いわき市 駐車スペースのエクステリア建材

いわき市 駐車スペースのエクステリア建材

2018-09-30

外構工事に必要なエクステリア建材の種類と特徴

エクステリア空間に必要な建材
住まいの設備や建材でエクステリア関連の商品は多種多様で豊富な商品がラインアップされています。
大きく分類すると、敷地境界を明確にしたりエントランス部分を構成したりする門周りやフェンス、駐車スペース関連のカーポートやゲート、快適な空間をつくるデッキやサンルームなどが考えられるのです。
また、それらに付帯する照明・屋外水栓・手すりなど、快適性や使い勝手をアップする細かなアイテムも含まれます。
これらの豊富な建材商品を取り入れることで、新築やリフォームなどにおいて様々な空間にコーディネートすることが可能になるのです。

門周りやフェンスの種類と特徴
門扉のスタイルには開き戸と引き戸の2タイプあって、開き戸タイプが多く取り入れられていますが、デザイン性や使い勝手を高めた引き戸タイプも人気になっています。
素材は、アルミ形材・アルミ鋳物・樹脂などがあるのですが、一般的に錆や腐食に強く耐久性に優れるアルミ形材が用いられているのです。
敷地周囲に設置するフェンスの素材も同様に、アルミ形材・アルミ鋳物・樹脂などがあって、主流は耐久性に優れて比較的手ごろな価格のアルミ形材です。
デザインとしては、ナチュラルな木調タイプ・通風や採光に配慮したタイプ・不審者が隠れる死角をつくらないタイプなどがみられます。
また門扉と同じシリーズのタイプも多いので、プランニングの時には一緒に検討することが多いです。
門柱も豊富なバリエーションが揃っていますが、最近はポスト・照明・表札など門廻りに必要なアイテムを組み込んだ機能門柱が人気になっています。
機能門柱本体の主な素材は、アルミ形材・アルミ鋳物・樹脂などで、部分的にステンレス・ガラス・樹脂など異なる素材を取り入れることによりデザイン的に特徴を持たせたものもあります。
ポストには埋め込むタイプや据え置くタイプ、ポールなどに取り付けるタイプや壁掛けタイプなど様々なバリエーションがあって、素材もステンレス・アルミ・ガルバリウム鋼板など様々あるのです。
選ぶ際には投函口のサイズや本体のサイズにも注意が必要で、個人情報が盗まれないように防犯面にも配慮が必要になります。

駐車スペースのエクステリア建材
単に駐車スペースを確保するだけではなくて、カーポートやカーゲートを設置することもおすすめです。
カーポートは本体と屋根材などで構成されたもので、1台用だけではなくて2~3台用のタイプや、自転車なども置くことが可能なタイプなども揃っています。
屋根の支持の仕方で片側支持タイプと両側支持タイプがあって、特殊な構造にすることで後方だけに柱を設けたスタイルなどもあるのです。
いずれのタイプも敷地条件を考えて車の出し入れがしやすい工夫をして設置できますし、屋根の素材はポリカーボネート・FRP・スチール折板などがあります。
デザインはシンプルで門扉やフェンスとトータルコーディネートができたり、狭小地や変形敷地にでも設置できたりするカーポートなどもあるのです。
また、雪や風に対して高い性能を持つタイプも揃っているので、居住地域の気象条件にも対応することができます。
それから駐車スペースの出入り口に設けるカーゲートも一緒に合わせて選ぶこともできて、シャッタータイプ・跳ね上げタイプ・引き戸タイプ・折れ戸タイプ・アコーディオンタイプなど様々な種類があるのです。
敷地の条件はもちろんのこと、操作性・デザイン性・防犯性など優先順位を考慮して選ぶことが大切になります。

快適な空間をつくるエクステリア建材
木材でつくられた甲板のことをウッドデッキというので、一般的には天然木材を使用したものを指すのですが、エクステリア建材としては木粉と樹脂を混合した人工デッキが主流です。
人工デッキは、一般的に耐水性に優れていますし、腐りにくくてシロアリなどにも強いので、耐久性についても天然木材より期待できます。
また、経年変化による色落ちもほとんど発生しないので、美しさを保つことも可能です。
リアルな木目の模様や溝などを表現した商品もみられるようになってバリエーションも豊富ですし、サイズはもちろんのこと曲線の加工など好みのスタイルを実現することができます。
建材のテラス屋根商品は基本的には柱と屋根材で構成されていて、建物本体の外壁に固定するスタイルと柱だけで支える独立スタイルがあるのです。
屋根の形状としては、平面のフラットなタイプとカーブを持たせたアール型のタイプなどがあって、材質はアルミ形材やナチュラルな木調のタイプが主流となっています。
また屋根は衝撃に強くて光をほどよくカットしてくれますし、耐雪性や耐風性を高める工夫を施した商品も登場してきていて、テラスに設置することで快適な空間を作れるのです。
サンルームは、屋根・壁・扉などをガラス張りにすることで、光を多く取り入れることができるようにした部屋で、リビングなどにつなげて設置するスタイルが日本では多く見られます。
またデッキやテラスと組み合わせるスタイルも多くて、サンルームだけではなくてガーデンルームや囲いスペースなど様々な名称で呼ばれているのです。
居室のように使用できることを前提とした居心地の良さを追求したタイプや、洗濯物干場やアウトドア用品の収納スペースなど家事効率を高める空間としたタイプなどがあります。
その為、床材・扉・天井材などもバリエーションが豊富で、目的やデザインに合わせて選ぶことができるようになっているのです。
日除け・雨よけ・ひさしなどのことをオーニングと言って、巻き取りパイプに布を取り付けて日光を調整できるため、オープンカフェのような半戸外の雰囲気を演出できます。
また、オーニングと同様に生地を使うなどした外付のシェードというのもあって、シェードやオーニングを設置することで、直射日光が部屋の中に入らないのでエアコン効率が高まるのです。
このように様々なエクステリア建材が揃っているので、アイテムとして取り入れることをおすすめします。

 

いわき市 駐車スペースのエクステリア建材なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME