いわき市 サンルーム

いわき市 サンルーム

様々な用途で活用できるサンルームを検討

・サンルームとは?
簡単に言うとサンルームは、壁や天井がガラス張りになっていて、多くの太陽光を取り入れることができる部屋です。
欧米などでは、建物の一部として住宅を建てる段階から設計するケースが多いですが、日本では後からリフォームするケースが多くみられます。
その用途は、家族のくつろぎの空間、ガーデニングスペース、物干し竿を設置して洗濯物を干すなど様々考えられるのです。
このように他の部屋と同様に使うことができるので、サンルームの基礎部分も建築基準法に準拠している必要があります。
ちなみにガーデンルームは、リビングの延長としても庭の延長としても使用することが可能な空間で、折り戸で全面開放ができるといった特徴があるのです。
ただしメーカーにより呼び名や機能に違いがみられるケースがあります。
またテラスは地面より一段高いスペースで、住居の扉や掃き出し窓などと繋がっているのです。
このテラスに屋根と囲いをつけたものをテラス囲いと呼んで、簡易的なサンルームとして使用されることがあります。

・どのようなメリットとデメリットがある?
サンルームの最大のメリットは日当りの良さで、日光が全面から降り注いで開放的な空間が生まれるため、日向ぼっこやくつろぎスペースとして最適です。
また雨の日でも家事が可能で、温度が上がりやすいため洗濯物が良く乾きます。
それからサンルーム内は日光が冬でも降り注ぎ暖かいので、高い気温を好む植物なども育てることが可能です。
さらに、サンルームの内側となるリビングルームの暖房効率がアップして暖まりやすくなるため、結果として光熱費の節約につながります。
このように数多くのメリットはありますが、良い事ばかりではなくデメリットもあるのです。
全面がガラス張りなので、方角にもよりますが夏はとても暑いというデメリットがあるで、日光対策を考えておく必要があります。
逆に南向き以外なら冬場はかなり寒いですし、場合によっては隙間風も吹き込み寒さに拍車がかかるのです。
全面ガラス張りなので汚れが目立ちやすいというのもデメリットで、定期的な手入れをしないとホコリやゴミが付着しみすぼらしくなってしまいます。

・検討する際のポイント
サンルームを検討する際には、様々な用途が考えられるため、事前にどのように使用したいのか、どう使いたいのかを明確にしておく必要があるのです。
使用目的を明確にすることで、目的に合った種類が選びやすくなります。
また、使用目的に適した設置場所と建物とのつながりを考えることも大切で、目的によってはキッチンからの導線や家事導線をチェックしておきましょう。
ガーデニングやDIYが目的なら、庭・サービスヤード・駐車スペースとのつながりを考えておくことが必要ですし、コンセント位置や屋外水栓の位置なども考えておくと良いです。
一面ガラス張りで気持ちの良い開放的な空間ですが、隣家や通行人などの視線・視野を考慮して、プライバシーが確保できるように考えておくことも大切になります。
使用目的に合わせた広さが確保できるのか、形状や開口部は使用目的に合っているかなども検討するポイントです。
置きたいものは面積一杯に入ったとしても、移動に通路が狭いということもあるため、事前に導線や通路幅などをチェックしておきましょう。
また形状や開口部は、敷地条件と使用目的にピッタリのものをセレクトすることが大事です。
1階に設置するというイメージが強いサンルームですが、戸建て住宅なら2階のベランダやバルコニーを使用する方法も考えられるので、使用目的と建物の仕様に合わせて検討しましょう。
住宅設備として必須ではありませんが、日々の生活がより便利になったり、趣味や安らぎの空間になったりと、より幸せな生活が送れるようになるアイテムと言えるのです。
ですから敷地条件や家族構成などと予算を考えながら、サンルーム設置を検討することをおすすめします。

・リフォームする際の注意点は?
原則としてサンルームは通常の部屋と同様の扱いになるので、後付けリフォームを実施すると建物の床面積を増床したことになるのです。
その為、固定資産税が増加するという問題が出てきたり、施工面積により建築確認申請が必要になったりする場合があるので、増築・固定資産税の問題については注意しましょう。
暑すぎる、寒すぎる、湿気がこもって結露するなど失敗例が多いので、温湿度管理が大切になるという注意点があるのです。
空調設備・エアコン・床暖房などの設置、遮熱ガラスや網戸を使用するといった工夫を考えましょう。
サンルームの広さは建築基準法の問題も踏まえると共に、使用する物をイメージして考えることが大事ですし、素材選びも重要で広さや素材は置く物を考慮することです。
リフォームを検討している方は、こうした注意点にも対応可能な施工経験が豊富な業者に相談すると確実なので、複数の業者に見積もりを依頼して最も相性の良い業者を選びましょう。

いわき市 サンルームなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME