いわき市 ウッドデッキをリフォームする

いわき市 ウッドデッキをリフォームする

ウッドデッキをリフォームする際に知っておきたいこと

素材として選ばれるハードウッド
ウッドデッキの素材としては、大きく分けて天然木と木粉を配合している人工木を含めた樹脂木があって、作る方の多くは天然木を選びます。
どうせ作るならやっぱり天然木という方が多いためですが、天然木にはソフトウッドとハードウッドがあるのです。
ソフトウッドとは、その文字通りに柔らかい木材で、安くて手軽に購入できるのと節があるため雰囲気が良いと人気ですが、このように軽い材は約1~2年程度で腐ってしまいます。
理由は簡単で、木自体があまり強くないため、虫に食われたり水が浸透したりして腐ってしまいます。
比較的耐久性が高いヒノキや杉でも適切なメンテナンスをしないと、約2~5年程度で腐って、こまめに防腐塗料を塗り直すとある程度は長持ちさせることができますが、それにも限界があります。
また防腐剤注入をしたソフトウッドであっても、基本的に木材の内部まで浸み込んでいるのではないため、ハードウッド並みの耐久性を持たせるのには限界があるのです。
一方のハードウッドというのは密度が高い堅木のことで、日本ではケヤキや栗などが知られていますが、硬く・強く・長持ちする海外材をハードウッドと一般的に呼んでいます。
このように特徴に違いがあって、表面的な価格だけで見ればソフトウッドの方が圧倒的に安いのでお得に感じますが、トータルで考えるとハードウッドの方が圧倒的に得です。
その理由は、先にも触れましたがソフトウッドは耐久性が低いので、毎年の防腐処理やメンテナンスが必須になるけど、ハードウッドはメンテナンスなしでもOKになるからです。
また価格だけではなくて、仕上がりの見栄えを考慮してもハードウッドがおすすめで、このような理由からハードウッドを素材として使用される方が多くいます。

屋根を付けるリフォームがおすすめ
ウッドデッキに屋根を付けるリフォームはおすすめで、屋根が付くことで様々なメリットが得られますし、便利な使い方ができるようになるのです。
屋根を付けるメリットとしては、劣化の大きな要因となる雨や雪から守ることができますし、室内への雨の吹き込みも防いでくれます。
また表面の日焼けを予防したり夏場の温度上昇を抑えたりする効果があるので、暑すぎず眩しくならないため天気の良い日にバーベキューを楽しんだり、読書をしたりすることができるのです。
それから、紫外線をカットする役割を担ってくれるので、そこで遊ぶ子供やペットにも優しいと言えます。
テーブルや椅子を置いてリビングの延長として使用する選択肢も生まれて、このように天気に左右されにくくなれば自然と楽しみ方は増えるものです。
屋根を付けるリフォームは家事の面でもメリットがあって、雨の日も洗濯物を干すことが可能になりますし、外出中に雨が急に降ってきた時でも安心です。
またデザイン性の高い屋根をつけると家の見た目も良くなりますし、室内の目隠しにもなるのでプライバシーを確保しやすくなるというのもメリットとしてあります。
ただし、その一方で屋根を付けるデメリットもあって、上への開放感がなくなって空間が狭くなったような感覚になる可能性があるので、屋根の素材やサイズを施工前にイメージしてみることが大切です。
屋根を付けると室内に日差しが入りにくくなるので、冬場は室温が下がって暖房費がかかる場合がありますが、夏場は室内の気温が下がって、冷房の使いすぎを防止できるのでメリットともデメリットとも言えます。
また周りに壁がないため強風が入り込みやすくて、屋根が壊れる可能性が高くなりますし、使用される素材によっては汚れが目立つといったデメリットがあります。
それから豪雪地域では雪が積もって重さに耐え切れずに壊れる可能性があるので、こうしたデメリットを考慮して屋根の形状や素材を吟味する必要があるのです。

施工する際の価格と費用の相場
使用する素材・形状・設置場所によって、ウッドデッキと一口に言っても費用は大きく変わってきますし、材質によってはメンテナンスの頻度も変わるので、ランニングコストにも注意が必要になります。
そこで、素材の特徴と施工費用について、大まかなことを知っておくと参考として役立てることができるのです。
天然木の特徴は何といっても風合いの良さと長年の利用による使用感の良さですが、天然の素材を使用する以上は、反りや色褪せによる手直しが必要になってしまいます。
また、シロアリ予防・駆除に手間がかかり、メンテナンスの手間もコストもかかるのです。
費用の一般的な相場としては、1平米あたり約18,000円から19,000円程度と言われているのです。
樹脂を用いた人工木の特徴は、見た目は木材に見えますが木粉と樹脂を混合して熱と圧力をかけて成型しているので、反りや歪みなどの発生は少ないです。
また色あせについても気にならないレベルで、1度設置するとほとんどメンテナンスの手間がかからないといったメリットがあります。
ただ樹脂を用いているために夏場は熱くなりやすいですし、衝撃にもやや弱いといったデメリットがあるのです。
施工費用はメーカーによって異なりますが、2間×6尺(約6.6平米)で約16万円から約18万円程度が一般的な相場と言われています。
それから、施工費用の内訳にデッキを支える束柱が追加工事費として含まれることがあるので、設置場所により発生することを知っておく必要があるのです。
また目隠し用にフェンスを取り付けた場合にも追加工事費が発生するので、それらのことを施工前にしっかりと確認しておきましょう。

同時にエクステリアもリフォーム
ウッドデッキを設置する際に、外構のリフォームも一緒に行うこともおすすめで、人気のあるウッドガレージやサンルームを同時に施工することも考えると良いです。
外構スペースに余裕がなくてウッドデッキが設置できない場合でも、ウッドガレージの2階部分を活用することができます。
また屋根を設置するだけではなくてサンルームとして利用するのもおすすめで、同時にリフォームしてしまうのも良いです。

 

いわき市 ウッドデッキをリフォームするなら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME