いわき市 カーポートをプランニングする

いわき市 カーポートをプランニングする

2018-08-24

使いやすく安全なカーポートを豊富な商品バリエーションから

豊富な商品バリエーションが揃う
住宅の新築時には、どうしても建物本体のプランに気を取られて、駐車スペースなどの外構工事に関しては後まわしになりがちです。
しかし敷地の中で車をどのように駐車するのか、どのようなスペースを確保してどのように配置するのかなどは、使い勝手や安全性と共に建物の間取りにも大きく関係してきます。
またリフォームで工事するにしても、使いやすい駐車スペースとするために、敷地全体のゾーニングは建物の配置計画と同時にプランニングすることが重要です。
一戸建ての駐車スペースのプランとしては、スペースだけを確保して床面をコンクリートやレンガなどを敷き詰めるプランがありますし、ガレージを設けるプランもあります。
それから建物本体に組み込むビルトインガレージといったプランも考えられますが、新築でもリフォームでも多く採用されるのがカーポートを設置するプランです。
メーカー商品としては、豊富な商品バリエーションが揃っているので、様々な条件やプランにも対応することが可能になります。
またスタイル・デザイン・性能なども多種多様なので、外観デザインの好みに合わせて取り入れることもできるのです。
選択する際には、日々の使い勝手や安全性、敷地条件に適した性能などに配慮することも必要なので、専門的な知識のある担当者と充分に検討することをおすすめします。

将来的な変化や自然環境も予測して
カーポートをプランニングする際には、車の台数や車種をはじめ、横幅・全長・高さなどのサイズを確認することが大切です。
それは、車の大きさに適したサイズを選ぶことが基本になるからで、乗り降りがしやすいようにゆとりを持って選ぶことや、ワンボックスのように高さがある車種の場合は高さも注意する必要があります。
また忘れてはいけないのが現在の使用車だけではなくて、将来的に買い替えを予定していたり台数が増えたりする可能性で、今後のライフスタイルや家族構成の変化なども考慮することです。
それから、車だけではなくてオートバイや自転車の駐輪スペースについても、確保する必要があるのかを検討しましょう。
厳しい自然環境にさらされるので積雪や強風など、地域特性を考えてタイプを選ぶことも大切です。
積雪に対しては耐積雪20cm程度というのが一般的ですが、積雪地域や豪雪地域なら30cm~200cm程度までの積雪荷重に耐えられるタイプもあるので検討すると良いでしょう。
また風に対しては、耐風圧性能が54m/s秒相当~34m/秒相当などの商品があるので、設置する地域に適しているかを設計担当者に相談しながら選ぶことです。
それから敷地条件などを配慮して車の出し入れのしやすさを考えて選ぶことも大切で、主なスタイルとしては片側支持タイプと両側支持タイプがあります。
片側支持タイプは左右のどちらか片側に柱を設けたもので、柱が片側のため駐車の際に邪魔にならないので、狭い敷地でも出し入れがしやすいといった特徴があるのです。
両側支持タイプは両側の柱で屋根を支える形状で、性能的にも安定感があるスタイルとなりますが、車の回転半径などを考慮して間口に余裕を持たせる必要があります。

必要な機能や適した素材を選択する
カーポートの屋根素材には、ポリカーボネート・FRP・スチール折板などがあって、比較的多くみられる素材はポリカーボネートです。
紫外線をカットして塗装の色褪せやシートの日焼けなどを防いでくれる素材で、熱線遮断か吸収機能を持つポリカーボネートなら、真夏の太陽光線下での車内温度の上昇を抑えてくれます。
商品によっては特殊な加工を施すことで防汚機能を持たせたタイプもみられますし、ブラウン系やブルー系の透明なタイプ、また半透明なタイプなどもあるので、必要な明るさなどを考慮して選択すると良いです。
周辺環境によっては防犯性能も高めておきたいケースもあって、夜間に暗がりになることを防ぐための天井や柱部分に照明などが組み込める商品もあります。
スッキリとしたダウンライトや省エネのLEDなどもありますし、センサー付きタイプもあるので選んでみても良いです。
また、カースペース前の門扉となるカーゲートを組み合わせることも可能で、シャッター・跳ね上げタイプ・引き戸・伸縮タイプなどがあって、電動のリモコン式を設置すると車に乗ったまま開閉できます。
それから横からの雨風を防いだり、プライバシーを守ったりするためにサイドパネルを取り付けたり、風対策のサポート柱といった性能を高めるものを取り付けたりすることもできるのです。
防水コンセントや車関係用具を収納できる棚や洗濯物干しなど、使い勝手を高めるオプションパーツをつけるのも良いですし、屋根にソーラーパネルを搭載するタイプや雨水タンクなど環境に配慮したアイテムも揃っています。
このように様々なオプションも揃っているので、必要なものを設置することも検討すると良いです。

外まわりをトータルにプランニングする
カーポートを選ぶ際には単体で考えるのではなくて、外観デザインはもちろんのこと門扉やフェンスなどの外まわり建材とのコーディネートも大切なポイントになります。
また住宅のデザインテイストや窓サッシ、玄関ドアなどとのバランスに配慮することも大事になります。
最近のエクステリア建材はシリーズ化された物も多いので、門扉やフェンスなど同じデザインを取り入れることも可能ですから、トータルプランニングすることもおすすめです。
その為にも、できる限り実物を確認することが大切で、エクステリアのショールームは少ないですが、近くにある場合は積極的に利用しましょう。
ボリューム感・素材感・屋根材の色など、カタログだけでは分からない部分も、実物を見ることで確認することができるのです。
それから住宅街を歩いている時に、どのようなカーポートがプランニングされているか、住宅とのバランスや道路との関係はどうなのかなどを、日頃からチェックしておくと良いでしょう。

 

いわき市 カーポートをプランニングするなら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME