いわき市 犬走り 外構

いわき市 犬走り 外構

外構に犬走りを作るメリットとは?

・犬走りとは?
最近の住宅ではあまり見なくなった犬走りですが、昔から日本の家にあった外構のひとつで様々な役目を果たします。
その様々な効果は現代の住宅においても役立つ効果がたくさんあるのです。
犬走りというのは、建物の周りを取り囲むように取り付けられた外構設備のひとつで、その名称の由来は犬が通れるくらいの細い道と言われています。
砂利やコンクリートで施工されることが多く、一般的には40~60㎝幅で作られるのです。
ただデザイン性を重視した犬走りでは、こうした幅より狭い場合や広い場合も採用されていて、求める機能に対応して幅を決めても問題はありません。

・外構設備として作るメリットは?
現在は、屋根から流れ落ちる雨を集約し地面に流す雨どいが設置されていますが、昔では設置されていないことも少なくありませんでした。
その為、雨の水はねや泥はねによる汚れ・ダメージがあり、そうしたことから建物を守るために考案された建築手法が犬走りです。
つまり犬走りの本来の目的は、家の周囲に施工することで雨の水はねや泥はねによる汚れから建物を守ることと言えます。
それは現在においても言えることで、単に建物のエクステリアとして施工するのではなく、雨の水はねや泥はねによる汚れを防ぐ重要なメリットがあるのです。
住宅の景観を保つために雑草処理は必須で、草むしりを怠ると住宅の周囲はすぐに雑草だらけになってしまいます。
しかし犬走りを外構設備として施工することにより、地面がむき出しになる状態を防止し建物の周囲に雑草が生えにくくなるのです。
雑草が生えにくくなることでメンテナンスの労力が省けますし、住宅の外観・美観の維持が可能になります。
忙しくて雑草処理を行う暇がない方や、草むしりの労力を軽減したい方にとっては、犬走りを施工することで悩みを解決できるといったメリットになるのです。
害虫の生息するのは雑草が生い茂る場所で、犬走りを施工することにより住処となる雑草が生えなくなり、害虫が家に侵入しにくくなります。
こうした家の中に害虫が侵入する心配がないというのもメリットですが、害虫は完全にいなくならないので注意が必要です。
雑草の有無に関係なく住宅の周辺に生息する種類もいるので、害虫駆除の薬品などを併用することも大切と言えます。

・犬走りの主な材質
犬走りで使用される材質は、機能性や外観とのバランスを考慮して、コンクリート・砂利・タイル・レンガ・モルタルなどが用いられるのです。
その中でも多く用いられるのは、コンクリートと砂利と言えます。
コンクリートは施工性と耐久性に優れているので、丈夫な犬走りの施工を考えている方におすすめです。
ただコンクリートを用いた犬走りの施工は、専門的な知識・技術が必要で、DIYすることは不可能ではありませんが、基本的には業者に依頼します。
コンクリートを用いた犬走りのメリットは、平坦なことから掃除が簡単に行える点です。
またコンクリートは丈夫なため、雑草が生えにくく害虫を寄せ付けにくいという点もメリットと言えます。
一方、コンクリートを用いる施工は関係する知識や技術がないと難しく、DIYには向いていないというデメリットがあるのです。
建物周囲に敷き詰めるだけなので、簡単に作りたい方に砂利は向いています。
砂利を使用する場合は、どの外観でも調和しやすい玉砂利が使用されることが一般的です。
砂利を用いた犬走りのメリットは、先にも触れたように施工が容易な点があります。
また、後から幅や範囲を簡単に変更できるので、生活環境に合わせて作れますし、歩くと音がするので防犯対策にも効果的というメリットもあるのです。
一方で砂利を用いた犬走りは、コンクリートと比較して雑草が生えやすい傾向にあるといったデメリットがあります。
それから野良犬・猫などがフンをする恐れがあるのもデメリットで、犬除け・猫除け対策が別途必要になるのです。
犬走りの主な材質のコンクリートと砂利にはメリット・デメリットがあるので、それらを理解して目的に合った材質を選びましょう。

・犬走りの施工を検討
昔の建物の基礎部分は木材で、泥が跳ねて汚れてしまうといった構造的に具合が悪かったので、犬走りは建物にとって必要なものだったのです。
ただ、現在では住宅の基礎はコンクリートで施工されますし、外壁の水や汚れに対する性能も遥かに高くなっていて、絶対に必要なものではなくなってきています。
そのようなことから、近年はコスト削減などの理由で外構設備として犬走りを施工しない家も少なくありませんし、本当に必要なのかという疑問の声も多いです。
しかし先にも紹介したように、建物周囲の見栄えや歩行のしやすさ、防犯対策など様々なメリットを住宅にもたらしてくれます。
その結果、住まいの快適性をアップしてくれる要素もあるので、マイホームの新築やリフォーム時に、外構設備のひとつとして犬走りの施工を検討する価値はあると言えるのです。
設置の有無をはじめ、犬走りの種類などを業者と相談しながら住まいに適した家周りにしましょう。

いわき市 犬走り 外構なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME