まっているわけではありませんが、一般的に塀や門扉などで道路との境界線を囲わない外構のことを指します。
ただ、すべての敷地境界線を開放的にするというのではなくて、あくまでも建物や庭が道路から見通せることが基本となるのです。
例えば、フェンスや塀を隣家との境界に設置したとしても、道路に面して開放的な外構ならオープン外構と言えます。
欧米では多く見られるスタイルで、明るく開放的なのがとても魅力です。
遮るものがなく道路に面して開放的な外構なため、自慢のお庭を道行く人に対して楽しんでもらいたいという方などが好んで採用しています。
ただ開放的と言っても何も設置しないというのではなくて、いろいろな工夫を行うのが普通です。
芝生・タイル・石張りなどで敷地を示すもの、境界線を花壇や低い植え込みで示すもの、最小限の樹木で家の中を見えにくくするなど様々なバリエーションがあります。
あくまで解放感は大切にしながらも、必要なプライバシーや安全性は守りながら人々との交流を大切にしたいという方におすすめです。

・具体的なメリットは?
遮蔽物を道路との間に作らないで、見せる(魅せる)外構のオープン外構には、美しい庭や住宅を近隣住民や通行人に楽しんでもらうといった以外に、住んでいる人にもたくさんのメリットがあります。
具体的なメリットとしては、塀やフェンスなどで道路との境界線を囲わないため、のびのびとした解放感が得られることです。
また通行する人に建物やお庭を楽しんでもらえるので、近隣の景観に貢献する外構とも言えますし、自然に様々な人々との交流が広がることも魅力と言えます。
2つ目のメリットは、門扉やフェンスなどで無理に仕切らずに、オープン外構にした方が圧迫感がないという点です。
敷地が狭くて玄関アプローチやカーポートに充分なスペースが確保できない場合、狭い敷地で庭が狭い場合でも敷地を有効に使用することができます。
外構工事費が抑えられるというのもメリットで、塀・フェンス・門扉などをしないため工事費が抑えられるのです。
特に、道路に面している距離が長い住宅ほど大きなコストダウンにつながります。

・どのような留意点があるのか?
開かれたオープン外構には様々なメリットがありますが、それと共に注意すべきポイントもあるので、留意点をしっかりと把握して適切な備えをしておくことも大切です。
主な留意点のひとつは、塀やフェンスがないため敷地内に不審者が侵入しやすくなります。
また、そうした不審者のみならず犬や猫の糞のトラブル、ゴミの投げ入れ、大事なお花が折られたり、盗まれたりなどといった問題も発生しがちですし心配されることです。
そのような問題やトラブルを回避するために、防犯カメラを設置するなどの防止方法を検討する必要があります。
塀や門扉などで道路との境界線を囲わないオープンな外構なので、住宅の防犯・プライバシー対策が重要というのも留意点のひとつです。
家族の安全とプライバシーについては、外構で守るのではなくて住宅で守るといった発想が必要になります。
具体的には、リビングや浴室を道路から見えにくい位置に配置したり、二重・三重の防犯グッズを設置したりなどの対策を取っておくことです。
障害物が道路との境に全くないと、小さい子供がボールなどを追って道路に飛び出してしまうといった子供の飛び出しに注意することも留意点になります。
また同様にペットが飛び出さないように管理する必要もあって、特に交通量の多い立地では慎重な検討が必要になるのです。

・どのような方におすすめか?
このように欧米で主流と言われるオープン外構ですが、メリットもあればデメリットもあります。
ですからオープン外構を採用するかどうかについては、メリットとデメリットの両方をしっかりと理解して決断する必要があるのです。
では、どのような方にオープン外構がおすすめなのかというと、開放的な方が安全といった考えをしている方です。
家の周囲の身を隠せる場所を不審者は探して侵入するので、外部から目が届きにくい塀で囲まれ住宅は格好のターゲットとなってしまいます。
逆に外部から丸見えとなるオープン外構は、その点不審者にとっては侵入しづらい家と考えられ、開放的な方がかえって安全性を担保しやすいと考えることも可能です。
街の景観に貢献したいと考える方にもおすすめの外溝で、自分だけで楽しむのではなくて、街の共有財産として景観づくりに貢献しながら暮らしたいという方にピッタリと言えます。
ただ道行く人にも建物やお庭を楽しんでもらえるエクステリアデザインなので、それだけしっかりと手入れを継続する必要があるのです。
先にも触れましたが外構工事費が抑えられるメリットがあるので、予算に限度があって外構費用を抑えたいという方には検討をおすすめします。
明るく開放的で年々人気が高まっていますが、防犯やプライバシーなどで留意点もあるため、計画段階で充分な検討を取っておくことが大切です。

いわき市 オープン外構なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME