いわき市 雑草対策

いわき市 雑草対策

どの様に雑草対策をしていくのか検討しましょう

・対策を始める前に
雑草は想像以上に生命力があって、定期的に抜いても土の中に根が残っているとまた生えてきます。
また土をコンクリートで塞いでも、コンクリートの端っこのわずかな隙間をぬって生えてくるのです。
それから種が風により飛んできて予期せぬ所から生えてきたりするため、雑草を何とかしたいといった悩みに直面する方は少なくありません。
雑草を完璧に生えないようにすることは難しいですが、何もせず放置していると大変なことにしまうのです。
そうした状態を回避するためにも、どのような対策を実施するのが最適なのかを検討する必要があります。
ただ、どのような対策するのかを検討するには、なぜ雑草対策をしたいのかをはっきりさせておくことが大事です。
例えば、お庭に緑を欲していないのなら、雑草の生えそうなスペースを全て潰してしまうといった対策が考えられます。
また、緑は欲しいが雑草はいらないというのなら、植栽地など雑草の生えるスペースとそうでないスペースを分けるといった対策が考えられるのです。
それから、過去の雑草対策を見直し本当に効果的だったのか、なぜそうなったのかを考えて、今後どうしたいのかを検討することも大事になります。
まずは現状をしっかりと見つめた上で、様々な雑草対策の中から最適な方法を選択しましょう。

・防草シート+砂利敷き
防草シートと砂利敷きをセットとした雑草対策は、施工数の多い方法と言い切っても過言ではないです。
なぜ人気かというと、費用がコンクリート土間と比較してリーズナブルという点が考えられます。
また戸建て住宅なら、大体2日~3日程度あれば工事が終わって、施工期間が短いという点もあるのです。
それから、後からやっぱり花壇が欲しいなどと思った時でも、砂利と防草シートはすぐに撤去することができるといった点も理由として考えられます。
ただ、ブロック際から生えてきたり、雑草のタネが飛んできて砂利の中の土から生えてきたりして、完璧な防草にはならないのです。
しかし、手入れがぐんと楽になるというメリットは大きいと言えます。

・コンクリート土間
防草シート+砂利敷きと比較して、コンクリートですっきり固めるコンクリート土間は、手入れがグンと楽になるのです。
また、少しの隙間と土があれば生えてくる強靭な雑草以外は、普通は生えてこないというメリットもあります。
それから、コンクリート土間は平らなので、ごみ箱を置いたり、庭で使う掃除道具を置いたりなど上に物が置けるメリットがあるのです。
歩きやすいというのもメリットで、ヒールの靴でもスムーズに移動できます。
ただ砂利は自然排水が可能ですが、コンクリート土間は水はけの計画をしっかりして、雨水を集水するマスに向けて勾配をとる必要があるのです。
コンクリート土間では殺風景と感じる場合には、タイル・レンガ・乱形石張りといった代替案もあります。
タイルには様々な色・形・種類があるので理想のデザインにできますし、コンクリートと併用したり、他の部材と組み合わせすることでデザイン性をアップできるのです。
タイルと同様にレンガにも様々な色や種類があるので、お庭に適したデザインにすることが可能となります。
例えば、アプローチだけをレンガで施工したり、全面にレンガを敷いて海外の街並みの様にしたりするのも良いです。
大小様々な大きさ・形に割った石を貼り合わせていく方法が乱形石張りですが、ただ張るだけではなくて少し手を加えることにより様々なデザインにすることができます。
例えば、少し広めの目地にして白砂利を入れるといったデザインもあるのです。

・人工芝
見た目が良くてローメンテナンスの庭にできると、最近人気が出ているのが人工芝貼りです。
人工芝の良い所は、素材が軟らかいため子供やペットが駆け回ってもケガをしにくいことや、冬に枯れることがなく常に青々しい緑で庭を明るくしてくれるという点があります。
また、整地したらロール状の人工芝を張るだけで、工事中に近所迷惑にもなりませんし、施工期間が短いです。
ただ人工芝には高品質なもので約10年程度という耐久年数がありますし、整地をしっかり実施しないと仕上がりがきれいになりません。
また、人工芝のつなぎ目から生えてきたり、安価な人工芝だと雑草が突き破って生えてくることもあるのです。
なので、雑草が生えやすい環境なら、下に防草シートを張るなどの工夫が必要になってきます。

・除草剤
一番手軽で簡単に出来る雑草対策ですが、人体やペットに影響を及ぼす可能性がある、必要な植物も枯らしてしまう恐れがあるなど様々な危険性が伴います。
雑草対策の観点のみで見れば効果的ですが、様々な危険性が伴うので個人で使用するのはおすすめできません。
除草剤を使用するのなら、プロに相談するかプロに依頼すると良いです。
このように雑草対策には様々な方法があって、それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的や予算などを考慮して対策を検討しましょう。

いわき市 雑草対策なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME