いわき市 除草

いわき市 除草

適切な除草方法を知ってきれいな住環境を

・除草の方法
草木は春から夏にかけて成長期となり枝葉がぐんぐん伸びると共に、雑草も旺盛に育つために庭のあちこちから雑草が生えて困る方も多いです。
そんな雑草を放置していると見た目が悪いですし、害虫の住処になってしまうこともあるので、適切な除草方法できれいな住環境を保ちましょう。
一般的な除草方法としては、刈払機などの機械を使用して草を刈り取る機械刈り、鎌やスコップなどで草を刈り取る手刈り、手で根ごと草を引き抜く草むしりなどがあるのです。
それから、植物を枯らす効果のある除草剤を散布する、シートをかぶせて草が生えるのを防ぐ防草シートなどもあります。
その他、重層水・塩水・熱湯などを用いて草を枯らすなど様々な方法があるのです。

・草刈りと草むしりの違いは?
草刈りと草むしりは同じものと考える方もいますが、それぞれの方法には大きな違いがありますし、メリットとデメリットがあるので、除草場所に適した方法を選択しましょう。
草刈りは地上に出ている草の部分だけを刈り取る方法で、広い範囲を手早く除草できるというメリットが有るのです。
特に刈払機などの機械を使用する機械刈りは、広範囲を立ったままの姿勢で一気に刈ることができます。
ただ機械が入らない狭い場所や細かい部分は難しいですし、住宅地で使用する場合には騒音があるので近隣への配慮が必要というデメリットがあるのです。
また、地上に出ている草の部分だけを刈り取る草刈りでは根が残るので、雑草が再び生えてくるサイクルが早いといったデメリットもあります。
一方の草むしりは根から雑草をしっかりと引き抜く方法で、機械が入れない狭い場所や細かい部分の除草もできるといったメリットがあるのです。
ただ手作業なので時間がかかりますし、広範囲の除草には向いていないといったデメリットがあります。
また、長時間かがんだ姿勢で作業するので、体に大きな負担がかかるという点もデメリットです。

・草を枯らす方法
除草する方法には、草刈りや草むしりの他に草を枯らすという方法があって、除草剤・重層水・熱湯・塩水などを使用します。
ホームセンターなどで購入できる除草剤を散布する方法は、手軽に雑草を枯らて除草することができるのです。
ただし、散布の仕方などにより隣家の草花を枯らしてしまう可能性があるので要注意ですし、ペットや小さな子供がいる場合は使用は避けた方が良いと言えます。
食品などにも使用され人体や環境への影響が弱い重層を水に溶かして散布する方法もありますが、除草剤の散布のように即効性や強い除草効果はないです。
少しでも効果を得るには、散布する前に草へ傷をつけ吸い込みやすくしておく必要があって手間がかかります。
雑草に熱湯をかけると光合成ができなくなるため枯れますが、根までは根絶できないためすぐ雑草が出てくるのです。
塩水を散布すると雑草を枯らすことはできますが、土の中で塩は分解されないため、散布した部分は雑草だけではなく一切の植物の育成を阻害してします。
また、塩が周囲に流れ近隣に被害を与えてしまう可能性がありますし、土地や建物の評価が土地の塩分濃度が高いと下がることもあるのでおすすめできないです。

・きれいな住環境を保つためには
方法により頻度の差はありますが、除草をしても時間の経過と共に雑草はまた生えてくるので、きれいな状態を保つためにはどうしても定期的なお手入れが必要になります。
しかし、仕事が忙しくてなかなか時間が取れないや、膝や腰に負担をかけたくないなどの理由から、お手入れができないという方も多いです。
そのような方には、除草した後に防草シートを張るといった方法をおすすめします。
防草シートは、植物の成長に必要な日光を遮断することで、雑草の生長を防止する効果があって雑草が生えにくくなるのです。
ただ防草シートのみを張っただけではあまり見栄えがよくないので、シートの上にウッドチップや砂利を敷くと良いでしょう。
また芝を張るという方法もあって、天然芝なら芝刈りなどのメンテナンスが必要ですが、人工芝なら手間がかからないのでおすすめです。
それから人工的に加工された砕石や天然砂利などを敷き詰めるといった方法もあって、3~5cm程度の厚さに敷き詰めると約3~5年程度は雑草が生えません。
こうした対策は自分でもできますが、より高い効果が得られてきれいに仕上げるのなら、無理せずに工務店など業者にお願いすると良いです。
また、既に手が付けられないほど荒れてしまった雑草や、暑い季節で体に大きな負担がかかる作業の場合も、無理せず業者を利用することをおすすめします。
業者にお願いするときれいな状態になると共に、メンテナンスしやすい方法を考えて整備してくれるので、常にきれいな庭や玄関を保つことができるのです。
複数の業者の手掛けた除草実績や見積もり金額などをしっかりと比較検討して、信頼できる業者を選んで依頼しましょう。

いわき市 除草なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME