いわき市 植木

いわき市 植木

植木で庭をきれいに彩りたいのなら

・庭木と植木
庭をきれいに彩る目的でガーデニングをする際に、まずは庭木と植木について知ることも必要です。
どちらも植える樹木なので庭木と植木は違うのかと思われる方は少なくありませんが、実はふたつには違いがあります。
植木とは、庭や鉢などに植えてある木、または植えるための木のことを意味して、植えられることを目的とされた樹木全般のことです。
ですから、鉢やプランターに植えた樹木、部屋の中にある観葉植物、公園や街路樹の樹木などが植木になります。
しかし、公園や街路樹の樹木をそのまま家庭の庭に植えられるかというと、枝と葉の数も多く大振りなものが多いため不向きです。
つまり、植木の中で自宅の庭に合わせて育てられる樹木のことを庭木と言って多少の違いがあります。
ただ庭木にしても植木にしても、昔から日本人の身近な存在であると言えるのです。

・植木を必要とするシチュエーション
庭などに植木を必要とするシチュエーションとしては、シンボルツリーとして、ピンポイントの目隠して、庭づくりの材料としての3つに分けられます。
同じ種類であっても大きさはもちろん仕立て方で用途が変わるので、シチュエーションによる違いを知っておくと良いです。
シンボルツリーは住まいのトレードマーク、またはシンボルとしての存在するものですし、住まい・建築物をどの様な雰囲気に演出するかということに直結する樹木になります。
その為、単独で目立つ植栽レイアウトになると考えられ、特に姿形を吟味する必要があって、植木選びの中で最も重要視されるカテゴリーです。
基本的に常緑樹でも落葉樹でも良いのですが、サイズ感はもちろんのこと成長具合や将来的な許容樹高などを念頭に入れておく必要があります。
植木で目隠しする場合は常緑樹の選択が必要で、中でも葉の密度が濃く枝葉も枯れにくい種類を選ぶと良いです。
また選択する際には植栽の場所・環境を考えて、健全な成長により目隠し効果が維持できるように配慮する必要があります。
植えた木が環境に適さないと葉や枝がみるみる少なくなって、肝心の目隠し効果がなくなるので、環境と植木の関係性をしっかり考えておくことが大切です。
庭づくりの材料として植えるケースでは多種多様の樹木を使用することが多く、あらゆる個性が共演するような選択を行います。
樹木の高低差や様々な色、樹形を組み合わせて、おしゃれな景観にすることがおすすめです。

・種類と選ぶポイント
植木にはたくさんの種類があるので、選んだあとの暮らしをイメージして種類を選択することをおすすめします。
その為にも、樹木のサイズごとの特徴や性質などを理解しておくことが大事です。
まず樹木の大きさ別の種類は、高木樹・中木樹・低木樹に分けられます。
樹高5~10m以上の樹木が高木樹で、孤立させるほど風格をかもしだすタイプで、シンボルツリーとして植えると景観が締まります。
樹高3~10mくらいの樹木が中木樹で、横に数本並べて生垣や目隠しに使用されることが多いです。
また、存在感があって香りのよい花を咲かせる花木が豊富に揃っています。
樹高3m以下の樹木が低木樹で、花が咲くタイプや色鮮やかな実をつける樹木が人気です。
また、目の高さ程度なので手軽に自分で手入れができるといった魅力があります。
次に考えたいのは樹木の性質で、性質別の種類としては針葉樹と広葉樹の2つに大きく分けられるのです。
針葉樹には常緑樹と広葉樹の2タイプあって、常緑針葉樹は1年中針のように細い葉っぱをつける樹木になります。
病害虫の発生が少なくて幅広く利用できますが、剪定が多少むずかしいため太く大きな樹木を植える場合は専門家に任せた方が無難です。
針のように細い葉っぱをつけて冬に葉っぱが落ちる樹木が落葉針葉樹で、他の種類と比較して選択肢が少ないため、庭木として利用できるのは限られてしまいます。
広葉樹も常緑樹と落葉樹の2タイプあって、平たい葉っぱを1年中つける樹木が常緑広葉樹です。
耐寒性・耐暑性に優れていて大きさや種類も豊富に揃っていますし、剪定に強いため神経質にならなくていいので比較的初心者でも育てやすいと言えます。
平たい葉っぱをつけて冬に落葉する樹木が落葉広葉樹で、葉っぱが美しいことから大変人気があるのです。
ただし、剪定がむずかしい種類があったり、比較的高価だったりするところが難点と言えます。

・良い業者を選ぶには?
庭をきれいに彩りたいと考えても、自分の理想の形にするのには時間と費用がたくさんかかってしまいます。
そのような時は、業者に依頼することを検討するのもひとつの方法です。
では、どのような業者に依頼したら良いのかというと、当たり前になりますが良心的な業者です。
その判断基準は、見積もりがしっかりしている、依頼者の納得のいくまで何度でも相談にのってくれる、有資格者がいて知識が豊富などがあります。
また、地域密着型で迅速に対応してくれる、極力科学農薬を使わないなども判断基準です。
こうした判断基準をひとつの参考として、良い業者を選択し依頼することをおすすめします。

いわき市 植木なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME