いわき市 最適な門扉

いわき市 最適な門扉

2016-05-18

条件に適した理想に近い最適な門扉にするには?

外構設備の中でも目立つ存在となるのが門扉で、どのようなスタイルや素材にするかで家の印象も大きく変わってきます。
その為、どのようなスタイルや素材にすると良いのか、また設置する際の注意したいことは何なのかを事前に知っておくことも大切です。
スタイルですが、左右対称の扉がある両開き・扉がひとつだけついた片開き・扉の大きさが異なる親子扉などがあります。
また、車の出し入れの関係で蛇腹式門扉やシャッターなどを取りつけるケースもあって、スタイルはいろいろと豊富です。
素材としては、アルミ形材・アルミ鋳物・木製・樹脂製・鉄などがあって、最も多く使用されているのが腐食やサビに強くデザインが豊富なアルミ形材です。
またアルミ鋳物は高級感がありますし、木製は和風の高級感があり、鉄は素朴なぬくもりと重量感があって、それぞれに違った良さがあります。

このように様々なスタイルや素材があるので、どのような点に注意して選ぶと良いのかを知っておく必要があります。
まず考えなくてはならないことは子供から高齢者まで家族全員が使うということで、重量を考えなくてはなりません。
また自転車やベビーカーなどが通る場合もあるので、開口部の大きさも考えなくてはならないことで、家族の状況を把握して選ぶ必要があります。

近隣の家とのバランスを考えることも大事なポイントです。
住宅と住宅との距離がある場合は、いろいろなスタイルの外構であっても気になりませんが、密集している住宅街では周りとスタイルが大きく異なると悪い意味で目立ってしまいます。
周辺の住宅と全く同じにする必要はありませんが、バランスや調和を考えてスタイルを合わせることも大切なことです。
どのような素材であっても防サビ・防腐・防水加工は施されていますが、居住地域の気候や立地を考えることも大切なことです。
例えば、海が近いと潮風の影響で鉄製品なら錆やすいですし、雨が多い地域なら木製では傷みが早くなる可能性が考えられます。
気候や立地に適した素材を選ぶことも大切なポイントになります。

門扉は外構の一部であると共に、家の顔ともいえる玄関前に作るためとても目立ちます。
その為、スタイルや素材にこだわって、すてきなデザインに仕上げるプランを考えるでしょうが、実際に出来上がってから使いにくくなることもあります。
また、先にも触れましたが周囲とのバランスが悪くて、妙に浮いてしまうことも考えられることです。
そこで作る際に注意したいことは、施工業者に対してこのようなものを作ってくれと、決定事項のような依頼するのではなくて、こんな門扉を作りたいと考えているイメージを伝えてアドバイスを引きだすことです。
また、考えている素材やスタイルのメリットとデメリットを聞くことです。
そうすることで、様々な条件に適した理想に近い最適な門扉にすることもできるので、上手にプロの意見を引き出して後悔しないものに仕上げることもひとつの方法と知っておくと良いです。

いわき市 最適な門扉なら、「平山左官工業」にお任せ下さい。


お見積り・お問い合わせはこちら

電話: 090-3646-4360
メールでのお見積りお問い合わせ

LINEでのお見積り・お問合せ

※お見積りには、現地調査、見積書作成費として一律5000円をいただいております。(正式ご契約後この費用は無料になります)


コメントを残す

*

PAGE TOP



いわき外構エクステリア
塗装・左官工事なら平山左官工業

〒970-0221
福島県いわき市平下高久清水55
090-3646-4360




MENU

CONTACT

TEL
HOME