いわき市 外構デザイン

いわき市 外構デザイン

依頼する前に知っておきたい外構デザインの基礎知識

・外構デザインの基礎知識
家の外観を整えることで、帰りたい家、くつろげる家にできるため、庭・門・車庫など外構デザインに力を入れる住宅が増えています。
ただ外構工事は大規模になる可能性があるため、二の足を踏む方も多いです。
そこで、外構デザインの基礎知識や業者の選び方などを事前に知っておくことをおすすめします。
外構デザインとは、外壁・扉・庭・車庫など表から見える部分の装飾や見せ方を示す言葉で、インテリアデザインという言葉に対応する言葉です。
最近では昔の日本の家屋と異なり、外側からあえて庭が見えるようなデザインにしたり、低い樹木などにより外界との区別をあいまいにしたりする解放感のあるデザインが好まれています。
この解放感のあるデザインにするのは、単にデザイン性だけではなくて防犯面にも効果があるのです。
また、ウッドデッキなどのくつろぎ空間を作ることにより、いやし効果が得られます。

・外構デザインのスタイル
庭・外壁・門・アプローチなど外構を構成する箇所はいろいろありますが、外構のスタイル(デザイン)は大きくわけて3つあります。
1つ目は昔ながらの家屋を塀で囲うスタイルのクローズデザインで、人通りが多い立地や外から見られたくないという方に向いているのです。
このデザインはプライバシーは保たれますが、どうしても閉鎖的な印象になってしまいます。
2つ目は家屋を囲わない解放感のあるスタイルのオープンデザインで、狭い敷地でも解放的な印象になるというメリットがあるのです。
ただ囲いがないため防犯面・プライバシーの対策が必要となります。
3つ目はクローズデザインとオープンデザインの良いところ取りをしたスタイルのセミクローズデザインです。
囲いの位置や高さなどを調節することにより、隠したいところは隠す、見せるところは開放的にするといったデザインになります。

・依頼する前に考慮すること
外構は素材や色調をコーディネートしデザインすることは大事ですが、機能面も考えることが重要です。
デザインを重視するあまり、家事を行う際の生活動線が悪くなった、利便性や防犯性が悪くなり暮らしにくくなったでは本末転倒になります。
依頼する前に暮らしとデザインの優先度を考慮して順位を付けておくことが大事です。
家事などをするスペースでの配置や、メインガーデンでのガーデニング作業のしやすさを考えて、作業効率のよい動線の確保をしましょう。
被介護者などのいる家庭では、通路やテラスなどの床のバリアフリー対策が必要ですし、今は被介護者がいなくても将来のことも考え計画することも大切です。
アプローチから玄関までをスロープにすることや、リビングからテラスに出る床をフラットにすることにより、被介護者も健常者も生活しやすくなります。
外から見えにくい場所があると、敷地内・室内への侵入が容易になるので、目隠しフェンスの設置・光センサー・ホームセキュリティーなどの防犯対策で、防犯性を高めることも必要です。
仕事などで不在が多い家庭で、直接宅配便を受け取れない場合に宅配ボックスがあると重宝します。
また、化粧前で人に会いたくない時や、お風呂に入っている時、また病気などの事情で受け取れない場合でも、機能門柱や門袖などに宅配ボックスが設置されていると便利です。
雨ですべりやすいアプローチになってしまった、ベランダの水回りのことを考えていなかった、段差が思ったよりきつかったなどの失敗例があります。
理想と離れた施工となった、業者の言う通りにしたら予算をオーバーしたなどのトラブルもあるのです。
このような失敗やトラブルが起きないように、予算や目的・生活スタイルを事前に確認すると共に、業者選びを慎重に行いましょう。

・工事業者を選ぶポイント
外構の工事業者を選ぶ際のポイントとしては、実績が豊富である、賞の受賞歴がある、建築士・インテリアコーディネーターなどの資格を取得している職員がいるというのがあります。
また、外構は工事範囲や取り入れる外構デザインなどで料金が大きく変わってきますし、オプション料金などで結果的に高くなることもあるのです。
その為、料金体系が明確である、予算に合わせた提案をしてくれるなども業者を選ぶ際のポイントになります。
複数の業者に見積もり依頼をして費目をよく確認し、あいまいな費目を使用する業者は避けることです。
それから、アフターメンテナンスサービスも業者を選ぶポイントとして重要で、アフターフォローがある業者を選択することをおすすめます。
工事後に気づいた点や当初の説明と異なる施工に気づいたことなどを、後から問い合わせできる制度があると良いです。
依頼した工事に不備があってはいけないことですが、万が一のことを考慮しておくことも大切と言えます。
また、万が一工事業者とのトラブルや工事の不備が発生した時には、消費者センターに問い合わせることができるので、困ったことがあったら相談してみると良いです。

いわき市 外構デザインなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME