いわき市 サンルーム設置・リフォーム

いわき市 サンルーム設置・リフォーム

2018-09-09

サンルーム設置・リフォームは目的を明確にして

サンルームのメリット・デメリットは?
屋根・壁・扉などをガラス張りにすることで、自然の光を多く取り入れることができる部屋が、一般的にサンルームと呼ばれるスペースです。
様々なスタイルやプランがあって、建物本体の部屋すべてか一部をそのスペースにする場合と、リビングやユーティリティなどと隣接させて外部に設けるケースがあります。
ちなみに欧米の住宅では建物本体の一部をスペースとして利用する例もみられますが、日本の住宅で多いプランニングはリビングなどにつなげて設置するスタイルです。
新築時に建物に合わせ造作して施工することもありますが、暮らし始めてから設置するケースの方が比較的多くみられます。
その為に、リフォームとしてエクステリアメーカーの商品を取り入れるプランが多くて、豊富な商品ラインアップから好みに合わせたプランで施工するのです。
どのようなプランニングにするか、また目的や形状によって違ってきますが、サンルームを取り入れるメリットは、何といっても太陽光を取り入れることができることにより、明るい空間が生まれることと言えます。
また、部屋に広がりが生まれることや、雨や花粉を気にせずに洗濯物を干すことができること、子供の遊び場やペットの居場所としての使い勝手が良いことなどもメリットといえるのです。
その一方でデメリットもあって、それは仕様などによって異なりますが、夏場の暑さと冬の寒さなどが挙げられます。

どのような利用をするのか目的を明確にする
一概には言えませんがメーカーの商品は、大きく2つのタイプに分けることができて、そのひとつは居室として使用することを前提とした居心地の良さを追求したタイプです。
もうひとつは、洗濯物を干したりアウトドア用品を置いたりなど、様々な家事効率をアップする空間としたタイプになります。
居心地の良さを追求するタイプは、開口部の工夫や使用する素材・デザインなどにこだわった商品が多くて、居室のようなくつろぎを生み出すのです。
その為、インテリアや外観デザインに合わせて製品を選ぶことも可能となっています。
一方の家事効率を優先させるタイプは、洗濯物が干しやすい工夫などが優先されていますし、床材や棚など日用品の収納などにも配慮佐連他製品が多いです。
このようにタイプがあるので、プランニングの際にはどのような目的で設置するのか、どのような使い方や時間の過ごし方をするのかなどを明確にすることが大切になります。
その上で、それらにピッタリのプラン、適する商品を検討することが大事です。
また、どの程度の広さを確保すれば良いのかを、使い方や敷地条件を考慮して検討することも大切なポイントになります。
例えば、くつろぎのスペースにするのならテーブルや椅子などを置くことができる広さが必要ですし、ちょっとした家具を置いても動線の妨げにならないゆとりも必要になるのです。
洗濯物や家事作業場などとして利用するのなら、洗濯物の量や頻度などを考慮する必要がありますし、家事に必要なアイテムの収納スペースの確保も大切になります。
メーカーや商品にもよりますが、目的に合わせた広さをプランニングできるものを豊富なサイズバリエーションから選択しましょう。

配置や動線など使い勝手にも配慮を
居心地の良い空間として利用するにしても、家事効率を高めるための空間として使用するにしても、目的に合わせた配置や動線をプランニングで考慮することが大事です。
例えば、リビングやダイニングとつなげてくつろぎの空間スペースを広げるプランなら、室内との往来のしやすさを充分に検討することが大切になります。
またお茶を飲んだり食事をしたりするスペースにすることもあるので、キッチンからの動線なども意識することがポイントです。
家事スペースとして利用するのが主な目的なら、洗濯機の近くに配置するとか、洗濯後の収納を考慮して寝室やクロゼットの近くに設けるとか、いろいろなプランが考えられます。
もちろん、日当りや風通しなども確認することも大切なポイントになってくることです。
それから開口部のプランニングは使い勝手や快適性に影響することも忘れないことで、例えば折戸などですべてがオープンできるタイプなら、庭と一体化する使い方ができます。
また居室スペースとしての機能を優先させたり、洗濯物干し場とするのなら、腰壁を設けたり出入口のみ開閉するスタイルにしたりすることも考えられるのです。
それから、室内からだけではなくてサンルームは屋内と屋外をつなぐスペースにもなるので、屋外空間とのつながりに関しても配慮する必要があります。
例えば、門から庭を通りサンルームに直接行けると、近隣の方とのコミュニケーションの場に活用することもできるのです。
また、子供が友達を連れて来たりガーデニングを楽しんだりするにも使い勝手が良い方が便利なので、屋内外どちらからも使いやすい動線を考えておくことが大切と言えます。

プライバシーの確保も忘れずに
開放的な空間を実現する目的で設置しても、プライバシーが確保されないプランなら落ち着かないものです。
例えば、庭に開放的な空間を設けたとしても、隣家や道行く人の視線が気になると落ち着かないので、どのように配置するかを充分に検討する必要があります。
また、透明性の高い屋根材を使用した場合には上からの視線が気になることもあって、特に集合住宅に囲まれている敷地なら、横だけではなくて上からのプライバシーにも配慮することも重要です。
このようにプライバシーに配慮するためにも、床材や屋根材については目的に適した素材を選ぶことが大事で、それにより居心地や使い勝手も変わってきます。
床ならデッキ・フローリング・タイルなどから選ぶことが可能ですし、屋根材はポリカーボネートが主流ですが、クリアな透明タイプやすりガラス調などが揃っているのです。
性能はもちろんのことプライバシーの確保も忘れずに検討すると共に、室内空間からのつながりにも配慮すると一体感も生まれます。

 

いわき市 サンルーム設置・リフォームなら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME