いわき市 ガーデニングリフォームをする場合

いわき市 ガーデニングリフォームをする場合

2018-06-06

ガーデニングリフォームの考え方とポイントは?

ガーデニングリフォームをする場合には、ゾーニングを考える必要があって、庭の取り方・アプローチ・駐車スペース・サービスヤードの配置の考え方を知っておく必要があります。
リビングから続くメインガーデンは、観賞用の庭にするのか、半戸外空間としてデッキ・テラスなどで積極的に利用する実用スペースにするか、ライフスタイルで決めると良いです。
道路側の門から玄関までの通路となるアプローチですが、門扉は家の第一印象を決めるポイントになるので工夫することも考えましょう。
駐車スペースは、車が出入りするスペースや台数で決まりますが、アプローチやサービスヤードとの関係も重視する必要があるのです。
屋外での家事作業の中心スペースとなるサービスヤードは、作業の内容を考慮して広さ・日照・動線・外からの視線などを考慮しましょう。
また、建物の位置や間取りを考えて庭とサービスヤードの位置を決めることも必要で、小さいスペースでも坪庭や中庭など、複数の庭を作ることで変化が得られます。
それから実際の動きを想定しながら動線のつながりを考慮して、各ゾーンの位置関係を検討することが大事です。
プライバシーを考慮して道路側や隣地との仕切りを考えることも必要で、特に道路側は周囲との調和や景観に対する配慮もしなくてはなりません。

先にも触れましたがガーデニングリフォームで、坪庭やテラスなど限られたスペースを生かして庭の楽しさを満喫することもおすすめです。
スペースにゆとりがあるのなら様々な活用も可能ですが、狭いスペースしかない場合もあります。
そのような時でも家族の趣味やライフスタイルを考慮して、テラスや坪庭を利用することを考えると生活はさらに楽しくなるのです。
坪庭なら空いたちょっとしたスペースを上手に利用することで作ることができますし、外周をおおう素材に配慮することで小さくても趣のある庭を作ることができます。
建物の2階以上の部屋に設置されていて、屋外に出入りできる空間のバルコニーも、素材やデザインを工夫することでちょっとしたガーデンとして利用できます。
また同様にテラスもリビングなどの居室に続いたスペースなので、屋根と床があるオープンスペースにリフォームすればバーベキューなどアウトドアを楽しむガーデンにできます。
このようにベランダやテラスといったスペースさえあれば、様々な造作も簡単にできて様々な利用が可能になるのです。

ガーデニングリフォームで植栽を楽しむようにすることもできますが、植栽には道路や隣地からの視線をさえぎったり、アプローチから室内を覗き込むことを防いだりするプライバシーを守るといった役割があります。
また落葉樹を植えることで、夏は涼やかな木陰を作って、冬は日差しを招き入れてくれるといった日差しの調整をする役割も果たしてくれます。
それから花や実、香りなどにより季節感を演出してくれて、四季を演出するといった役割もあるので、リフォームで植栽を楽しむのならこのような役割についても考慮すると良いです。

 

いわき市 ガーデニングリフォームをする場合なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME