ブログ記事一覧

いわき市 掃除がしやすいトイレ

2018-02-03 [記事URL]

掃除がしやすいトイレにリフォーム

和式から洋式への交換や高齢者にも使いやすいトイレになど、様々な考え・要望からトイレリフォームを検討される家庭もあります。
そうしたトイレリフォームを検討しているのなら、掃除しやすいということをポイントに考えてみることもおすすめです。
家族が一日に何度も利用する場所なので汚れやすいですし、臭いもつきやすいところですが、掃除を毎日するというのは大変ですし無理という方も少なくありません。
しかし、家族だけではなくてお客様も利用することを考えると、いつもきれいな状態にしておきたいものです。
その為にも、掃除のしやすさや汚れにくい方法を豆知識として知っておくと、参考になりますし役立つと考えられます。

掃除がしやすい便器というのは汚れがつきにくいことが大事なポイントで、側面がストンと落ちるようにデザインや継ぎ目が少ない便器は汚れにくくなります。
また、汚れがつきにくい加工がしてある素材の便器、水を流すと掃除してくれる便器というのもあるので、そうしたものを選ぶことで水アカや輪じみが減少します。
それから、特に掃除しやすいトイレ便器と言えるのが、便器が床に接していないタイプのフローティングデザインと呼ばれているものです。
このタイプは便器自体もシンプルですし床を汚した時でも簡単に拭くことができます。
タンクレスタイプという便器もあって、水を貯めるタンクが無いので余計なデコボコがなくて、ホコリも溜まりにくいので掃除がしやすいです。
また、タンク部分のスペースが無くなるので、通常のタイプより便器が奥に設置できるので空間も広く使えます。

テレビCMなどでも紹介していますが、便器のフチ裏は意外と汚れがたまりやすいですし、なかなか掃除が行き届かない場所で臭いの原因になりやすいです。
便器のフチの折り返しがないフラットな便器もあるので、それを選ぶと掃除がしやすくなりますし臭いも軽減できます。
便座も意外と汚れが付きやすくて汚れを落としにくい部分になるので、汚れが付きにくくて落としやすい加工がしてあるものを選部と良いです。
また、最近では便座自体が動く機能が付いているものもあって、それにより細かい部分の掃除が楽になります。
ウォシュレットのノズルは清潔に保っておきたい部分ですが、掃除が面倒だったり掃除の方法が分からなかったりして、結果的に汚れやすい部分になってしまいます。
ノズルの使用前後に自動洗浄してくれるタイプやノズルの素材を汚れのつきにくいものにしているモデルなどがあるので、そうしたものを選ぶと掃除の手間が省けます。

床や壁に尿が飛び散ると臭いがきつくなりやすいので、床や壁の素材を選ぶ時には臭いや汚れが付きにくい物を選択すると掃除がしやすくなります。
また、同様にスリッパやマットも汚れが染み込み安く汚れやすいので、洗濯しやすいものを選ぶと良いです。
それから物を置かないほうがすっきりと清潔に見えるので、掃除道具などを収納するスペースに気をつけることも大切なポイントです。
このようなことを多少意識してトイレリフォームを考えてみるのもおすすめです。

いわき市 掃除がしやすいトイレなら、「「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 シロアリ対策

2018-02-01 [記事URL]

被害に遭う前にシロアリ対策をすることが大切

家屋を崩壊させてしまうと言われているシロアリですが、その怖いところは習性にあって、じめじめした場所を好んで細い移動用の穴を作ることです。
その為に、なかなかその姿を見ることが困難で、気が付かないうちに家にシロアリがいる可能性があるということです。
そして、いつの間にか土台の柱が食いつくされていたり、木材のみではなくて古新聞や古雑誌、コンクリートまで食いつくされたりしていることがあるのです。

被害に遭う前にシロアリ対策をすることが大切で、もしシロアリ対策をしなかった場合には、住宅が長持ちしないとか、家の資産価値が落ちるなどがあります。
また、中古物件としての価格が下がるとか、建て替えやリフォームで多額の費用が掛かってしまうなど、数多くのデメリットが生じてしまいます。
ではシロアリはどのように家屋を崩壊していくのか豆知識として知っておくと参考になります。
まずシロアリはじめじめしたところを好むため、地中から家屋に浸入してきて、木材の主成分であるセルロースというものを探し自分の栄養分としています。
そして木材が湿り出すと腐朽菌付着して、その時に誘因物質が発生して、その臭いをかぎ分け木材に巣を作り始めるのです。

シロアリは木材の柔らかい部分だけを食しますが、その柔らかい部分は木材の内部なので、それにより木材の中に空洞ができます。
また、食した後は小さな穴ですがそれが道のよう連なって、しかも一本の木材に何本もの通り道を作ってしまうのです。
さらに穴を作るのは地中から約1.5m程度までが多いため、家屋の土台自体が揺らいでいきます。
それから女王アリを中心した階級社会を形成しているので、一匹の力が弱くても集団の力となると大きいものになります。
その為、一度巣を作られて適切に駆除しないと、床が壊れたり家屋が傾いたり、最悪は家屋が崩れたりするので、適切な駆除や予防といったシロアリ対策が大事になるのです。

日本で確認されている代表的なシロアリの種類としては、北海道東部を除いてほぼ全国に生息しているヤマトシロアリというのがいます。
土壌性を有して土に依存するシロアリで、加害スピードはそれ程速くはないですが、最も被害をもたらしているシロアリです。
関東以南の海岸地帯に生息しているイエシロアリは、ヤマトシロアリと同じく土壌性を有しているのですが、海岸部が活動拠点で水を運ぶ能力に長けています。
その為、乾いた木材でも自分たちの力で湿らせながら進行しますし、加害スピードについても猛烈な速さがあります。
また、家屋の2階まで侵入して巣の範囲が100mまで及んでしまう場合もあり、日本のシロアリの中で最も脅威とされているシロアリで確実に駆除する必要があります。
奄美大島以南と小笠原諸島に生息しているアメリカカンザイシロアリは、その名が示す通りアメリカ西海岸原産のシロアリで、土壌性がなくて木材に直接侵入する特徴があります。
このような種類のシロアリが日本に生息していることも、豆知識として知っておくと参考として役立ちます。

いわき市 シロアリ対策なら、「「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 健康的な生活を守る土壁

2018-01-30 [記事URL]

健康的な生活を守る土壁と美しいテイストにする白壁

日本の古い昔の民家は、粘土質の土に水と藁を混ぜてしばらく寝かせた材料を、竹で格子状に編んだ下地の上に塗ってできた壁でした。
しかし、住宅建築の技術や使用建材の変化に伴って、こうした土壁の住宅が減少していたのですが、健康的な生活を守るということから近年見直されてきています。
では、どのような魅力があることで見直されてきているのでしょうか?

魅力あるメリットのひとつは耐震で、地震の初期の揺れに対して有効な耐震壁として働きます。
実は、地震時の力をいったん受け止めて、その後に絶妙に躯体にその力を受け渡す役目を果たすのです。
また、耐震性能だけでなく防火性能にも優れていて、火災初期に水分が蒸発して、その時の気化熱の仕組みで壁の表面温度が上昇するのを防ぎます。
そして壁体内の水分が抜けた後は、その抜けてできた穴が空気層を作って熱を遮断するので、外側が700℃になっても内側の表面温度は90℃程度にしかならないのです。
これは、東京大空襲の炎の中で辺り一帯が焼野原になった時でも、土蔵だけが残って中の物も無事だったことが証明しています。

粒子と粒子の間の中に100万分の1mm程度の空気中の水分を貯める隙間があって、それにより調湿性能も優れているのです。
空気の湿度が上昇すると空気中の水分を液体化してその隙間に貯めますし、外の空気が乾燥してくるとその水分を気体化して放出するのです。
このような仕組みで室内の空気環境を一定の範囲でコントロールする性能は大きなメリットと言えます。
また同様にタバコのヤニなども吸着しますし、人間に有害な物質を換気扇に頼らずに除去することが可能といった空気清浄の働きもあるのです。

このように魅力的なメリットがある一方で、施工時間がかかって工費が高くなりやすいといったデメリットもあります。
また、一概には言えないことですが画鋲は刺さりませんし、ボロボロと欠けてしまうこともあります。
それから施工する左官職人の腕の影響で左右される部分でもあるのですが、壁の角に年月を経るとヒビが発生することがあって、このようなデメリットがあることも知っておく必要があります。
ただし、そのデメリット以上のメリットがありますし、日本の気候風土を考えた時に適していると判断する方も増えてきていることから、改めて見直されてきているのです。

こうした土壁の上に白い漆喰を塗った白壁塗りというのもあって、この白壁が住宅を美しいヨーロピアンテイストにしてくれることもあるのです。
ただ、住宅全体が全て白にしてしまうというのも、平板な印象を与えてしまうので、外構エクステリアに用いるのがおすすめです。
門袖壁や門柱など門廻りやプライベートガーデンなど、色調が異なる部分で用いると全体を引き締めてくれますし、どことなく風格を高めてくれる感じがします。
海外の住宅な真っ白でも良いのでしょうが日本の住宅に適さないので、外構エクステリアで部分的に白壁でアクセントをつけてみるのがおすすめです。

いわき市 健康的な生活を守る土壁なら、「「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 漆喰という自然素材

2018-01-28 [記事URL]

漆喰という自然素材が再度注目を集めている

漆喰というのは、水酸化カルシウム・炭酸カルシウムを主成分とした日本特有の建材で、古い町並みを訪れると目にする機会が多いです。
消石灰にのりやすきを混ぜて水で練ったもので、土壁の仕上げ材として用いられると共に、瓦や石材の接着剤としても使用されることがあります。
日本では約4,000年前の遺跡で使用されていたことが判明して、そんなに古い時代から使われてきた建材ということに驚いてしまいます。
ただ日本の住宅の歴史の中でより便利なビニールクロスなどが登場したことで衰退しかけましたが、近年は性能に再度注目が集まって再度施工される方が増加傾向にあります。

大量生産の品物では出せない味わいが自然の風合いで、その独特の風合いが漆喰の壁のメリットですが、それ以外にも再度見直されてきている理由となる数多くのメリットがあるのです。
どのようなメリットがあるのかというと、それは特別な作用で元々強いアルカリ性を持った物質なので、結露や外壁の劣化などによって発生する壁の中のカビを防ぐことができるのです。
特に日本はじめじめした気候が特徴のひとつでもあって、カビの問題に敏感な方は少なくありません。
ただ目に見える場所のカビなら気付いてすぐに対処が可能ですが、壁の中となるとチェックするのも難しいもので、気付いた時には壁一面がカビだらけということもあるのです。
カビは様々なアレルギーや健康被害をもたらす原因となる恐ろしい存在で、そうしたカビを抑える作用は、とても大きなメリットと考えられます。

また原料が消石灰で二酸化炭素を吸収する特徴も持っていることから、消臭効果も期待できるので臭いがこもりやすいLDKにピッタリと言えます。
それから玄関の臭いを気にする方は多いもので、家族が日常的に使う場所であり、訪問者を迎える場所なので嫌な臭いは気になってしまいます。
その為、お客さんが来た時にはソワソワしてしまう方もいますが、玄関を漆喰の壁にすれば嫌な臭いが解消されてソワソワすることもなくなります。
万が一火災が発生した場合でも、燃えないので炎が広がるスピードを軽減してくれる効果も期待できるのです。

それから化学物質過敏症やシックハウス症候群の原因として知られているホルムアルデヒドを、吸着し分解してくれるといったメリットもあります。
このホルムアルデヒドは、様々な状況下で発生し得る物質で、完全に除去するのは困難と言われているので、それを除去や分解してくれるというのは心強いことです。
また同様の自然素材の珪藻土の壁やじゅらく壁と比較して耐久性が高いですし、つるつるとしていて触り心地が良いのもメリットです。
色や仕上げ方も選べるので、内装材として使用することを検討してみると良いです。
また、種類によっては内装だけでなくて外構にも採用することができるので、住宅の門周りや塀、庭の植栽などに使用してみるのもおすすめです。
外構エクステリアに使用することでデザイン性アップにもつながるので、左官職人に相談してみるのも良いです。

いわき市 漆喰という自然素材なら、「「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 左官工事

2018-01-26 [記事URL]

外構エクステリアなどにおける左官工事

クロスなどに使用される接着剤が原因で引き起こされるシックハウス症候群が問題になり、ホルムアルデヒドといった化学物質を含まない漆喰・珪藻土・じゅらく・シラスなどの自然素材が見直されてきています。
その為、クロスではなくて住宅の内壁として塗り壁が取り入れられることが多くなっています。
またモルタルが主流だった外壁施工においても漆喰・珪藻土などを使った外壁も人気になってきていて、左官工事のニーズがどんどん増えています。
これは、素材がいずれも体に優しいということもありますが、手作業で行われるため表面に小さな穴ができて、吸湿効果や臭いの吸着効果があるからです。
それから手作業ならではのデザイン性の高さも魅力的で、和風・洋風に関係なくデザイン性の高い施工が実現可能です。
外壁においても平らな仕上げに限らず曲面や凹凸を表現することができてデザイン性に優れていますし、防火性や耐久性があることも人気の要因です。
また、ひび割れの補修も容易に行うことが可能という点も住宅の外壁として人気がある理由と考えられます。
このように左官工事と言えば内壁や外壁の工事を連想する方も多いですが、外構エクステリアにおいても左官職人の繊細な技がより美しくより機能的なものにしてくれるのです。

住まいの外観を美しくする、機能性を高くして便利な暮らしにするなど、最適な外構エクステリア工事を希望される方もいます。
実は、こうした外構エクステリアも左官工事の技術が活かせる場所のひとつなのです。
例えばどのような工事かというと、玄関アプローチで門扉から玄関までを繋ぐ場所に、敷石を置いたりレンガやタイルを敷き詰めたりするものです。
プロに任せることで表情豊かにデザインできますし、階段を設ける場合でも歩幅に合った高さと幅にしてくれるので、何らストレスなく歩行することが可能になります。
同じく来訪者を迎え入れたり防犯面や子供の飛び出し防止などの役割をしたりする門まわりも、プロに依頼するとお好みやテーマに合わせて施工してくれます。
大切な車を雨や紫外線から守ってくれるカーポートを設置する際に、敷石やレンガ・インターロッキングなどの施工でも、左官工事が大活躍してくれるのです。
このように外構エクステリア工事においても、左官職人は欠かすことができない存在になっているのです。

それから、大きさ・色・質感など豊富なバリエーションの中から選んで、住宅の雰囲気や外構デザインに合わせることができるタイルやブロック工事においても、左官職人の技術は欠かすことのできないものになります。
水に強いタイルを使用することによりフローリングにありがちなシミ汚れを防ぐことができますし、汚れても簡単に拭き取ることができるので掃除の手間を省くことができます。
また外構部分に取り入れる場合でも、色あせや変色が起きづらくて傷もできにくいので長期間美しいデザインを保つことができます。
こうしたタイル工事も左官職人の技術によって、おしゃれに彩ることができるのです。
同じくブロック工事においても、左官職人の技術によってデザイン性の高い塀をつくりあげることもできるのです。

いわき市 左官工事なら、「「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 レンガ貼り

2018-01-24 [記事URL]

独特の味わい深さや温かみのある雰囲気を実現するレンガ貼り

粘土に泥や砂などを加え練った材料を型に入れて乾燥か素焼きした建築材料がレンガで、モルタルを接着剤替わりとして積み上げていくことで建築物を作れます。
レンガには独特の風合いがあって、それは土に含まれる成分や乾燥・焼きムラの違いが作り出す自然感のあるもので、温かみのある雰囲気を実現してくれるのです。
その為、単に建築物だけではなくて、住宅の玄関周辺のアプローチや花壇、門柱などでレンガ貼りを取り入れる方も増えてきています。
一般的なブロック塀と比較して時が経てば経つほど独特の味わい深さが出て来るので、外構エクステリアとして使用することで住宅の顔が大きく変わります。
他の住宅と差を出したいと考えるのなら、外構エクステリアで取り入れることを検討してみるのもおすすめです。

レンガは色・形・大きさなどにより様々な種類があって、どの種類のレンガをどこに用いるのかで仕上がりに大きな差が出てきます。
外構エクステリアでどの場所にどんなレンガを使うか、またレンガ貼りするのに用いるレンガはなどを考えながら選ぶのも楽しみのひとつです。
そこで、一般に入手可能なレンガの種類には、どのようなものがあるのかを知っておくと参考として役立ちます。
まずレンガには普通レンガと耐火レンガがあって、普通レンガは水に強いですが耐火性は低いです。
一方耐火レンガはその逆で耐火性はありますが水に弱いという特性があって、外構エクステリアやガーデニングで活用するのは基本的に普通レンガです。
レンガと言えばすぐにイメージするのが赤レンガで、もっとも安くてJIS規格により様々なサイズがあるので使いやすいですが、その反面デザイン性はやや低めと言えます。
この赤レンガよりも若干黒っぽく固いのが特徴で、吸水率が少ないレンガが焼き過ぎレンガです。

レンガの中でも比較的人気が高いのが古い建物などを解体した際に出たアンティークレンガで、味のあるレンガが多いで人気ですが、かけていたりモルタルがついていたりすることもあります。
国産レンガよりも少し大きめなのがオーストラリアレンガで、少し柔らかいので水を含むと苔が生えてしまうこともあります。
同じく柔らかいレンガとしてベルギーレンガというのもあって、こちらは側面にボコボコした感じがあってアンティーク風な出来栄えになります。
スマイルマークや文字付など様々な種類の飾りレンガというのもあって、アクセントとしてところどころに配置して使うのがおすすめです。
軽量化されている外壁用レンガというのもあって、外壁に貼りつけたり室内のアクセントなどに使用したりすることができます。
外構エクステリアではできませんが、物によっては両面テープで貼れる種類もあります。

外構エクステリアの設置やリフォーム工事において、好みのレンガを選んで施工することで魅力的な住宅になります。
また、レンガ独特の味わい深さも交わって、他にはない雰囲気を演出できるので、この機会にレンガの良さを知ってレンガ貼りを検討してみるのも良いです。

いわき市 レンガ貼りなら、「「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 ガーデニングを楽しむ

2018-01-22 [記事URL]

植栽目隠しをするにしてもガーデニングを楽しむこと

住宅の庭に植栽をする場合には様々な目的があって、それにより植栽の種類にも違いが生じてきます。
では具体的に植栽の用途には、どのようなものがあるのかというと、まずは庭などの木陰作りがあって日光を優しく遮り快適な空間にしてくれます。
ですからテラスやデッキ周辺などのくつろぎのスペースには適していると考えられます。
見た目を楽しむというのも用途のひとつで、花・実・葉の形など様々な楽しみ方ができます。
例えば、春に花をつける桜や秋の紅葉を楽しめるモミジなどは定番ですし、他にも様々な特徴を持った樹木がたくさんあるので、いくつか植えて四季折々に移ろいゆく庭にするのもひとつの方法です。
花壇でハーブを育てたり庭にミカンの木を植えたりする収穫を楽しむという用途もあって、実際に食べる物として植栽を楽しむ方も増えています。
それから外からの目線を遮る目的で用いられる植栽目隠しというのもあって、枝葉が密生した樹木が使われて、フェンスなどを使用するよりも見栄えが良くて効果的です。

実は、通りや隣の住宅からの視線が気になるけど、塀を作ったりフェンスを使用したりするのでは、目隠しをしていますとアピールしているようで、避けたいという方も少なくないのです。
例えば、庭に出て洗濯物を干す時に近所の方と会うと気まずかったり、テラスで食事をする際に目隠しがあると良かったりするものです。
そこで楽しく植栽目隠しをする方法を、ちょっとした豆知識として知っておくと参考として役立ちます。
そのひとつの方法は、目隠しのフェンスをしながらガーデニングを楽しんでしまうといったものです。
具体的には、目隠しフェンスにガーデニングで植えたお花や植物を飾ったり、目隠しフェンスの下の部分に空間を設けて花や植物を見えるように植えたりするのです。
こうすれば、目隠しフェンスを設置したとしても、あくまでお庭のガーデニングのひとつですよとアピールすることもできます。
庭でガーデニングを楽しみながら気になる周囲からの視線をさりげなくカットすることができるので、目隠しにガーデニングの要素を取り入れて見るのもおすすめです。

もうひとつ背の高い木をプライベートで目隠ししたい場所に植える方法があります。
これなら目隠しをするのと同時にガーデニングの一環として緑豊かな庭を作ることができます。
ただ、目隠しフェンスと比較して奥行きが必要になりますし、季節によって形が変わったり密度が一定でなかったりするなどのデメリットはあります。
しかし、そうしたデメリット部分を差し引いても植栽の緑で目隠しすることは、見た目の変化が効果的で相手に気づかせることなく効果を発揮することができるのでおすすめです。
ちなみに目隠しが目的で植栽するのですから、一年を通して効果が期待できる常緑であることは絶対条件になります。
ただ、目隠しの効果だけを期待するのではなくて見栄えの良さも期待したいもので、植栽目隠しするにしてもガーデニングを楽しむことは大切なことです。

いわき市 ガーデニングを楽しむなら、「「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 外構エクステリア

2018-01-20 [記事URL]

外構エクステリアにタイル貼りを取り入れるのなら

台所・洗面台・お風呂場など水回りだけではなくて床をタイル敷きにしたり、改良により割れにくいタイルが登場したことからカーポートに使用されたりしています。
また雨などによって汚れを勝手に落としてくれるタイルも登場していて、外壁にもタイルが使用されるケースも増えています。
それから近年では、タイル貼りを庭にしてテラスをつくる家庭も増えていて、タイルもライフスタイルの多様化により様々な場所で活躍するようになっています。
よってさまざまな変化がもたらされています。

では、このように様々な場所でタイル貼りをするメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?
まずメリットは、傷に強くダニやカビの繁殖を抑えることができますし、汚れや水分を吸収しないので手入れの手間を省くことができます。
また色が豊富なのでどの空間にも合わせることが可能ですし、他の建材と比較してメンテナンス費用が抑えられます。
そして、色あせや変色がないのでいつまでもきれいなままというのもメリットのひとつと言えます。
一方デメリットとして考えられることは、初期費用が他の建材と比較して高くなってしまうことです。
また、施工にモルタルを使用すると他の施工方法とくらべて工期が長くなることもデメリットと言えます。
ただ初期費用がかかってしまいますが、メンテナンスなどの維持費用を考慮して長期的に見るとお得なケースもあります。
工期についても現在はモルタルを使用しない湿式工法で短縮を図ることができるので、大きなデメリットになることは減少しています。

しかし外構エクステリアの場合は、やはり初期費用の面などでコンクリートだけで工事を完了させてしまうことも少なくありません。
でも、外構エクステリアを石張りやタイル貼りなどによって、アクセントを入れることで、同じ工事内容でも見違えるような外観を手に入れることができます。
例えば、敷地の入り口から玄関までのアプローチや塀に採用するだけで、見栄えを華やかにすることができますし、エクステリアに石やタイルを採用することで他の家の庭と異なる演出ができます。
また年月が経つと共に味が出るので10年・20年先も楽しめますし、雨に濡れると庭の表情が変わるため味わい深い庭になるのです。
ただ、先に触れたように、職人が一つ一つ手作業で施工するので、庭全体を施工するとなれば莫大な費用が必要になってしまうので、どうしても躊躇してしまうことも少なくないのです。

そこで、外構エクステリアで石張りやタイル貼りを採用する場合には、庭全体ではなくて駐車場やアプローチの一部に取り入れると良いです。
そうすればおしゃれですてきなエクステリアを低価格で実現することが可能になりますし、ワンランク上の外構になります。
その結果、周囲の家の庭と比較しても自信を持って自慢できる外構エクステリアにすることが可能です。
このように費用をかける場所とそうでない部分を分けて、施工業者と費用を考慮した打ち合わせをしていけば、ピッタリのプランを実現できることを知っておくと良いです。

いわき市 外構エクステリアなら、「「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 庭リフォーム

2018-01-18 [記事URL]

庭リフォームを失敗しないための注意事項は?

外構エクステリアのリフォーム工事で1番多いのは、庭リフォーム工事ではないかと考えられます。
その理由は、新築時に予算や時間の関係などで、どうしてもじっくりと考える事ができなかったり、居住してみて明確なビジョンがみえたりすることがあるからです。
ようやく憧れの住み良い生活空間を実現できる状況になったのなら、リフォーム工事を検討してみるのもおすすめです。
庭はスペースの大小関係なくプランニングにより華やかさや個性が出せる場所ですし、土地の形状や条件の影響を受けることが少ないのでかなり自由なプランニングが可能です。
ただ、失敗しないための注意事項を施工する前に、豆知識として知っておくと参考として役立ちます。

庭リフォームをする際の注意事項のひとつ目は、しっかりと予算を決めておくことです。
予算が明確になっていれば施工業者側も、その予算額に応じたプランを提案しやすくなります。
逆に、予算が決まっていなくてアバウトなままプランを考えると、ついついあれもこれもとなって、結果的に予想以上の費用がかかることになるものです。
失敗しないためにも費用をかける箇所と抑えたい箇所を考えて、コストのバランスをとることが大事なので予算上限を事前に決めておくのがベストです。

リフォーム工事が終わってから後悔しないように、事前にほしい機能や使い勝手を考えるのも大切なポイントです。
お庭はデザイン性も大事ですが、それに加え実用的で機能的なものでなければならないですし、メンテナンス面も考えておくことも大切です。
その為にも、目的意識を明確にして現在の不満点を解消すべく要点をまとめて、実用性をチェックしておくことも失敗しないためには必要です。
それから、色・形状・スタイルなどデザインは個性が現れるところなので、建物の雰囲など合わせるのはもちろん、周囲の景観とのバランスも考えて決めることも大切です。
その為に、雑誌やインターネットなどを参考にして、ある程度のイメージを掴んでおくことはおすすめしたいことです。
ただし、あくまでも参考でイメージを固めすぎると工事予算がオーバーしてしまうことも考えられるので、予算を考慮したポイントに添うプランにすることです。

意外と忘れてしまいがちなことが防犯対策で、庭リフォームで防犯意識を高めることができることを理解しておくことも大事です。
その為にもセキュリティを重視したプランにすることも大切で、侵入者が隠れにくいようにすることをおすすめします。
住宅の防犯性能を左右する重要なポイントになることも忘れずに、デザインや予算と共に防犯面も考慮することです。
また、防犯性能と共に忘れがちなのが耐久性と耐震性で、これを軽視すると後々困る可能性も考えられます。
最近多発している様々な自然災害にも耐えうるものを作っていかなくては、想定外の被害が発生してしまう危険性があるのです。
こうしたことをきめ細やかに考えて、施工業者と相談しながらリフォームプランを考えていくことをおすすめします。

いわき市 庭リフォームなら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


いわき市 庭の大木の伐採

2018-01-16 [記事URL]

庭の大木の伐採は安全などを考えてプロに任せるのが一番

住宅の庭で育ち過ぎた大木が邪魔で処理したいけれども、とても大きな木なのでどのようにして伐採すれば良いのかで困っている方もいます。
しかし、そのまま放置しすぎると近隣に迷惑をかけてしまう可能性もあるので、大きなトラブルになる前に処理したいものです。
ただ、ホームセンターなどで販売されている切りやすく加工された木材と庭に生えている庭木は違って非常に切ることは困難です。
また伐採ができたとしてもむやみに放置したままの状態にしたり、適当に捨てたりすることは禁止されているので、処理に困ってしまうこともあるので注意が必要です。
仮に居住している地区の自治体が庭木を可燃ごみとして捨てられるとしても、ごみ袋に入る大きさや既定の長さに切ってまとめて出すことも大変な作業になってしまいます。
それから市のクリーンセンターなどに持ち込むにしても、トラックなど木を運搬する手段がないと困難になってしまいます。

未経験者が無理なく伐採ができるのは、高さ2m以内で幹の太さは20cm以内と考えられています。
これ以上のサイズの大木の伐採は非常に危険が伴いますし、特別な技術も必要となるのでプロに任せることが一番の賢い選択と言えます。
また、先に触れたように伐採した木を処分することを考えても、プロに相談してお願いすることが有効な手段と考えられます。
ただ大木の伐採をプロに依頼するにしても、伐採作業の適切な方法や手順を豆知識として知っていると打ち合わせをしやすいです。
また、作業工程や安全管理などでおかしな点がないのかを、しっかりとチェックすることができます。

大木の伐採をする時の一般的な手順は、まず木を倒す方向を決めて、倒したい方向にロープを張ります。
これは伐採した木が作業しているひとの方へ向かって倒れる危険を回避するために行うもので、これは必ず行う必要がある作業です。
次に切れ込みを入れるのですが、細めの木の場合なら人の肩程度の長さで一度切って、それから根元の方を切っていきます。
また根元を切る際にはあまり根の近くにすると根の除去が面倒になるので、約10cm程度残した状態で切るようにします。
一方幹が太い木の場合は、まず倒す方向の幹に45度程度で切り込みを入れて、下部は水平になるようにします。
その後、倒す方向と反対側の幹に作った切り込みの約3分の2程度の高さで水平に切り込みを入れます。
これは指定した倒木方向に倒れやすいようにするために必要不可欠な作業で、伐採というのは単に木を切り倒せば良いというものではないのです。

このようにして伐採が終了したら次は根の除去で、シャベルで土を掘って根を除去すれば伐採は完了となります。
ただ上手く掘り起こせない時にはシャベルだけではなくツルハシなども使用しますし、根が深い場合は除草剤などを用いて根を枯らす必要があります。
ただ外でペットを飼っている場合や花を育てている場合には、除草剤を使用したことによる影響が発生することも考えられるので、そのような場合には事前に打ち合わせをしておく必要があります。

いわき市 庭の大木の伐採なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME