いわき市 雨漏り対策

いわき市 雨漏り対策

雨漏り対策はプロに依頼するのが一番

・雨漏りが発生する要因
近年はゲリラ豪雨や大型台風が多く発生しているため、雨漏りが心配になります。
雨漏りが発生する要因として考えられるのは、住宅の経年劣化や施工不良、自然災害の3つです。
住宅の経年劣化は環境など様々な状況で違いはありますが、約15年~20年程度経過すると発生してしまうことが多くあります。
施工不良は言うまでもなく施工業者が適正な工事を実施しなかったことが原因で発生するのです。
自然災害は台風や地震による影響で建物が劣化して、破損部分から雨漏りになるケースです。
ただ原因が分からないこともしばしばあるため、発生する前に雨漏り対策をすることがとても重要になります。
そこで、雨漏り対策につながる知識として、雨漏りが発生しやすい箇所と応急対策、発生させないためのメンテナンス方法などについて知っておくと良いです。

・雨漏りしやすい箇所
雨漏りが発生しやすい箇所のひとつは屋根で、原因としては屋根材の破損、破れや施工不良、コーキングの劣化などが考えられます。
また、建物に雨水が浸入しないようにする雨仕舞の板金が浮いてしまうことや、防水シートの劣化も要因のひとつです。
それから、雨樋の詰まりや破損、太陽光パネルなどの設置で屋根材に穴があいていることなども雨漏りにつながります。
外壁のひび割れやジョイント部分のコーキングの劣化などが原因となる外壁からの雨漏りもあるのです。
外壁と軒・庇などの結合部分の取り合いに隙間が発生することで、そこから雨漏りするケースも考えられます。
屋上やベランダからの雨漏りは、防水層の劣化により破損した部分から発生しますし、ドレン廻りの詰まりで排水されない水が溢れて雨漏りすることもあるのです。
窓も発生しやすい箇所で、隙間を埋めているコーキングの剥がれで雨水が侵入したり、ビス穴から雨が侵入し発生します。

・雨漏りを放置しておくと
住宅の経年劣化・施工不良・自然災害などで発生する一次被害の雨漏りを、雨漏り対策せずにそのまま放置しておくと、二次被害が発生する可能性もあるのです。
雨漏りによる二次被害の症状としては、建物内部の梁などが湿気の影響で腐食する、シロアリにはとても良い環境なのでシロアリが発生してしまうなどがあります。
また高温多湿の環境と塗料・接着剤を好むカビが発生して、建物のダメージだけではなくて、シックハウス症候群などの健康被害につながる可能性もあるのです。
それから、漏電・感電・火災・電気製品の故障などを引き起こしてしまう可能性もあります。
このように、二次被害による建物への影響はとても大きくて、知らず知らずに二次被害が進行していくと最悪のケースになることも考えられるのです。
シミやカビは二次被害のサインなので発見したらそのまま放置しないで、すぐに専門業者に相談して適切な雨漏り対策をしましょう。

・応急の雨漏り対策
突然の雨漏りは普段の生活に支障をきたして、非常に困ってしまうものです。
ただ時期や季節によっては、業者の予約がいっぱいでなかなか修理に来てもらえないことも考えられます。
可能な限り普段の生活を進めるためにできる応急の雨漏り対策を覚えておくと良いです。
最も簡易的な対策はポタポタ落ちる雨水をバケツなどで受けることで、その際には新聞紙を広めに敷いておくと水が跳ねて周囲を濡らすのも防ぐことができます。
窓枠から雨水が侵入する際は、ゴミ袋やブルーシートを周辺に敷いて、雑巾で小まめに水を吸い取ると良いです。
屋根など雨漏りの原因箇所が分かる時には、ブルーシートなどでその部分を被うのが良いでしょう。
屋根の小さな穴や外壁・屋根材の亀裂など小さな劣化が原因の場合は、防水テープを貼ってその穴や亀裂を塞ぐようにと良いです。
また窓枠や外壁の目地などのコーキングが劣化したことで雨水が侵入する場合は、コーキングをその部分に打ち直すことで応急処置をすることができます。
ただし、あくまでも応急の雨漏り対策なので、応急処置後には雨漏り対策のプロに依頼してしっかりと対策することが大切です。

・雨漏りが発生しない家にする
雨漏りが発生すると建物への影響や健康被害など様々な弊害が起こりますし、大掛かりな工事になって費用もかかってしまいます。
そのようなことを回避するためにも、定期的なメンテナンスにより雨漏りが発生しない家にすることが大事で、それが最大の雨漏り対策になるのです。
屋根からの雨漏りを防ぐためのメンテナンスは補修と塗装で、瓦のズレや破損が生じている時には放置しないで補修を実施しましょう。
また塗装が必要な屋根は、水を含んで屋根材が劣化する前に塗装をして水を弾く状態にすることが大事です。
外壁からの雨漏りを防ぐために必要なメンテナンスは目地交換と塗装で、点検して劣化を発見した時には交換することをおすすめします。
また外壁自体の劣化・吸水を防止するための塗装も必要で、築10年前後を目安に塗装をして防水性をアップすると良いです。
ベランダの床からの雨漏りを防ぐためには、防水施工を実施する必要があります。

いわき市 雨漏り対策なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME