いわき市 庭づくり

いわき市 庭づくり

空間を楽しむための庭づくり

・庭づくりの注意ポイント
庭づくりといってもコンセプトやデザインなどに様々な選択肢があって、しかも簡単に造り直しすることはできません。
その為、イメージ通りのものを造り上げるのに必要な基礎知識を知っておくことが大事です。
まず庭づくりに取りかかるための注意すべきポイントの1つ目は、庭のテーマ・コンセプトを固めることと言えます。
庭づくりでは、洋風にするのか和風にするのか、和洋折衷のスタイルにするか、ガイドラインとしてテーマを決めておくことは重要です。
それにより植える植物や配置するインテリアなどが決まるので、初めに決めておきましょう。
2つ目は現場・環境をチェックすることで、敷地条件との兼ね合いがあってこそプランニングが可能になるのです。
また周囲の町並みと調和したデザインにすることも必要で、その為にも庭の図面に簡単なプランを書き込んでみると良いでしょう。
数十年にわたり長く居住することになるので、将来的な家族のライフスタイルを考えることも大切です。
庭のデザインを考えるにあたっては、子供の遊び場は必要か、子供が成長したらどうするか、ペットを飼う予定はあるのかなど、家族で話し合い具体的なイメージを固めましょう。
4つ目は維持・管理のことを考えることで、庭は造ってしまえば終わりという訳にはいきません。
定期的にメンテナンスをしないと、すぐに草木が伸び放題になって汚く見えてしまいますし、虫対策・落ち葉の清掃など季節に合わせた維持管理も必要です。
維持・管理しやすい庭づくりも重要なポイントになります。
最後に予算との兼ね合いも大切なポイントで、一般的には住宅の建築費用の1割程度の予算がちょうど良いと言われているので、必要に応じて節約しながら検討することです。

・どのような素材が使われるのか?
使用する素材を選ぶにあたって考えることは建物や周辺環境との調和で、周りと比較し浮いてしまわないようにすべきと言えます。
また、耐久性や管理のしやすさも大事なので、その点も含めて考える必要があるのです。
庭づくりでよく利用される素材のひとつにレンガがあって、洋風の住宅に適した素材と言えます。
ただ価格によって耐久性などが異なるので、ガーデニングやアプローチなど長持ちさせたい場所に使用する際には良く選んだ方が良いです。
また、あまり積みすぎると重くなってしまう可能性も考えられるので注意が必要となります。
タイルはデザインや大きさの種類が豊富で、どのような住宅にもマッチさせることが可能です。
コンクリートやブロックなどの基礎の上に敷いていくのが一般的で、駐車スペースなどの仕上げにアクセントとして使用するのも良いでしょう。
石張りはレンガより値段が高めですが高級感が増しますし、丈夫なので長持ちしてアプローチ部に敷くと滑りにくいです。
ただ厚さや大きさが異なることもあるので、敷く時には割って調節しながらの作業になる可能性が考えられます。
塀を造る際には、デザインが色々と選べて値段もブロックなどとそれ程変わらないので塗り壁もおすすめです。
しかし塗り材により汚れが付きやすいものもあるため、その点はよく確認しておく必要があります。
それから塀にこだわりたいのなら、形の自由度が高くてイメージ通りのものが出来上がるのでコンクリートが良いです。
ただ施工に必要な技術も高くなるため少々値段が高くなってしまうこともあります。
外からの視線を優しく遮りたい場合には生垣・竹垣が有効で、竹垣を用いることで和風なイメージになりますし、町並みの緑化にもつながるのです。
また地域により緑化政策の一環として助成金が支給される場合もあるので、一度確認してみて見ると良いでしょう。

・どの程度の費用がかかるのか?
庭づくりは、芝生や砂利を敷くなどの基礎的な工事、サンルームやウッドデッキなどの設備を設置する工事、庭全体を造る工事の3種に分けられます。
それぞれどの程度の費用が必要になるのか、ひとつの参考として知っておくと役立ちます。
まず基礎的な工事については、どのような工事をするかにもよりますが、一般的には1平米あたりの値段で計算する業者が多いです。
ただし既存のものを撤去してから行う工事の場合には、その撤去費用が別途かかる場合があります。
新規設備の設置は、何を設置するかによって大きく変わってきますが、大半の工事は約50万円~100万円程度で収まることが多いです。
ちなみに、サンルームなら設備自体の値段+施工費用、ウッドデッキやテラスなら1平米あたりの値段で決まります。
庭全体のリフォームや新築住宅に庭を造る工事など庭全体の工事は、大掛かりかつ様々な素材を使用するので100万円を超えてくる可能性が高いです。
そのため予算オーバーになりやすいので、資金と理想の妥協点を考える必要があります。
ただ快適なガーデンライフをおくるためには、納得のいく庭づくりをすることが大切なので、しっかりと業者と相談して検討することをおすすめします。

いわき市 庭づくりなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME