いわき市 左官工事

いわき市 左官工事

左官工事がなぜ必要とされているのか?

・左官工事の仕事は?
一般的に左官工事は、モルタルや壁土などの材料を使用して、建築物の床や壁を塗り固めていく仕事です。
左官工事のイメージとしては、自由自在に手にしたコテを動かして、壁を塗っていく職人さんの姿を想像する人も多いことでしょう。
なので、建築物の表面部分の仕上げをするといったイメージが強いでしょうが、実際には壁の基礎となる下地造りの仕事が多くを占めているのです。
左官工事の仕事は、大きく分けて壁の下地を造る、仕上げ塗りの2種類あります。
壁の下地造りは、建物の完成時に表に出ることは少ないですが、この仕事がなくては壁造りが成立しないのです。
ペンキやタイル張りの仕上げの場合などには、仕上げを活かすための下地造りが重要なプロセスになります。
仕上げ塗りは、土壁や漆喰壁などの表面を塗って仕上げる作業です。
塗り方によっては耐久性にも影響が出てしまいますし、そのままコテの跡を壁の模様にすることもあるので、卓越した技術と芸術性が職人には求められます。

・仕上げ塗りで使用される材料は?
仕上げ塗りでよく用いられる上塗りの材料としては、土・砂・漆喰・プラスター・珪藻土の5つがあります。
基本的に土は和室で多く用いられて、土の種類により壁の表面に個性が現れる材料です。
砂は滑らかな仕上がりになるのが特徴で、和室や茶室以外にも客間・洋室でも使用されています。
石灰石に砂や糊などを入れて水で練り上げたものが漆喰です。
漆喰は、湿度の高い時期には水分を吸収して、乾燥する時期では水分を放出するため、呼吸する材料ともいわれていて部屋を快適に保ってくれます。
この湿度調整ができるといった特徴で、古くは蔵の壁に多く使用され貴重な収蔵品を守ってきたのです。
また主な原料となる石灰石は不燃性で防火性が高いですし、シックハウス症候群の原因と言われるホルムアルデヒドを吸着・除去することから、現代の住まいにも多く取り入れられています。
プラスターというのは、水で鉱物質の粉末を練った石灰または石膏のことで、白く美しい輝きが特徴です。
プラスターは漆喰壁に仕上りが類似していることから、西洋漆喰と別名で呼ばれることもあります。
珪藻土は、海・湖・川の底に堆積して化石化した植物プランクトンの死骸で完全な自然素材です。
有害な化学物質を含まない自然素材の珪藻土なので、アトピーやシックハウス症候群などのアレルギー症状を引き起こす心配がありません。
また、吸水性・耐火性・断熱性に優れていることから、暮らしを守るという観点でも注目されているのです。

・具体的な工事の内容
現場では、具体的にどのような左官工事が実施されているのでしょう。
玄関やマンションのエントランスの床仕上げも左官工事のひとつで、実用性とデザイン性の両立が重要になります。
また門扉から玄関までの間に設けられるアプローチの仕上げなども、左官工事における作業のひとつです。
サッシ周辺にモルタルを詰めていく作業も左官工事で、リノベーションなどでサッシを交換する時には必要が出てきます。
現場で打設したコンクリートをそのまま活用した壁や床のコンクリート打ち放しは、とても人気のある仕上げのひとつです。
しかし、コンクリート打ち放しの壁にひび割れや、締め固め不足などの打設不良が発生してしまう場合もあります。
その際に、コンクリートに似せた模様をつけて補修するのも左官職人の仕事になるのです。
地面を掘削して底部に砕石を敷き詰め、その上にコンクリートを流して固めることを土間打ちと言って、この土間打ちの表面を美しく仕上げるのも左官工事のひとつになります。

・左官工事が必要な理由
建物の壁や床の下地を造り仕上げていく左官工事は、手軽な壁紙などに押されて一時は減少傾向にありました。
しかし、自然素材の良さが注目されたり、建物を造る上で重要な役割を果たすことが再認識されたりして、再び脚光を浴びてきているのです。
では、具体的に左官工事が必要とされる理由には、どのようなことが考えられるのでしょう。
仕上げにどれだけ良い材料を用いても、下地の出来が良くないと様々な欠陥が生じてしまうのです。
壁や床の仕上がりを左右する重要なポイントが下地造りで、その点からも左官工事には重要な役割があります。
壁や床を美しく仕上げられるのも左官工事が必要とされている理由のひとつで、美しい仕上がりを実現できる職人技はとても重要です。
また、職人が手作業で塗った壁はひとつとして同じ物がないのも魅力で、オリジナルの住まいに拘りがある人には最適といえます。
アレルギーやシックハウス症候群の原因となる物質を含まないことから、土・珪藻土・漆喰といった自然素材の良さが見直されてきているのです。
壁や床を左官工事で仕上げる時に使用される素材は、こうした自然素材がほとんどで、この点も左官工事が必要とされる理由のひとつと言えます。
実は、アレルギー対策になるという理由から、リフォームの際にこれらの自然素材を選ぶ人が増えているのです。

いわき市 左官工事なら「平山左官工業」


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP


経済産業局長賞を受賞、東北大学大学院 堀切川教授にもお墨付きいただきました。㈱エコハイテクコーポレーション篠﨑良司さん漆喰塗料→詳細
運営元COMPANY
LINEでお問い合わせLINE



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
代表者:平山長伯
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME