いわき市 フェンス

いわき市 フェンス

フェンスは住宅の印象を決める重要なポイント?

・使用目的を明確にする
住宅の印象を決める重要なポイントのひとつがフェンスで、そのため選ぶ際には慎重に決めたいものです。
しかし選ぶ際のポイントとしては、デザイン性以外にも機能性も重視したいという方もいますし、種類が多くてよく分からないと言う方も少なくありません。
どのように選択すれば良いのか分からないと言う方は、まず使用目的をはっきりさせることで、それによりどのフェンスが良いのか判断することができるのです。
つまり、使用目的は決める重要な要因のひとつであり、目的にあったフェンス選びがとても重要になるのです。
きっとフェンスを検討する理由があるはずなので、フェンスを使用しようと考えている理由を改めて考えてみましょう。
例えば、防犯対策なのか、外からの視線を遮るための目隠しなのか、住宅とのデザインの一環なのか、子供の落下防止のための防護柵としての使用なのかなど様々あるのです。
目的によって選択していかないと、種類や高さなどで失敗してしまうことになりますし、予算オーバーと言ったこともあります。
繰り返しになりますが、目的にあったフェンス選びが重要なので、なぜフェンスを使用したいと思っているか、まずはフェンスの目的を考えることです。

・フェンスの種類
フェンスにも様々な種類があって、その種類により金額が違ってきます。
また使用目的によって、どの種類のフェンスが良いのか、またどのデザインが合うのかなども異なってくるので、フェンスの種類を知っておくことも大事です。
アルミ材を使用したのがアルミフェンスで、素材に関しては耐久性に優れており、絶対に錆びないわけではありませんが鉄と違って錆び難いといった特徴があります。
ちなみに、通常のアルミとアルミに木目調のシート張りがされているものがあって、木目調方が金額的に高い商品になるのです。
木製は、その名が示す通り素材が木で、趣きがあって日本人にとって馴染みのある材質と言えます。
ただ水に弱いという欠点があって、それを補うために塗装が必要になりますし、腐れが発生しないように防腐剤を定期的に塗ることが必要です。
素材が気であることが一番良いところだと思いますが、維持管理に手間と費用がかかることは理解しておく必要があります。
アルミ鋳物はあまり聞きなれない言葉ですが、実物を見ると結構好きという人が多いです。
アイアンをイメージすると分かりやすいですが、材質はアルミ製なので耐久性に優れた商品と言えます。
ただフェンスとして設置するにはOKですが、目隠しの効果は見込めないため、フェンスを目隠しとして取り付けする場合には適さないです。
木粉入り樹脂系はデッキ材としても最近普及している素材で、木の温かみを感じることができるというメリットがあります。
また、木材のようにメンテナンスを行う必要がありませんし、白アリなどにも強く腐れる心配がないのもメリットです。

・おしゃれにするポイント
様々な目的で設置するケースがありますが、例えば目隠しのために狭い敷地にブロック塀などを設置すると、圧迫感が出てしまいおしゃれとは言えません。
しかしフェンスなら全面を覆うブロック塀と違って適度な目隠しができますし、圧迫感がないのでおしゃれにプライバシーを守れるのです。
また風通しも良いですし、適度な最高も望めるなど様々な目的にあったおしゃれな設置が可能になります。
そこで、どのようなポイントに注意して設置をしたら良いのかを知っておくと良いです。
外構フェンスをおしゃれにするポイントは家のデザインと合わせることで、家のデザインと合わせることで統一感がアップします。
また室内から外を眺めたり、敷地外から家を眺めた時に違和感がないデザインにすると、外構と家のコーディネートがまとまるのです。
色やデザインなどを好みのものにすることも大事ですが、あまり個性的なものを選択すると悪目立ちしてしまって風景に溶け込まなくなる可能性があります。
ですから、外壁や屋根の色、洋風・和風などのテイストを考慮して選んでいくことが大切です。
植物を組み合わせるのもおしゃれポイントで、緑あふれるすてきな外構に仕上がります。
例えば、基礎部分にプランターや地植えでボリュームのある植物を植えると、寂しさが解消されて明るい印象を与えてくれます。
また、つる性の植物をフェンスに這わせることで、花の香りが漂うおしゃれなフェンスにすることもできるのです。
ただ、植物が密集している場所につる性の植物を植えると他の植物に巻き付いてしまいますし、隣地境界のフェンスに植えると迷惑になる可能性があります。
このような問題を発生させないためにも、植物を植える場所と種類には注意する必要があるのです。
最適なフェンスを設置するのなら、実績がたくさんあって信頼できる業者に依頼すると良いでしょう。
また依頼する際にはイメージや予算を明確にして、どこを重視したいのか優先順位を決めておくと良いです。

いわき市 フェンスなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME