いわき市 テラス囲い

いわき市 テラス囲い

テラス囲いが人気になっている理由は?

・サンルームとの違いは?
庭を眺めながら季節の変化に触れたい、開放感のある空間でくつろぎたいなどといった希望を叶えてるのが、サンルームとテラス囲いです。
サンルームは、太陽の光を取り込む目的で屋根や壁をガラス張りにした部屋で、水密性や気密性がテラス囲いよりも向上されているのです。
使用されるサッシなどは、住宅に用いるものと同じ製品を使う場合もあって、外気が侵入しにくく、水の侵入もしにくいと言われています。
一方のテラス囲いとは、ユニットをテラス屋根の前面と側面に取り付けた簡易の雨除け・風よけの設備のことで、簡易的なサンルームとも呼ばれているのです。
サンルームとテラス囲いは、似ているけれども大きく分けて基礎と屋根の2ヶ所で少し違います。
サンルームの基礎はコンクリートで設置するため、簡易的に設置するというよりは増築に近いです。
テラス囲いの基礎は元々あるテラスで、テラス屋根の柱と補助柱のみで簡単に設置することができます。
サンルームの屋根素材はガラスで、テラス囲いはポリカーボネートという素材のケースが多いです。
このように、居室と同程度に使用できるサンルームと違ってテラス囲いは部屋ではないので、建築基準に適合した工事の必要はありません。
また、増築というイメージのサンルームは工事期間も費用もかかりますが、テラス囲いなら工事期間も費用も少なくて住むのです。

・テラス囲いのメリットとデメリット
テラス屋根をガラスの扉で囲ったテラス囲いは、サンルームと比較して気密性や水への耐久性は低いです。
しかし、日常で使用する分には差がほとんどなくて、サンルームと同様に十分信頼できるため同じように使われています。
その為、洗濯物を干す、ガーデンルームにする、読書やお茶をゆっくり楽しむ空間するといったサンルームと同じメリットがあるのです。
また、PM2.5や花粉症に対しても安心できるといったメリットもあります。
ただしサンルームと違って部屋を増築するのではなく、ガラスやパネルを支える柱を住宅の側面に取り付けテラスを囲うため、住宅構造や窓の位置で取り付けられないこともあるのです。
このように、設置できる場所が決まって自由度が少し低くなるという点がデメリットになります。
しかし、工事期間と費用を考慮するとテラス囲いを検討することもひとつの選択肢です。

・デザインバリエーションと設置方法
テラス囲いのデザインバリエーションは大きく分けて2つあって、ひとつはテラス屋根と同じ質感や素材のタイプです。
アルミのようなスッキリとした見た目なので、どのような住宅でも選びやすいデザインで目にする機会も多いと思います。
もうひとつのデザインバリエーションは、主要部分を木目調にしたタイプで、アルミのような見た目と違って木目調なため、やわらかく温かなイメージがあるのです。
また、木目調ということから高級感とおしゃれな雰囲気も楽しむことができます。
設置方法には、床納まり・土間納まり・リウッドデッキ納まりの3つがあるのです。
床納まりは、テラス囲いの下をコンクリートなどで固めて、リビングと同じ高さまでテラス囲いの床を上げるように設置します。
リビングの延長としてテラス囲いを設置する考えがあるのなら、床納まりがぴったりです。
地面の上にテラス囲いを設置するのが土間納まりで、内側の床面をタイルデッキにするとおしゃれな空間に変身します。
土間納まりで設置すると自転車を収納しておくこともできますし、趣味の陶芸を土間で楽しむこともできるのです。
床納まりと似ているリウッドデッキ納まりですが、リビングと同じ高さに上げるものがリウッドデッキを使用する点が違います。
リウッドデッキがリビングの延長線上にあって、その上にテラス囲いが設置されているため見た目にもおしゃれです。

・屋根のデザインと床材と窓
テラス囲いのデザインは屋根の形状で決まると言われていて、一般的にはアール型とフラット型の2つから選択することが多いです。
アール型は丸みがあるためやさしい印象になりますし、フラット型は直線的になるのでシャープな印象になり、屋根のデザインで見た目も変わります。
ただ、屋根の高さがフラット型よりアール型の方が少し高くなるので、その点を考慮し用途を見極めて判断したいです。
毎日触れるので床材にはこだわりたいですし、気を配りたいと言えます。
床材は視覚的な印象もありますが日々触れる部分なので、少し高級感のあるものを選択したいところです。
樹脂製とリウッドが多いですが、費用的に可能なら高級感と天然木のような風合いからリウッドをおすすめします。
それから印象が変わるテラス囲いの窓ですが、選ぶ時は使用用途をしっかり決めて使いやすい窓を選びましょう。
また、夏から秋にかけて開放感いっぱいに窓を開けたいので、快適に過ごすためにも網戸が必需品です。
網目が細かくてクリアに外が見える網戸を入れておくと快適に過ごすことができるので、開けられる窓には網戸を設置しましょう。

いわき市 テラス囲いなら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME