いわき市 塗装ならお任せ下さい

いわき市 塗装ならお任せ下さい

2012-07-28

塗装と言うと、最近はDIYの流行もあり、ホームセンターなどでペンキなどを購入して、自分で行う人も多いようです。
器用な人であれば、例えば犬小屋などであれば、上手に仕上げることも可能でしょう。
しかし、住宅などの建物や壁など大きなものとなると、塗装は見た目の重要な要素となるため、いくら器用でも、均一で美しい仕上がりにすることは簡単ではないのです。
建物や壁の美しさは、どんな素材で作られているかよりも、どんな見た目となっているかが大切だと言われています。
仕上がりが塗装であれば、液ダレのない、塗り重ねた部分が目立たない、均一に塗り広げられているなど、素人目にも分かりやすいポイントが素晴らしい塗装となるのです。
いわき市では、40年の実績と実力を持つ左官職人がいます。
左官の仕事といえば、コテを使って塗り壁などを行うものですが、塗装に関しての技術も非常に高いのです。
特に、建物の外壁や壁などについては、壁の素材や既存の塗料は新しく塗り直す場合に重要な情報となるため、それらの知識をしっかりと持ち、新しく塗る塗料や素材をしっかりと活かせる技量も兼ね備えているのです。
コテなどを使って塗る技術は誰にも負けないものなのです。
「家が雨漏りしないか心配だ」
「外壁のヒビが気になるけど、今のところ問題ない、けど、いつか対処しないとな」
といった不安があると、安心して生活することはできないことでしょう。
きちんとした技術と知識を持つ左官による事前調査・事前見積りで、費用面や施工面の心配を取り除き、結果的に美しい仕上がりを手にすることができるのです。
いわき市や近隣地などにて塗装のご検討があれば、是非いちど、平山左官工業にご相談ください。

砂壁(すなかべ)をご存知でしょうか?
最近の住宅ではなかなか見られない種類の壁ですが、昔から愛用されている、落ち着いた雰囲気のある和風の壁のことを言います。
主に和室の床の間に使われることが多い壁になります。
砂壁とは、色砂をのりで練り上げられた上塗り材であり、基本的には、土壁の上に塗られるものです。
色砂は天然砂や石を細かく粉砕したもので、それらに着色もしくは焼成したものや、色ガラス粉、貝殻粉、金属粉、線維などが使用されます。
練り上げるためののりには、海藻を煮沸したものや、でんぷんのりが昔から使われていましたが、近年では合成樹脂で代用することもあるようです。
新築の住宅では、和室を設けることも少なく、畳スペースで済ませることも多いようです。
そういった場合でも、壁は手入れのしやすい壁紙を用いることがほとんどだと言われています。
壁紙で人気のビニール壁紙は確かに手入れしやすいのですが、砂壁は見た目も触り心地もザラザラとしていて、壁の呼吸を感じられる、趣のある雰囲気を演出できるのです。
ただし、砂壁で注意しなくてはならないのが、剥がれやすいことです。
ひっかいてしまえば剥がれ落ちてしまうため、普段でも気を付けて扱う必要があります。
お掃除は、決してこすったりはせず、はたきなどで優しくほこりを取り除くようにしましょう。
最近は、砂壁専用のスプレーや木工用ボンドを薄めたものを吹きかけることで、はがれにくくなるため、活用することをオススメします。
メンテナンスはラクではありませんが、落ち着いた気持ちにしてくれる砂壁は日本人にとって良い壁材と言えるのです。
いわき市の内部砂壁仕上げなら、平山左官工業にお任せください。

既存の建物の場合、10年20年と経てば、いろいろな所にガタがきてしまうものです。
例えば、外壁や内壁にひび割れが起きている、階段を上り下りする時に音が鳴るなど、新築時にはなかった不具合は毎日生活していれば、どうしても防げないことかもしれません。
そのため、常に建物を良い状態にするためには、自分や業者などによるメンテナンスが欠かせないのです。
内部の壁を強くすることも、メンテナンスの一つとして重要だと言えるでしょう。
日本は地震の国です。
近年では、記憶に新しい東日本大震災でも、多くの家が地震の被害に遭っています。
地震による建物被害は、耐震性が高いが低いかで判断可能です。
しかし、既存の古い建物の場合、耐震性をそれほど考慮されて建てられてはいないかもしれないのです。
内部を強壁仕上げすることで、大切な家族を大切な建物で守ることもできるのです。
内部強壁で重要なことは、強度の弱いと思われる壁を補強することです。
一般的には、昔の家であればあるほど、壁が少ないため、ふすまや障子だった部分を壁にすることも重要です。
これまで行き来できていた場所に壁ができることは不便になることではありますが、地震対策においては必要と言えるでしょう。
また、今ある壁であれば、内部に耐震金具などで構造体の柱などとしっかり固定する、内部に筋交いを配置することもあります。
この場合、既にある壁の内部を補強するため、仕上がりの見た目はこれまでとは変わらないことでしょう。
耐震性を高めるためには、建物一つ一つ構造が違えば工事個所も変わり、費用もそれぞれとなります。
とはいえ、安全な強壁を持つ建物に住むことは、家族にとって大きな安心となるのです。
いわき市の内部強壁仕上げなら、平山左官工業にお任せください。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME