いわき市 ガーデンルーム

いわき市 ガーデンルーム

ガーデンルームの増築で庭をくつろぎ空間に

・ガーデンルームとは
ガーデンルームは、天井・壁・扉がガラスやアクリルで造られていて、最大限に太陽光を取り込める設計のサンルームと同様に直接部屋に繋がった空間です。
ただサンルームと比較してガーデンルームはより室内に近い構造が特徴で、天候や季節の影響を受けにくく、年間を通し暮らしやすい空間になります。
また、折り戸パネル式に外壁にあたる部分をすることで、気候が良い時には庭と一体化した開放的なテラスに、寒い時や雨の際は締めてリビングとして使い分けができるのです。
一般的にはリビングの延長のテラスやデッキ、庭先に離れとして設置されることが多くて、庭や外の景色を堪能できます。
それから、庭につくる部屋として生活に幅を持たせる空間になるだけではなくて、屋上に設置したり、プールサイドに設置したりと様々な使い方もあるのです。
このように、リゾートのようなリラクゼーションと開放感が得られる空間として、ガーデンルームはとても注目を浴びています。

・メリットとデメリット
ガーデンルームがあることで庭に出やすくなるため、気軽に自然と触れられ癒やし効果が得られるといったメリットがあります。
また完全な戸外ではないので、虫などの心配も少なくストレスも軽減され、自宅でのアウトドアライフを充実させられるといったメリットもあるのです。
それから、居住としての快適性を高めた空間なので、室内からの床をフラットにすることにより、もうひとつの部屋のような空間が生まれます。
また、雨の日でも洗濯物を干すことができたり、衣類に花粉が付く心配が減ったりなど、生活の実用面でもメリットがあるのです。
その一方で、季節により温度調節が難しい場合があって、マメに日射や風通しの対応が必要になるといったデメリットがあります。
また外部からの人目が付きやすいことや、防犯面にも注意が必要ですし、リフォームで設置する時には、敷地の用途により建築できる面積が法規で決まっているため注意が必要です。
それからガーデンルームは大がかりな工事が必要となるため、完成品が販売されているサンルームよりも施工費用が高くなります。
施工前に費用やメリット・デメリットを知って、本当にガーデンルームが必要かどうかについて判断することも大事です。

・開口部の種類
ガーデンルームには様々な種類やサイズがあって、ザイン性に富んだ多様なものがあります。
その為、どう使い、どのようなデザインにするのかは、よく検討して選択する必要があるのです。
特に開口部はガーデンルームの特徴なので、使う目的や使い勝手を最適なものにするためにも、窓やドアの種類、開け方の違いなどを知っておくと参考になります。
出入り可能な開口部のテラス窓は、外への出入りが可能な引き違い窓で、金具が三日月のような形をしているクレセント錠で施錠することもできるのです。
引き戸はテラス窓と同様に出入り可能な引き違い窓ですが、テラス窓と違っていて開閉するための引手の部分や錠の形状は和風住宅の玄関に近いイメージになります。
折りたたみ戸は片側しか開放できないテラス窓や引き戸と違って、開口部分を全面開放できるといったメリットがあるのです。
スライドドアは、左右に引いてスライドできるガラス戸で、シンプルでおしゃれなデザインですし施錠もできます。
片開きドアは片開きのガラスドアで、ガラスドアなので中からの視認性が良いですし、外からも施錠ができるため防犯性にも優れているのです。
風通しをよくする開口部の高窓は、上部は引き違い・下部はめ殺し窓といった構成になっていて、網戸をつけることも可能なので窓を開けて通気性をよくすることができます。
細長い羽板を斜めに傾けて、隙間を開けながら平行に並べたルーバーを取りつけた窓がルーバー窓です。
このルーバーの隙間から風通しをよくすることができるので窓の開け閉めは必要ありませんし、ルーバーの開閉も可能になっています。

・増築する際の注意点
リビングなどの屋外側に取り付ける形になるので、増築の設置方法により接続部分から雨漏りを起こしてしまう可能性があります。
そのようなことを回避するためにも、施工の際にはシリコン製のシーリング剤を充填して雨漏りを防止する必要があるのです。
また施工する際には日当たりについても注意が必要で、日当たりが悪い場所に設置しては太陽の光が内部に入ってこず、本来の良さを十分に発揮することができません。
逆に日当たりが良すぎる場合も問題で、夏場の日差しで室内温度が上昇し快適性が失われる可能性もあるのです。
そのようなことを回避するためにも、日当たりのシミュレーションを実施して、年間を通して快適な日当たりになる場所を選択しましょう。
また夏場の日差し対策ができる製品を選択することも、日当たり問題の解消につながるので検討すると良いです。
ガーデンルームの増築で建物の延べ床面積が増加すると、その分も固定資産税の課税対象になり固定資産税が増加します。
また不動産の登記内容の修正も必要になるので、これらの点についても注意が必要です。

いわき市 ガーデンルームなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME