いわき市 漆喰壁

いわき市 漆喰壁

住まいを心地良くする機能性が多い漆喰壁

・暮らす人に必要な壁材?
高い防火性や明光性が評価されて城や武家屋敷の壁に使用されてきたと言われているのが漆喰です。
現代では優れた調湿機能など住まいを心地良くする機能が着目されて、室内壁としても広く使用されています。
このように昔から現在に至るまで、不燃性・明光性、調湿性など、漆喰の持つ高い機能性からいろいろな建物に使用されているのです。
また、塗り方によりひとつひとつ違った表情を楽しめる点も好まれる理由で、世界に一つしかない表情を作れる意匠性も注目されています。
その為、心地よい住居空間を求める方が、漆喰を使用したいという声が多くなってきているのです。
ただ、日本の伝統的な家屋の漆喰壁は何となく知ってけど、具体的にどのようなものなのかはあまりよく知らないという方が多いと言えます。
優れた機能性などから暮らす人に必要な壁材として活躍している漆喰の基礎知識を知っておくと良いです。

・漆喰とは何か?
石灰石を焼いて水を加えた消石灰(水酸化カルシウム)を主原料とした塗り壁材が漆喰です。
石灰石はサンゴの群生したサンゴ礁がルーツで、長い年月をかけてサンゴ礁が地殻変動などで隆起して、陸地になった石灰鉱脈から石灰石を採掘します。
この採掘した石灰石を焼いた消石灰に、つなぎとして使用される糊やスサを加えて水で練ったものが漆喰です。
ちなみに、つなぎとして使用される糊やスサは、繊維質のものが使われることが多いですし、糊成分や繊維質に関しては時代や地域で異なります。

・手軽にお手入れできる壁
現代の住宅では、低コストや工期の短縮といったメリットが有って、低価格で施工することができることから、ビニールクロスを貼って壁を仕上げることが一般的です。
ただビニールクロスは経年劣化の進行が速いために、定期的に張り替えなどを実施する必要があります。
一方漆喰壁は、長い期間を経過しても見た目の変化がほとんどなくて、最初に塗ったきれいな状態を長期間キープすることができるのです。
また消石灰を主原料にしている漆喰壁は、静電気をため込まない性質を持っているため、ほこりやゴミなどが付着しにくいといった特長があります。
それから子供が壁に落書きして汚してしまうと、ビニールクロスなら張り替えないといけませんが、漆喰壁なら落書きした上から薄く漆喰を上塗りすればきれいになるのです。
このようにビニールクロスと比較して、メンテナンスしやすいところが漆喰壁のメリットのひとつです。

・漆喰のメリット
漆喰の主原料の消石灰は、二酸化炭素を吸収することにより少しずつ石灰石へと戻って固まっていきます。
石灰石に戻るまでには約100年以上の長い時間がかかり、ゆっくりと呼吸をしながら時間をかけて固まっていくことで居室を心地よくしてくれるのです。
また漆喰壁が呼吸をすることにより、冬場の乾燥や夏場の湿気を防ぐ効果が期待できて、この優れた調湿機能により年間通じて部屋の湿度を快適に調整してくれます。
それから気密性に優れた現代住宅では結露が発生することもありますが、呼吸をする漆喰壁なら湿気を吸い湿度を調節するので部屋の結露予防にも繋がるのです。
高い明光性を持つ漆喰は月の光に反射するので防犯対策になりますし、主原料である消石灰は無機質の不燃性なので防火対策にもなります。
この漆喰の不燃性は、現代住宅の台所にも安心して使用できて、暮らしを守るという点でも注目できる魅力です。
ビニールクロスなどの壁紙に使用される接着材料や、家具などから揮発されるホルムアルデヒドがシックハウス症候群に関係していると言われています。
このホルムアルデヒドを体内に吸収すると、のどの痛みやアレルギー症状を発症する恐れがあるのです。
しかし漆喰はホルムアルデヒドを吸着して再放出しない壁材なため、シックハウス症候群対策にも有効で優しい住居空間を生み出してくれます。

・漆喰のデメリット
漆喰壁は魅力的ですが、ビニールクロスと比べて手間がかかりますし、施工費が割高となるといったデメリットがあります。
ただビニールクロスのように何度も張り替えをする必要がないので、長期的な視野に立つとビニールクロスよりコスパに優れた壁材といえるかもしれません。
施工下地の状態や施工環境の影響でひび割れが発生することがあって、ひび割れの起きる可能性があるというのもデメリットです。
ただ下地処理から仕上げ塗りまで正しい施工手順をとることで、ひび割れのリスクを最小限に抑えられますし、薄く上塗りをしてひび割れ処理することが可能になります。

・塗り方のバリエーションはいろいろ
薄く塗った漆喰をコテで押し付けるようにしてフラットにするコテ押さえ仕上げや、左官職人の技で鏡の様に光沢をだす磨き上げという塗り方もあるのです。
また、現在では凹凸感溢れるヨーロッパ調の仕上げや、コテの跡を残した仕上げもあって、仕上げのバリエーションがいろいろあります。
自分で塗る漆喰DIYでオリジナルの壁をつくるのも良いですが、左官職人の高い技術が光る仕上がりで壁の味や雰囲気を楽しむのもおすすめです。

いわき市 漆喰壁なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME