いわき市 クローズ外構

いわき市 クローズ外構

視線を気にせず暮らせる?クローズ外構

・クローズ外構とは?
都市部の住宅街で生活する場合に、近隣の視線が気になることや通行人の視線を避けたいと感じる時があります。
そのような場合に、比較的高い塀や生垣を敷地境界線に設けて、囲むことで外部からの視線をシャットアウトするエクステリアプランがクローズ外構です。
クローズ外構には、ブロック塀などにより視線を完全にさえぎるものから、周囲を若干の光や風を通すフェンスで囲む場合もあります。
また、塀やフェンス・門扉・ガレージなど様々なエクステリア用品を用いて、外構デザイン自体を楽しめることも、このプランならではの醍醐味と言えるのです。
それから重厚でどっしりとした印象を与えますし、外部からの視線を気にする必要がなくなります。
その為、気軽に庭でバーベキューをすることができますし、落ち着いてガーデニングを楽しむこともできるのです。
クローズ外構は、広いお庭のある都市部の住宅や邸宅など、防犯やプライバシーが求められる地域におすすめの外溝スタイルと言えます。
ただし、あくまでも排他的な外構ではなくて、家族の自由なライフスタイルを守る外構でなくてはならないのです。
ですから設計するに当たっては、近隣との交流を阻害しない配慮が必要で、地域交流を拒絶しているように映らない配慮が重要なポイントになります。

・クローズ外構にするメリットは?
オープン外構と比較して、閉鎖的・排他的と考えられがちなエクステリアプランですが、住まい手にとっては様々なメリットもあるのです。
具体的に、どのようなメリットがあるのかを知っておくことも、プランを検討するためには必要と言えます。
まず言えることは、外部からの視線が届かないので、プライバシーがしっかりと守られることです。
その為、他人の視線を気にすることなく庭で過ごせて、バーベキューやガーデンパーティなどを満喫できますし、庭で洗濯物を天日干しすることもできます。
また、リビングのレースカーテンを日中に閉めて過ごす必要もなく、のびのびと生活できるというのも魅力です。
安全性の向上もメリットのひとつで、比較的高い塀やフェンスにより囲まれていることから、道路に子供やペットが飛び出す心配が減少します。
また、敷地内にセールスや勧誘などで訪れる人の立ち入りを阻止することもできます。
しかし、不審者は簡単に突破する可能性が考えられるので、完全に侵入をシャットアウトできるものではないと理解しておく必要があるのです。
様々なデザイン・素材・グレードの商品が、エクステリア用品には揃っているため、住まい手のセンスや個性を表現できる楽しさもメリットのひとつになります。

・注意するポイントは?
クローズ外構には住まい手にとって様々なメリットはありますが、それと共にいくつかの留意点もあるので、主なポイントを知っておくことも大切です。
意外と敷地外周は長いですし、視線を遮るためにはある程度の高さと切れ目なく囲う必要があるので、考えている以上に資材が必要となってコストがかさみがちになります。
また、定期的に剪定をするなど維持・メンテナンスの費用も発生しますし、耐用年数に応じた交換も必要になるので、年数に応じたコストを考慮しておくことも大切です。
クローズ外構は外部からの視線が遮られるため、不審者が一旦侵入したら安心して作業できることからターゲットになりやすいと言われます。
その為、防犯カメラや警備会社との契約などにより、不審者に侵入を諦めさせる工夫を実施しておくことも大切な注意点です。
外部からの視線をシャットアウトすることで、近隣との交流を拒絶しているとも取られかねません。
また近隣住居の窓の前などを塀や生垣で塞いでしまうとトラブルの元になるため、近隣への配慮には注意が必要です。
それからブロックなどで囲ってしまうと狭い敷地では圧迫感があるため、フェンスなど隙間の多いものを使用するといったデザインに配慮することも必要と言えます。

・どのような人におすすめか?
どのようなエクステリアプランを選ぶかは、家族の趣味やライフスタイル、価値観など様々な要素で決まります。
では、どのような方にクローズド外構がおすすめなのかというと、まずは家族のプライバシーを大切にしたい方です。
外部からの視線を気にすることなく、家の中や庭でのびのび自由に暮らしたいという方にはピッタリな外構と言えます。
意外と隣家との間ではちょっとした問題が持ち上がりがちで、そうした問題を防止するために境界線をしっかり区切りたいという方にもおすすめです。
エクステリアデザインはとても奥が深い世界なので、様々な外構を趣味として楽しむことができるため、外構自体を楽しみたいと考えている方にもぴったりと言えます。
ただし計画に当たっては、近隣との交流を拒絶しているように映らない配慮を盛り込むことが重要なポイントです。
排他的な外構ではなくて、家族の自由なライフスタイルを表現する外構にしましょう。

いわき市 クローズ外構なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME