いわき市 塗装工事

いわき市 塗装工事

塗装工事はなぜ必要なのか?その理由と目的

・必要な理由とは?
一戸建てからマンションまで、様々な建物の屋根や壁には何らかの塗装が施されています。
こうした建物の塗装工事が、なぜ必要なのかその理由を挙げてみましょう。
日本には春・夏・秋・冬と四季があって、夏と冬では気温が大きく異なりますし、季節により大雨や強風、降雪や氷結など厳しい環境に建物はさらされているのです。
その為、建物に塗装工事を施すことにより、こうした厳しい外部環境から保護する必要があります。
新築の頃は美しい姿を見せていた建物も、時間の経過と共に汚れが目立ってくるようになりますし、塗装自体も劣化して色あせた印象になってしまうのです。
このような状態になった時には、改めて塗装をすることにより美観を高めることができます。
また、まったく違った塗装を施すことにより、建物のイメージを変えることもできるのです。
建物は屋外にさらされているので、紫外線や風雨によるダメージを避けることはできません。
しかし、必要に応じてしっかりとメンテナンスされていれば、そのダメージを抑えることが可能で、それにより建物の高い資産価値を維持することができるのです。
また、近年では遮熱・断熱、防音、防水・防カビ、抗菌・防汚など、様々な機能を持つ塗料があって、その機能性塗料を使用することで住環境を改善することもできますし、建物の資産価値向上にもつながります。
このように、建物を保護する、建物の美観を高める、建物の資産価値を維持するといった理由があるのです。

・塗装工事を怠ると
塗装工事の費用は決して安くありませんが、本来のタイミングを逃していつまでも放置していると、様々な場所が劣化してしまいます。
その結果、重篤な弊害が発生して塗装だけの費用では賄いきれなくなってしまうのです。
では、適正なタイミングで塗装工事を実施しないと、どのような弊害が発生するのでしょう。
塗膜が劣化してしまうと雨漏りが起こって、構造材に水分や湿気が付着し腐食して、本来の建物全体の耐力が失われてしまうのです。
また、シロアリが好む環境になり、水分とシロアリの影響により構造体はボロボロと化して地震に弱い建物となって、場合によっては建物崩壊に繋がる事もあります。
それから断熱材というのはデリケートで、雨漏りで断熱材が湿ってしまうと、その後乾いても断熱効果が落ちてしまうのです。
断熱材が断熱効果がゼロのただの繊維になっては、省エネ効果ゼロの過ごしにくい建物になってしまいます。
塗装工事をしないで長期間放置していると、外壁の素材自体にも大きな影響が発生してしまうのです。
窒素系サイディングの腐食、金属製サイディングのサビ発生、モルタル外壁のクラックや欠損など、様々な補修も必要になります。
このように、塗装工事を適切なタイミングで実施しないと、重篤な負担を強いられてしまうのです。
こうした状況を招かないためにも定期的な点検を実施して、適切なタイミングで必要に応じたメンテナンスを施すことをおすすめします。

・塗装工事を実施しするタイミングは?
塗装は時間経過と共に劣化していくものですが、そのスピードは外壁の種類や建物に対する環境で大きく変わるものです。
また塗料の種類によっても変わってきますが、8年~15年が再塗装のタイミングの目安と考えられています。
それから年数とは別に、塗膜の剥がれやクラックが目立つようになったら、再塗装のタイミングといえるのです。
その他にも、時間の経過でいろいろな変化が現れてくるので、塗装工事のタイミングを知らせるサインにどのようなものがあるのかを知っておくと参考になります。
紫外線により塗料が日焼けすると建物全体が色あせたり、くすんだりしているように見えるのです。
またコケやカビは、放置しておくと根を広げて大きなダメージを与えるので、こうした状況がみられる時は塗装工事を行うと良いでしょう。
雨水がコンクリートの表面から浸入して、コンクリート中の可溶性物質と反応することにより、白い石灰分などが出てくる現象がエフロレッセンスです。
このエフロレッセンスが見られる場合は美観を損ねるので、塗装工事により美しく仕上げましょう。
塗膜が失われることで金属部分の錆や木部の劣化が起こるので、錆や劣化が進行しないためにも早めの対応が必要です。

・業者選定のポイント
塗装のメンテナンスには費用が多くかかるので、納得できる完璧な工事を実施したいものです。
では、どのような業者に依頼すると良いのでしょう。
塗装工事は、地元の腕の良い業者に依頼することが1番で、地元なら評判もわかりますし、何かあった時でも迅速に対応してくれます。
官公庁など大きな建物の塗装工事の実績がある業者もおすすめです。
塗料の選定や扱い方を良く熟知してますし、細かい知識まで把握しているので安心して任せられます。
一概には言えませんが、建物の外部を眺めて営業してくる訪問業者への依頼は注意した方が良いです。
訪問販売の業者に依頼して、塗膜が数年後に剥がれたという苦情も聞かれます。
完璧に作業してもらうには、優れた職人さんが在籍している業者さんに依頼すべきです。

いわき市 塗装工事なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME