いわき市 様々な雑草対策方法

いわき市 様々な雑草対策方法

2018-08-27

景観を整える雑草対策もおすすめ

様々な雑草対策方法がある
庭のある住宅についてまわるのが雑草問題で、雑草と言う名の植物はありませんが、どこからか飛来してきて庭を侵略してくる草です。
放置しているとあっと言う間に成長して増えるので、何らかの対策が必要になるので、身近にあるものでお手軽にできる雑草対策を知っておくと役立ちます。
対策の1つ目としては、土に水をかけるだけで固まって、簡易コンクリートのようなものがあって、土のような色合いなので使用しても自然な印象になるのです。
2つ目は防草シートと呼ばれるシートで雑草を防止する方法で、敷いたシートの上に砂利などを敷くことで、約5年程度は効果が得られます。
最も一般的で施工性・耐久性に優れている合繊不織製と、柔軟で透水性に優れている合繊折込製がありますし、最近は天然原料100%のものも登場していて放置しても自然に土に還るのです。
3つ目は樹皮を粉砕したバークチップや木材自体を粉砕したウッドチップを敷く方法で、庭を綺麗に見せると共に雑草を防止するといった魅力があります。
4つ目は人工的に加工された砕石や、自然の力で小さくなった天然砂利などを、5cm程度の厚さに敷き詰めることで、3~5年程度雑草が生えることを抑制してくれるのです。
ただ数年すると石の重みで少しずつ石が沈んで土が出てきて、雑草が生えてくることもありますが、何もしていないよりは雑草が抜きやすくなります。
5つ目は除草剤を散布する方法で、即効性が高くて残留しにくい液剤タイプと効果が長く継続する粒剤タイプがあるのです。
また全ての植物を枯らしてしまう非選択性除草剤と、特定の雑草を対象とする選択性除草剤がありますが、いずれにしても雑草を枯らすための農薬と言えるのであまりおすすめできません。
その為、除草剤の代わりに塩水を撒くという方法もあって、塩水を撒くことで雑草を枯らす効果は高いです。
ただ雑草以外の枯らしたくない植物や作物が近くにある時には、効果が高いので使用する際に注意が必要と言えます。
また除草剤の代わりにお湯や茹で汁をかけるといった方法もあって、地上の雑草を枯らすのには有効です。
ただし深い根っこの根絶は難しいそうなので、とりあえず目に見える部分の雑草だけを除草したい時の方法としては効果があります。

景観を整えることができるお得な方法
雑草対策は雑草を抑制するだけではなくて、多少手間はかかりますが庭の景観を整える効果も持たせる方法もおすすめで、それにより一石二鳥の効果が得られるのです。
様々な素材があるので用途や予算にあわせてプランを考えると良いですし、いくつかを組み合わせることも可能なのでプランの幅も広がります。
素材としては、水はけが良くてすっきりした仕上がりが魅力のタイルがあって、様々な色や質感の商品があるのでお好みで選ぶことができるのです。
庭づくりの素材として人気なのがレンガで、自然な色のニュアンスや経年変化の表情が魅力と言えます。
インターロッキングという敷き方をすることによって、雨水をある程度透過させることが可能なので庭の植物ともなじみやすい素材です。
またコンクリート製の敷材のインターロッキングブロックというのもあって、これならレンガよりも費用を抑えることができますし、様々な色やサイズがあるので好みのものを選ぶことができます。
独特の風合いが魅力の自然石の敷石も素材としておすすめで、色や風合いも様々あるためヨーロッパの石畳風にしたいなど、憧れのイメージを実現することもできるのです。
お手入れ不要で緑が楽しめる人工芝や、憧れのグリーンカーペットといえる芝生・グラウンドカバーも雑草の量を減らすことができます。
化粧砂利はたくさんの種類があって、ベージュ・ブラウン・ピンクなど様々な色があるので、敷石や建物の色とトータルにコーディネートすることで庭を雰囲気良くまとめられるのです。
また砂利の中で最も費用が安い白砂利というのもあって、すっきりと清潔感のある雰囲気があると共に雑草を抑制するのにも役立つ素材と言えます。

雑草を抑えた素敵な庭づくりのポイント
庭のある住宅はとても素敵ですが、雑草のお手入れに煩わされてしまうこともあるので、庭づくりやリフォームする際には、しっかりと雑草の生えにくい敷材を使用して対策をする必要があるのです。
ただ先に紹介したように単に雑草を抑制するだけではなくて、管理しやすいデザインにすることも大切で、雑草対策と一緒に素敵な庭づくりをするためのポイントを知っておくと参考として役立ちます。
後悔しない対策ができて雑草に悩まされることなく素敵な庭を作るためのポイントのひとつは、耐久性の高い素材を選択することです。
耐久性の低い素材を使用すると施工時には安く済みますが、長い目で考えると掃除手間や交換手間などがかさんで割が合わなかったと後悔するので、将来を見据えて耐久性の高い素材を選ぶことも大切と言えます。
ポイントの2つ目は組み合わせで、庭全面をひとつの素材で施工してしまうと、どうしても単調になりがちです。
ですから、雑草が生えないように対策するだけではなくて、植物を植える花壇を作る、リビング前にテラスを作るなど、希望に合わせて複数の素材を組み合わせると良いでしょう。
素材をどのように使うかもポイントで、ただ漠然と敷石を敷くのではなくて、凸凹の少ない素材にしたり子供が遊べるように柔らかい人工芝にしたりなど、使い道を考えてそれに適した素材を選ぶことです。
想定外の豪雨が降る可能性もあるので、そうした事態を考えてしっかりと排水性確保することも重要なポイントで、勾配をつけて排水路を設けるなどの工夫も必要になります。
砂利敷は落ち葉の掃除が大変で掃除のしやすさを考慮することもポイントのひとつで、いつもきれいに保っておけるようにすることも大事です。
費用も重要なポイントで、一度しっかりと施工すれば雑草が生えてくる心配はありませんが、何と言っても予算に応じたプランニングにする必要があるので、予算を節約するなどの工夫も必要となります。

 

いわき市 様々な雑草対策方法なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME